社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2007年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

砂像イベント

9月29日(土)
里海公園での「みさきサンドアートフェスタ2007」に
NPO法人岬まちづくりワーカーズとして、協賛参加する
食べ物では赤飯、草餅、黄粉餅を、小物では布草履を出店
更に、休憩時間にはストロートンボを子供たちに教える
要望に応えての対応は私の役割として受ける

f0053885_0291880.jpg公園内の潮騒ビバレの砂場で砂を使って造形を作る、日印文化交流50周年行事としてインドから有名なサンドアーチストを迎えて、砂像つくりに3年生以上の小学生が2名以上でチームを作って、10チーム参加して行なわれた、

最初に造り方をモデル実演で教わる、造形に適した砂と糊の入った水で砂を崩さないように造形してゆくのだが、見事に短時間で蛸の砂像が出来上がった、ここからは決められた場所にチームが分かれて形造りがスタートする、子供たちも真剣に役割分担して取組んでいた

2時間後には素敵な砂の芸術像が出来上がった、亀、犬、ネコやケーキなど子供らしい発想で初めての作品とは思えない砂像が次々と出来上がる最後にビバレ賞、町長賞が表彰されるが、審査も大分迷われたようだ

北の雪祭りの雪像のように、町を上げてのイベントに・・・
素敵な砂像のイベントが今後も継続できれば良いが・・・、
天候がいま一つ、少々雨がばらつく天候の中とは言え
素敵なイベントにしては、思ったよりは来客が少ない
広報不足?懸命に作った砂像だけに勿体なく思う

・新たなる 文化で町も 弾みたい
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-30 00:29 | Trackback | Comments(0)

自殺のニュースから

9月27日(木)
神戸の私立高校で、同級生が携帯電話のメールを使って
金品を要求、最初は冗談のつもりがゲーム感覚になり
段々エスカレートしたのだろうか、度重なる督促で
男の子が学校の校舎から飛び降り自殺をした、表面的には
暴力行為には見えないが、明らかに恐喝事件には違いない

パソコン、携帯電話、テレビゲーム等々、機械を使って
学んだり、遊んだりは良いけれども、一人で自由に操作して
ゲームの様に自分の都合で何時でも自由に操る人にとっては
この上なく便利な機能ではある反面、落とし穴もある様だ

そこには、人と人を結ぶコミュニケーションが余り無い
世の中、自分の都合だけで生きてゆける訳でも無いのだから
時代の流れとは言え、人を思いやる気持ちを忘れてはならぬ
何かしら、携帯やパソコン時代の前の世の中が恋しくもなる

卵が先か鶏が先かではないが、コンピューターか人間か
どちらが賢いのでしょうか、ふと、そう思うときがある
コンピューターは計算のスピードには感服するのだが
五感で感じる力は人間が上だ、そこに交わりの大切さがある

自殺した高校生には、聞いてやる身近な友達や身内は
無かったのであろうか、世の中全体が自己中心の変な世に
地域社会の中で、駆け込み寺的に見守れるよい取組は
出来ないものであろうか、大切な子供の命を・・・


・聞き役に なって言葉を 丸く聞く
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-28 21:16 | Trackback | Comments(0)

認証式にて

9月26日(水)
今日はシルバーアドバイザーの認証式に参加する
当初は地域に於ける用事も有って多少迷いもあったが
参加メンバーには、11月度の「大人の林間学校」に
団体参加いただく予定の方々である、親密な交流をとの
思いを持って、町内のボランティア活動を終えて走る

認定証には、自らの経験や知識、技術を生かした
ボランティア活動など、地域社会活動を実践する者と
認めます。    平成19年9月1日
大阪府知事 太田房江  とある
3年前に地域活動の講座を1年間受けて修了書を貰い
今日まで実践活動をしてきた事の印と言う事である

f0053885_22164538.jpg記念講演は震災後の神戸市における市民活動の実践の事例を挙げながら、従来の地縁系の団体から引継いで地域の輪を広げる、実践のNPOとしての活動を中心に元気印のネットワークの取組の大切さを説かれたように理解する

