社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

カテゴリ:NPO、町、山、海( 1 )

台湾高校生との交流

5月29日(土)
今日は台湾台南市・大湾高校生と岬高校生との交流が行われました。校長・教員・PTA・通訳と生徒24名、合わせて30人の来賓であった。
岬高校には昼過ぎに来られて、学校の説明や校舎案内等をされたようである。
f0053885_214588.jpg

14:20分~
ウエルカム セレモニーから、私は学校支援活動も含めて参加する。
谷井校長挨拶:台湾語を使って上手に挨拶されていた。私には意味不明であるが、台湾の生徒からは盛んな拍手で迎えられており、聞く限りでは流暢な挨拶であった。
続いて、大湾高校・徐校長の挨拶~岬高校生徒代表・馬戸さんの挨拶~大湾高校・李君芳さんの挨拶
14:40分~
f0053885_21465830.jpg
6つのグループに分かれて交流会が開かれた。私はストロートンボ係として、大湾高校生3名と岬高校生数名とで、ストロートンボを作る~飛ばしながら交流する~上手く飛ばした笑顔が素適であった。
f0053885_2148547.jpg
もう一つはストローの切れ端を使った笛も作って対応した。
大湾高校生は、手づくりの名刺を出して挨拶をされたが、岬高校生は受け取るのみでは寂しかったかな?

15:35分~
f0053885_21494039.jpg
軽音楽部メンバーによるウエルカムコンサートへ、バンドを使った賑やかな音楽は、高校生同士なら理解されたのであろうか、お返しに大湾高校生による「なだそうそう」は、中国語・台湾語・日本語で合唱された。交流に来られる側の意気込みが分かるような気がした。同じ教室で岸和田だんじり祭のDVD鑑賞があったが、何時見ても賑わいとスピード感には圧倒される

16:05分~
f0053885_21501577.jpg

終りの会として、今日を振り返っての交流があり、最後には岸和田出身の生徒5人衆による“だんじり囃子”が披露された。大太鼓、小太鼓、鐘、笛2人、ポンポコポン・チンチキチン・ドンドンドン、広いようで狭い食堂で響く訳だから実に迫力満点、男衆5人もハッピ姿になると、身が引き締まるのでしょうか。失礼ながら今までと違った姿があった。肝心な写真がバッテリー切れで残念!!

・初対面 だんだん笑顔 増えてくる
[PR]
by nabesada98 | 2012-05-29 21:50 | NPO、町、山、海 | Trackback | Comments(0)