社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2007年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

第8回林間学校研修会

2月27日(火)
豊かな自然岬町、本日の講座は岬の山野草に懸ける人
通称・淡輪仙人に講座をお願いする、当年80+?歳は
一時、大病をされたが復活をされて元気に山を歩く
カメラ片手に、山野草に懸けては生き字引である
講座内容はメモ一つなくても、頭の中にある資料から
すらすらと話が進む、その柔らか頭は正に仙人である
f0053885_23354347.jpg

岬町の地図を開けば80%が山だ、子供の頃を思い出せば
沢山の山野草に出会った記憶がある、25年前であろうか
財産区の役員をして調査に山にはいると、記憶にある草花が
無くなっている事に気付く、「何とかせねば・・」と一念発起して
以来、写真やビデオで岬の山々を廻り収録をされた

珍しい花、絶滅危惧種、小冊子「山野草」の写真集は
汗にまみれて歩かれた、この町の貴重な資料である
美しい写真は、一点一点に心の篭った輝きがある
稀に降った雪が溶けぬ内にと、早朝に足を運んで撮られたもの
希少種の中には捕られて絶滅寸前のものも、写真では残る
春夏秋冬、其々の草花の顔がある、岬の山の大きさを思う

昔は山で草木を取って、カマドの燃料や田圃に入れた
下草刈は山野草が太陽の日差しを受けて、咲き誇る
だが、時の流れの中で山に行く人が少なくなり荒れる
陽射しからさえぎられると草花も減る、荒廃した山は・・・
イノシシ等の害獣の居住条件が揃う事に・・・

私の住む望海坂自治区は 、小高い山裾にあり日当たりも良く
宅地開発が進むまでは、山野草の宝庫であったと初めて知る
リンドウ、ササユリ、キキョウ、オミナエシ・・・等など
自然を愛し、山を愛し、草花を愛する、貴重な資料と共に
自然と接する心が伝わる、沢山の事を教わリました

・山野草 友に美味しい 握り飯
f0053885_0393020.jpg

[PR]
by nabesada98 | 2007-02-28 00:32 | Trackback(1) | Comments(0)

第7回林間学校研修会

孝子小学校にてアンチエイジング(若返り)講座を
和歌山で、鍼灸マッサージの技量を通して健康に関する
講演活動や対人交流で、実績のある講師にお願いする
マジックや腹話術など、幅広い活動の一部も披露頂く
f0053885_21563271.jpg

優しい漢方入門では
漢方の特徴~3つのキーワード
①中庸:西洋医学は薬による一方通行がある、副作用もある
     漢方は塩梅(バランス)で調合効果を生む
②未病:分らない病の根源は体の中心を通る背筋の張りに注意せよ
     体・首の上下左右の動きが大切
③部分:耳と足のツボ療法は体全体の縮図と考えられる要因がある
     (図解資料添付)手で反対の耳を放射状に引っ張ると万病に効く
     足は二人で踏み合うのが一番効果的である

参加高齢組は手首のツボ指圧で健康診断も願う
スタートは私、臓器は問題ないが、背筋に張りがある
未病で話しが有った如く、上下左右を動かす運動が大事
皆さんの診断結果は、良好なりである

マジックによる交流は、脳を若返らせる力がある
同じ運動をくり返すよりも、考えながら指先を動かし
脳への刺激と連動した動きが、若返らせるコツとなる
①トランプを使ったマジック:先入観の錯覚を活用
②割り箸を使ったマジック :指先の瞬間の動き
皆で練習して納得、各家で練習効果が出れば良いが

健康の秘訣は好奇心を持って動くこと、心も体も・・・
出来れば目標を持つ、継続出来るに通じるのでは・・・

・薬より 歩きましょうや 万歩計
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-25 22:28 | Trackback | Comments(0)

寒桜と梅と

2月23日(金)
      現役時代と同様に気ぜわしい日々が続く中で
      情報発信が遅れた、岬町多奈川小学校の寒桜
      満開が過ぎて落下が始る、急いでカメラ持参す
      初桜が1月25日のブログ、暖冬が続いていたが
      寒い時期の桜は、結構長持ちしたみたいです
f0053885_10392530.jpg

      この時期の満開は、まだ花見気分にはならぬ様だ
      ただ、「美しいなー」としばし見る程度のようです
      見た目には華やかさは桜が勝るが、香は梅が勝る
      其々に好みが有るようですが・・・