終了後に各人に認定証が手渡されて解散となるが
皆さんとは11月の岬町・孝子での再会を楽しみに
大きな期待の声を聞きながら別れる

・老いてなお 動ける元気 認められ
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-26 22:15 | Trackback | Comments(0)

政治の世界から

9月25日(火)
本日福田内閣が誕生する、晴の福田氏71歳
「断腸の思い」無念の会見は、安倍氏53歳
対照的な姿は致し方ないところだが、全体的に
自民党も派閥の領袖が中心の年寄り組み復活だ

民主党も幹部3兄弟小沢氏、菅氏、鳩山氏は
60歳を越す、ベテランが主導権を握って離さず
前原前党首は53歳、永田ショックで退陣される
日本の政治には、若い人を育てる土壌が無い様だ

世界が情報化社会で、何もかもがスピードアップする中
政治や公的機関には未だに「ゆとり教育」の世界がある
改革路線の政治から、今後の方向性はわからないが
いずれにしても、解り易い政治の世界が要る様に思う

安倍前総理が手がけた教育基本法の改正は、大切な仕事
かっての「ゆとり教育」が経年して、多くの問題を残す
学力の低下も、格差社会やいじめ問題の原点でもある
身心共にしっかりとした教育が基本で将来の国があると思う
 
新内閣が発足して、国会が始まると昔から野党は
荒探しばかりで、法案がなかなか進まぬことが多い
提案型の論戦で、国民の為の政治にして欲しいものだ
マスコミも一緒になって変な社会からの脱皮を願う

明日は各大臣の就任記者会見もあろうが、前回のような
政治とカネの質問、水戸黄門の時代の話とは情けない事
もっと夢のある記者会見にはならないものだろうか

・山積の 課題はゆとり から脱皮
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-26 00:23 | Trackback | Comments(0)

散策から

9月24日(月)
3連休を吹田にて過ごす、久しぶりにカメラを持って
地域をじっくりと散策すると、世の中の変化の中で
変わり行く町がある、一方では昔を偲ぶ場所もある

近くの岸部神社は建物が重要文化財に指定されており、文化財としての重みといったものを感じる、300メートルぐらい手前の1の鳥居から道の両側には松の木が立ち並ぶ、最後の3の鳥居からは石畳~石段になる、それを上ると境内だが石畳が本殿へと導く、岬町に来る4年前までは毎年初詣に家族で行った場所である

5年ぐらい前に2の鳥居と3の鳥居の道を切断する様に広い道が出来て、参道を通る箱車や幌トラックが増えて斜めに傾いた松の木(写真)が傷だらけになっている、注意書きも有るので運転手さん気をつけて下さ~い

神社の裏山は紫金山公園として緑豊かな公園だ、長続きはしなかったが一時出勤前に毎朝ジョギングをした想い出の場所だ、人通りが少ないので無差別殺人などの厭なニュースがあると一人では心細いときがあったが、今日はゆっくりと幸せを噛みしめながら歩いている自分がいる様な気がした

近くに釈迦が池と言う大きな池がある、昔はもっと大きな面積であったが今は埋め立てて半分はマンションになり、その半分は農業用水として今も残っている、何時来ても沢山の釣り人であるが、今日は放水した後なのか水嵩は少ない、大きな字で「キケン・魚釣り禁止」の看板が有るのはあるが・・・

昔からの事で、後で公園や看板が出来たものだから
お構い無しの沢山の釣り人が柵を越えて釣竿をかざす
この姿を子や孫たちにはどう説明をするのであろうか、
逆に「おじいちゃん・柵を越えて入っては危ないよ」と
言われそうな風景である

・ゆっくりと 歩いて幸せ 噛みしめる
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-25 06:13 | Trackback | Comments(0)

