社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

岬川柳1月号・宿題「頬」より

24日(木)

「アクティブシニアがあふれる大阪」事業、・入門講座の後処理を早急にしたいと思うが、担当者も多忙の様子であり、電話やメールのやり取りが進展しないので、気長にやるしかないようだ。
今日お逢いした方からは、講演会のお礼と実践講座には参加出来れば行きたいとの話であった。

f0053885_20000270.jpg

下校見守りに立つと、子供たちは競争しながら帰って来る。

頬を赤くして帰る子等の姿は頼もしく思う。

f0053885_19593047.jpg

f0053885_20001754.jpg

岬川柳会1月号の会報誌を打ち上げる。折り良く題材「頬」があったので、下記の句を選んでみた。

岬川柳・会報誌1月号の宿題は「頬」より。

f0053885_19594961.jpg

・正夢か 頬をつねって 確かめる         清 一

・頬の皺 鏡に写し 歳を読む           晴 美

・赤ちゃんの 頬になりたい そっと撫で      富美子

・ボーナス日 妻もにこりと 頬ゆるむ       君 子

・頬そめた 昔も私も セピア色          洋 子

・頬寄せた ときもあったネ 今笑う        茂 平

・鬼瓦 よく見りゃ可愛い 頬を持ち        の び

・頬ずりで 泣かせてしまう パパの髭       和 美

・頬伝う 涙をそっと 拭いている          修

・頬寄せて 何やら話 纏まった          桜 琴


[PR]
トラックバックURL : http://nabesada.exblog.jp/tb/24927799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nabesada98 | 2016-02-04 20:03 | Trackback | Comments(0)