     ・寒桜 粛々と見る 季節柄

2月24日(土)
吹田にて、30分ぐらい歩いて万博公園に行く
一昨年は、毎月一回は花壇ボランティアに参加して
球根を植えたり交流をしたが、昨年は殆ど行けず
久しぶりに訪問して、気になる場所を見て廻る
日本水仙の畑は咲き終わり、チューリップが一斉に
顔を出して「どうしたの?」迎えてくれたように見えた

f0053885_10592958.jpg
季節柄、梅まつりで大勢のお客様で賑わっていた
100種類660本の梅、殆どが開花して梅の香が包む
カメラを構える姿も色々、中に不慣れなカメラが一人
遠慮気味にとる姿は誰でしょうか・・・
少し肌寒さはあったが、春の足音は近かった

新しく出来た「足湯」まで足を延ばしてみる
興味深く中を覗いてみると「私の名」を呼ぶ声がある
見ると、ボランティアのメンバーが活動中である
10分間で無料、公園剪定材の燃料活用だそうだ
何気無しに浸かったが、帰るまで温もりがあった
声を掛けてくださった方々の温もりも合わせて・・・

・梅の香と 花へ近づく 春を知る
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-25 11:12 | Trackback | Comments(0)

孝子・昔の暮らし

2月22日(木)
孝子小学校の地元を知る、お客様を迎える前に
地元の良さを知って話そう、他所の話も聞こう
昔を知って、若かりし頃を語り合おう、
この小学校には、昔を語る雰囲気がある
本日の研修は金輪寺住職に講師をお願いする

孝子の地名の由来は二説がある
嵯峨天皇、空海とともに三筆と呼ばれた橘逸勢(はやなり)
その娘が父の菩提を弔って孝心を世にとどめる説と
役人が小角の母を捕らえ様とした時、身代わりになった孝心
何れもいい話、いい由来の村であった事を思う

昔の生活は、参加者の府県とも同じようであるが
川には、さわがに、どじょう、フナ、ハヤなど
山には、マツタケの大産地で賑わった様だ、薪の思い出も
田には、稲作や春にはレンゲの花で埋まった、今は荒れる
学校は、人数も少なく上級生も下級生も共に遊んだ
野球は、△ベース、布ボール、竹バット、新聞紙グローブなど
      参加者の昔も同じ思い出がある

孝子地域では、タバコ製造、砂糖製造の産業もあった
又、南海孝子トンネル工事は、他所から多くの人が在住した
戦争防空壕の話まで、盛り沢山の話が素直に頭に残る
生活や習慣も参加者其々のふるさとで、思い出は尽きない

講師が力説された、役小角(えんのおずぬ)の話~山中修行~
呪法まで、書き込まれた資料は解り易い纏め方である
今でも修験行者の姿を見かけることがあるが、この地域は
飯盛山を中心に峠も神社も沢山あり、文化は伝えられる
こうして、この町は文化豊かな町と広がったのである

・レンゲ咲く 昔の風情 懐かしく
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-22 23:56 | Trackback | Comments(0)

福祉講座で

2月21日(水)
役所の企画、まちかど地域福祉実践の講座を引受ける
町の皆さんに、NPOの取組みを知ってもらう良い機会だ
そう思って話の内容をチェックして、会場の公民館へ行く
参加者は少ないと聞いてはいたが、知り合いが大半だ
ボランティア活動やNPOの話は、会員でも初めての方も
改めて話す良い機会であったかもしれない

シルバーアドバイザー養成講座の話から、私の体験や
ボランティアの実践活動と生きがい活動との繋がりを
図を持って示して説明するが、一番笑顔が見れたのは
私の実践活動の事例として、手作りおもちゃの見本を
紙袋から取り出した時だ、ストロートンボ、パクパクドラえもん
アンパンマンカスタネット・・・、カメラが一斉にこちらを向く
現物を見せる、これが一番である

NPOの細かい部分は、専門講座ではないので
資料を添付して簡単な説明に留める、NPOとは
大きくはボランティア全体であるが、通称は法人を指す
力点は、なぜ今NPOなのか?その必要な時代背景を
説明して、まちづくりに欠かせない存在を話す