週刊誌から

9月22日〔土〕
和歌山労災病院に行く、月1回の定期検診だが
予約時間に行っても、大抵1時間は待つ事が多く
退屈しのぎに週刊誌を買う、興味本位に読む程度だ
だから、記事も興味をそそる様に書くのであろうか

福田康夫実は「大変人」オフレコ暴言録
「麻生クーデター説」を流した真犯人
マザコン宰相・安倍晋三「嗚咽の公邸」等々・・
言論の自由とは言え、ハッタリも入れて売る
もはや、マスコミは怖いもの無しのペンが走る

現役時代はよく週刊誌を買って読んだ事もあった
営業として少しでも社会的な話題性を持つ為だが
だんだんあほらしくなって、買わなくもなった
ワンパターンにしか纏め様が無いのかも知れぬが・・・

情報化社会の中で、使いこなす能力格差が出来る
高齢者組にはさほどの心配は及ばぬかも知れぬが
これから先の格差社会は、難しい時代になりそうだ
物が見えないで進む社会、理解するだけでも大変だ

昔の様に市場に行けば肉・魚・野菜等、物が有って
分からなければ、料理方法まで教えてくれるような
人と人の交わりで生まれる優しい世の中は何処へ行く
週刊誌も人の欠点捜しの記事に、一寸だけでいいから
長所探しの、温かみのある工夫は無いものかな~
そんな思いで目を通す

・ハッタリも 少し入れぬと 売れぬペン
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-22 05:54 | Trackback | Comments(0)

残暑の中で

9月20日〔木〕
この所の暑さは異常としか言い様がない位残暑が厳しい。
地球温暖化問題、今後どうなるのでしょうか・・・・?
午前中は畑で、昼から下校見守りで、陽の当る場所に立つと
夕方、我家に帰っても体が火照る、待ってるよ~秋秋秋だ

今日は、午前中は気になっていた畑の芋掘りをした、
土壌が豊か過ぎると葉が育ち過ぎて、芋が実りかねると言うが、どうも悪い見本通り作ったみたいで、収穫は今一であった、例年、地域の子供たちを呼んで芋掘りをしてきたが、今年は出来上がり状況が、葉の茂り具合で不出来の予想をしたので呼ばなかった

昔の農家は、米が貴重な現金収入源で有ったので大切にした
その為に朝は芋粥をよく食べた、芋と米とでは少し甘くなるので
塩味を少し効かせた感じであったかと記憶している、終戦当時の事だ
今はこんな話など通じない程、全てが贅沢にもなった

畑で汗を流していると、近所の奥様が家の裏で取れましたと言って、栗を持ってきて下さった、畑には少し残ったナスがあったのでお返しをする、物々交換だが嬉しい事である、女房の実家は川沿いに大きな栗の木があり、例年この時期には沢山の実をつけるが、半分は川の中へ落ちてしまう、何とかならんものかと何時もこの時期の話題だ、先日電話で聞いた折も栗の話が出た、実りが悪かった様だ、暑さの為だろうか・・・

・栗の実を 貰い我家も 秋の風
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-20 21:16 | Trackback | Comments(0)

人気の講座から

9月19日〔水〕
先日の事だが、中華厨房「仁べ」に打合せに行く
ご存知の方はご存知、予約が要る人気の中華料理店だ
オーナーは多彩な人で「大人の林間学校」の発案者でもあり
1時間目の「みさきタイム」もメイン講師として人気がある

9月度の授業「秋・木の実アラカルト」は、木の実の現物を見せながら名前の由来から特徴や活用方法まで休みなく話が続く、参加者はいつの間にか話術の中に引き込まれている感じである、孝子小学校から里山での道は、目をつむって居ても草花の案内が出来るほど詳しく名案内役でもある、広場までは通常20分の道のりも、道草で遅れるのはこの人の精だが参加者は大喜びだ

