社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

里山活動&濡落葉の火種

 枯落葉や生木に点火した火力は、水で一時的には消えた様でも強い!昨夕に水を掛けて消した積りの火が気になって、今朝立ち寄ってみると弱い煙が上がっている。火事になる程の火力ではないので、周りをしっかりと片付けて~里山活動へと行く。
f0053885_21050497.jpg
本日の参加者は11名で、その内の女性の方二人は、森林大学修了生で・・京都と芦屋からの参加で有る。遠路からはるばるではありますが、自然を大切に思わる方は遠近関係ないみたいである。芦屋からの方は、私と同郷(島根県)の隣村出身だったので、郷の風景が頭に浮かび懐かしく思う。
f0053885_21072172.jpg

ラジオ体操~今日は下記の3か所に分かれての作業で、1日中曇り空だった事も有り、比較的凌ぎよい好条件の中で、作業進行が出来たように思う。

シイタケの菌打ちした榾木に、シートを掛けて寝かせて~今日は固定した場所に運び設置組、
f0053885_20562415.jpg


f0053885_20563847.jpg


f0053885_20570012.jpg


f0053885_20571995.jpg

ビワの木に実が成ったので袋掛け作業組、
f0053885_21031101.jpg


f0053885_21014287.jpg


f0053885_21034756.jpg
山道補修組
f0053885_20593464.jpg




f0053885_21041886.jpg
私は午前中で帰宅、岬川柳会・会報誌4月号の最終校正を行う。
小学校下校見守り
~畑にて・・燃やした濡落葉の小山は、未だ少し煙が上がり燃え続けているが・・安全確認だけして帰宅とする。
これ程しつこく燻り続ける種火を見ながら、山火事の怖さを改めて感じる次第だ。

・濡れ落葉 焼いて火種の 怖さ知る
[PR]
トラックバックURL : http://nabesada.exblog.jp/tb/27814807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nabesada98 | 2017-05-16 21:08 | Trackback | Comments(0)