私共の取組みについては、参加者は既にご存知の方々
この町は、大きな企業が去った後の穴を埋めるのは
従来どおりの取組みではなく、新しい発想がなければ
ならない、NPOのホームページは大きな情報源だ
その意味で、ブログトラックバックの中よりあえて
面白川柳などを織り込んで、興味を引いた積りだ

過去の実践をはじめとして、行政との協働などを含め
今後は、生きがいワーカーズとの合併の中より
シルバー人材的事業の取組み等など、大きな
町の受け皿団体として、頑張る事で結ぶ

・ボランティア 囲む笑顔が 嬉しいの
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-21 22:03 | Trackback | Comments(0)

新企画

2月20日(火)
昨日は会合が重なる、どちらも大切であった
泉州ひまわりネットの定例会で、林間学校への
モデル参加をお願いする、私にとっては最初に参加を
お願いしたいグループである、私のボランティア活動
このグループが基点であったと思うからである

新年の定例会で、一応の話はしたが、本日正式に依頼
日程も合わせて、参加予定を組んで頂く事になる
今は岬町での活動が膨らんだことや堺市へは
度々とは行かず、一緒の活動は減るが大事に思う

おもちゃづくりやマジック、ディスコンなど人材に恵まれ
一緒に研修しては、地域で生かす活動の根源先である
行くたびに新メンバーが増えているのが頼もしい限りだ

私はこのグループの中で、A氏からNPO法人の話を
初めて聞き、感動した事を覚えている
皆でNPOを立ち上げよう、グループ全員で研修を重ねたが
事業としての収入の柱が、商品販売と違って立てづらかった
以後は、気楽にボランティアグループとして地域の中では
堺市社協を中心に実績のある、団体となっている

会議の席で新しく「ふれあい日本語サロン」の開催を
提案された、大変ユニークな面白い企画である
新たな企画が生まれる事は、新たな活力源となって
素晴らしい事だ、「おもちゃづくり教室」の実績もある
直ぐには参加できないが、陰ながら期待が膨らむ

・新しい 企画あれこれ 夢がある
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-21 08:44 | Trackback | Comments(0)

第5回林間学校

2月19日(月)
昔ものづくり講座を阪南市の小学校で、中学校で、地域で
現在、ボランティア活動されている元工業高校教師に依頼する
自宅を訪問して驚いたのは、昔の物作り道具を使いやすく
改良したものや玩具作りの材料等、種類は相当の数だが
見事に、何箇所かの物置小屋に収納されていた事であった

午前中は事情あって吹田市から堺市へ、「所属の定例会」へ
話が昼に跨る、林間学校研修会へと大急ぎで岬へと走る
途中参加とは言え、話の進行が解り易く書かれた講座内容
目を通しながら見聞きすると、講師の幅広い活動が分る
f0053885_2272629.jpg

地域に於ける実体験をコーナー事に細かく分けた資料は
順次、要望に対応できる作りにしてあるのは流石に思う
体験学習コーナーでは
石臼による粉作り~すだれ・藁ゴザつくり~ナイフ削り~
針仕事~たらい・洗濯板の洗濯~火熾し棒~・・・
体験遊びコーナーでは
竹馬~竹下駄~独楽回し~剣玉~お手玉~紙ヒコーキ~・・
耳で話を聞きながら、頭の中は古里の昔が走馬灯のように浮ぶ

興味を引いた竹笛の作り方は、頂いた見本を手に笛を吹くと
音の響きが古い教室に合う、皆さんの童心に還った顔があった
次いで縄を編む話、草履を作る話、手作りの展示見本を前に
話に熱が入れば、其処にも昔を思い出す笑顔と頷く姿が有った
終わってからも、逐次興味を持って質問される方々もあり
子供から大人まで、気楽に楽しめる講座であった

竹とんぼ 昔の空が 懐かしい
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-19 22:49 | Trackback | Comments(0)

第4回林間学校研修会

2月17日(水)
地域を活性化するのは、よそ者、ばか者、若者たちだ
本日は私達の活動の一助に、若者達のリーダーとして
JCI泉南青年会議所の代表に、研修講座をお願いする
さすがに、パーポイントで映像を使っての活動実績は
説明内容が、手に取る様に分る
f0053885_2229889.jpg