お店に飾ってあるものは、全てがこの町の山で見つけた植物だというが、そのセンスも来客に受けるゆえんであろう、銀杏の暖簾風飾りやヘチマの行灯などの加工から山野草を生かした活け花はいつも感心する、一度お花の流儀を聞いた事があるが、そんなもの何にもないと一蹴されたが・・・

関心を持つと感覚は生まれてくるものなのだろうかf0053885_17292818.jpg料理は一級品だが自然を生かした飾り物も負けてはいない、元々高山大学では工芸の先生だったそうで、一昨年の「あかり講座」ではその素早い手つきに感心した事があるが、暇を見つけては山歩きをして陰の研鑽があってのことであろう、兎に角も話題豊富な人である

・活け方で 花も個性へ 胸を張り
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-19 17:08 | Trackback | Comments(0)

夏バテ

9月18日〔火〕
本日打ち合わせで、ある住宅販売会社に行く
事務員さんから「よく日焼けされましたね」と
笑顔で言われた、今年の夏は陽の当る場所で
よくボランティアやNPO法人の活動等を行なった
帰ってぐったりと、結構くたびれる日もあった

帰っては汗をしっかり流す、シャワーよりも
湯に浸かる方が良いと言われれば湯船に浸かり
野菜が良いと言われれば野菜・果物を取った
トマト、ナスは我家産だが、結構美味しかった
無農薬の為、鳥や虫に食われたりもしたが
それでも、私が食べるには充分であった

汗を沢山かくと毛穴がやられる、汗を拭くようにと
何かの記事で読んだ記憶で、タオルを持って行き
水分も取って、教えどおりに守ったつもりだが
どうも頭の毛が又少なくなった気がしてならぬ
一時、夏も終わりかと思ったが未だ真夏日が続く

お蔭で、心身ともに何か気だるく夏バテ気味である
夕方になると、ついウトウトと睡魔に襲われる事も多い
今迄はそんな事は余り感じなかったが、年かな~
身近な活動メンバーの入院や健康の話が出れば
我が身の事を思う時もあるが・・・

夏バテ解消法、阪神ファンには今年は関係無さそうだ
一時巨人との差は12ゲームも離れていたものを
遂には追いつき追い越すとは、誰も想定外の事だった
このまま優勝なら大きな夏バテの解消の贈り物であろう
勝利の女神は、巨人?阪神?中日?と迷って居られる
どちらに微笑むのか・・ドラマは未だ続く

・夏バテや プラス思考も とろけそう
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-18 05:16 | Trackback | Comments(0)

町の健康まつりから

9月16日〔日〕
今日は町が主催する健康長寿まつりに、NPO法人として出店参加する
並んで張られたテントには、各団体が工夫しての品物が並べられる
社協・民生のたこ焼き、焼きそば、おでんはお馴染みの人気コーナー
他は、商工会、農協、婦人団体、工房みさき(福祉)等の団体である
室内では老人会の演芸大会や簡単な健康相談や検査などがある

NPO法人岬まちづくりワーカーズは赤飯、草餅、布草履、竹酢液、竹炭を並べる、どんなイベントでも食物は強いが、今回の布草履は話題性も有り人気が集まる、相乗効果的に赤飯と草餅も完売、竹酢液、竹炭だけは一時のブームは去り残る

3年前にNPO法人が初めて出店した時は、藍染の風呂敷や竹炭などを出す、昨年は人気厨房「仁べ」のシュウマイで出店、纏め買いもあり昼過ぎには完売、今年はワーカーズとの合流も有って、土曜市での出店者に依頼した、イベント事業としては、参加することでNPOとしての町の実績作りである

各種団体とのネットワークは、私共の趣旨目的であり
こうした交流の場を通して、対人関係は膨らんでゆく
林間学校のチラシも参加できそうな元気な高齢者に
配布して話をすれば、知っておられる方も数人ある
口コミとして、少しずつ進展している事は嬉しい

・食べ物が 売れて祭の 昼下がり
[PR]
by nabesada98 | 2007-09-16 20:46 | Trackback | Comments(0)