社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

同年代の出会い

4月20日(木)
朝7時過ぎに畑に行くと、大きなカメラを三脚に据えて、何かを狙って居られる姿が有った。
f0053885_2083694.jpg

キジを狙ってカメラを構えて居られる様なので、聞けば・・撮られた写真を1枚頂いたが・・素晴らしい!の一語なり。
f0053885_2085454.jpg

写真クラブには入らないで・・自分で狙う目標を持って、ハイレベルの写真を目指されているそうだ。昔話をすれば1940年(昭和15年)生まれらしい。

畑作業を始めた処に来客あり、「道の駅・みさき」で初めて会話した方で、道の駅の間近で農業と鶏卵(生)業をされている。“販売は如何ですか”聞けば、野菜は出されてるようだが、鶏卵(生)の保健所・許認可に、学歴欄があり中卒は駄目らしく、子供さんか誰かの名義を検討中らしい!“そんなことが・・”思わず疑った。この方も1940年の生まれで、私と同じ年だから76~77歳である。
f0053885_20115087.jpg

この年代の田舎育ちは、半数が進学・半数が就職の時代だから、どうやら中卒で就職し技術修行をされたようで、中々のアイデアマンで話をしても楽しい方で有る。

お互いに深くは知らないが、私と同年代3人が歩んだ過去を手繰れば、面白いドラマになりそうな偶然な出会いであった。
f0053885_20123551.jpg

今日は天候も安定したので、トマト苗が風で飛ばされないようにして、ズッキーニの苗を植えて養生、草引きをして一畝耕す。近くで作業する人に挨拶をして帰りかけると、一服もしないで元気ですね!声が掛かった。“これが性分だから・・”言ってお別れをした。
f0053885_2013394.jpg

・お互いに 履歴語らず 合う会話
[PR]
トラックバックURL : http://nabesada.exblog.jp/tb/27742614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nabesada98 | 2017-04-20 20:13 | Trackback | Comments(0)