奉仕、修業、友情を三信条として、地域貢献をする
奉仕:町の為、修行:我の為、友情:協力交流の為
毎月の事業計画と実績内容の報告説明、私共の知らない
沢山の取組みがあり、子育てを初めとした喜びの顔もある
全国各地域との連携プレーや組織運営や実績内容には
先輩から受け継いだ、38年の積上げられた重みがある

少子高齢化の流れの為であろうか、会員数の減少は
今後の一つの課題であるようだが、実際に入会して
活動してみれば三信条を通して、学ぶべきものが多い
JCIの趣旨は、人づくりという原点が有るからである

講演会も年に数回あり、講師も高名な方が多いが
中には、時間がルーズで参加者を平気で待たせた方
テレビで顔が売れた方と、金銭的なトラブルの事など
裏方で推進される苦労話など、面白い話題もある

まちづくりと一口で言っても、広い範囲で多くの方が
色々な角度から、地域発展のために活動されている
今後、JCIやNPOや各種団体が点から線へと繋がりが
伸びることで、更なる発展になればと思うが・・・

・まちづくり 点から線へと 夢を持ち
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-17 23:11 | Trackback | Comments(0)

地域の老人会の中で

2月15日(木)
何処でどう噂が流れたのか、マジックの所望だ
地元老人会のお世話をなさってる方から、声が掛かる
毎週行われている「たまり場」は、数人の集会なので
長い間実践はしていないが、気安く引き受けた

今朝から少しばかり準備をしながら、練習をしてみると
何と言う事だ、頭では分っている積りではあるが
所々で流れが止まる、何度かチェックをして見たが・・・
80歳以上の方が30人程、昼食を共にするとの電話だ
予定は昼からであったが、急いで出掛ける

何人かは知った方もあり、食べながら話しながら
しばし交流するも、皆さん本当に元気な方たちだ
笑顔も、話の話題までも全てが健康なのが嬉しい
さすがに、お酒や食事は若い頃と同量ではないが
美味しく食べられる姿は、よき手本である

「マジック始りますよー」の声と拍手で前に立つ
前席の知った方の顔を見て、頭に浮かんだ事があった
4年前にこの町に来て、新しい自治区を立ち上げてから
今日まで、多くの事を教わり交流を頂いた事を思い
最初に心から、皆さんにお礼を申し上げる

マジックは、最初から失敗の話や手近かな材料で
講釈を入れながら進行する、案の定上手く行って
拍手を頂いたもの、失敗して笑いを貰ったものもあるが
雰囲気としては、盛り下がる事は無かったと思う
こちらを向いた笑顔が、何よりの力となった

只今、私の頭にあるのは「高齢者林間学校」の実績を
どう作ろうか、此処でもPRを忘れずに話して終わる

・ボランティア 向き合う笑顔 嬉しいね
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-15 21:31 | Trackback | Comments(0)

久しぶり参加が

2月14日(水)
昨夜から春一番が吹き荒れる中、泉佐野市へ
風邪が治らぬままだが、NPO法人まちづくり岬の
活動報告と新規事業のPRで、参加を伝えてあり
約束上、風邪を押しての参加であった

地元での活動と、毎水曜日は重複するため
久しぶりの参加だ、本来ならば泉州地域の
メンバーとして交流はして行くべし、であるが
中途半端な重複は、かえって迷惑な事
岬町内での活動に、重きを置いているからだ

どうも人間関係のもつれが、絡み合っている様で
寂しい会合であった、年をとってからの地域活動は
コーディネーター(調整役)として動く事が大事
過去の肩書きの引きずりや、周りを治めようとすれば
纏るものも纏らない、その内に人も離れる

昨年度は役員改正があり、スタートは誰もが希望を
持ったはずであるが・・・、何処でどうなったのか
余り参加してない私が詮索してはいけないが、気になる
人の批判は所詮愚かな事が多いものだが、会合は
その場の雰囲気を読み取って、円く丸くでなければ・・・

少し沈んだ中での、新規事業「高齢者林間学校」の説明
静かに聴いては貰ったが、盛り上がりに欠けるのが分る
終わって声をかけて下さる方があり、少し救われるが
会合での意見の違いは、何もかもが出来る訳でもなく
助け合って行く、心のゆとり必要だと思うが・・・

・会終わる 優しい顔で また逢おう
[PR]
by nabesada98 | 2007-02-14 22:50 | Trackback | Comments(0)