社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2008年 04月 ( 22 )   > この月の画像一覧

岬川柳会より

4月30日(水)
岬川柳会「立話」より
・母の手をおもちゃにしている立話  茂平
f0053885_7162965.jpgそんな光景は見たこと有るような無い様な・・・、話内容の分らない子供にとっては退屈でしょうがない事だが、手をおもちゃにしているの一言で、やわらかく暖かな感じがするものですね、立話も相手にもよるが引き時のタイミングが難しいものです、子供にとっては迷惑な話 (写真は望海坂自治区内にて)

・立話挙句の果ては喫茶店      東吉
久しぶりにお逢いした間柄なのでしょうか、それとも気の合う同士なのでしょうか、立話~長話~喫茶店へと話の流れは凡そ想像がつきます、昼間の話しなら喫茶店でしょうが、夜になるとちょっと一杯になるのでしょうか

・立話ランチ食べにと直ぐ決まる   洋子
この光景は女同士でしょうか、食べる事にかけては女の決断は早いようだ、現役時代に仕事の関係で外食が多かったが、お客さんとチョッとしたお店に行くと、女同士のランチをよく見かけたように記憶する、旦那さんは今頃仕事中?なんて、お客様と会話したような記憶が・・・

・雨の駅見知らぬ人と立話      洞庵
上がりそうで降り続く雨空を見上げながら「よく降る雨ですね」「天気予報は曇りだったのに・・・」「何処までお帰りですか」「景気はどうですか」等など、色々な会話が生まれそうだ、其の内お迎えが来て「それでは又・・」なんて・・ね

私の入選句
・立話うなずくだけで長時間     
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-30 07:16 | Trackback | Comments(0)

研修

4月29日(祭)
f0053885_10114953.jpg昨日は地域内のボランティア活動の後、吹田万博公園近くの「おゆば」にて葉月会の世話役の方々と次回研修会の打合せを行なう、今年2月の泉南里海公園内・香の会主催「セラミック壁面材」を使用しての花壇作り、その研修参加を受けて葉月会の皆さんと、5月末に研修会を予定しているからだ

壁面財の器は研修したサイズから始める事とするが、時期的に見て成長しやすい花よりも多肉植物が良いのでは・・・、香の会のU様のアドバイスを参考にして話が進む、今日は日程と参加案内・持参品・購入物件等の内容検討に上、当日用の多肉植物を見に豊中にある専門問屋を訪問する

何と何と驚くなかれ、サボテンの種類がこんなに有るとは想像以上でした、カメラ持参していなかったので紹介できないが、数え切れない種類と珍しさに度々足止めされながら、研修会用にサイズの小さなもの3種類を購入し、世話役は見本を各自作って当日持参する事とする、帰って多肉植物を調べてみると8,000種類もあるそうだ

色・形・大きさが其々違い、小さな子供が増えてゆく様子が分る、名前を覚えるのはこの年でとても無理な事であるが、色々な選択肢の中で少し心を惹かれて楽しむのも嬉しいことである、今日一日、一口で花を楽しむといっても裾野の広さを思う

・名は忘れ それでも楽しむ 花がある
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-29 10:11 | Trackback | Comments(0)

聖火リレー

4月26日(土)
世界各地で混乱を引き起こしてきた聖火が、本日3,000人の警備に見守られて長野市を無事走り抜け、今晩のうちに韓国に渡るそうだが、こんな騒動を起こしながら世界中を回る事に、聖火リレーの意義は何だったのかと思わざるを得ない、オリンピックは平和の祭典と言いながら、安心して開かれるのであろうかと心配になる

今や中国はあらゆる意味で大国である、だがニュースを見る限りでの判断だが、結構自分勝手な国だと思う時がある、サッカーアジア大会での最初から反日のブーイング、フランス大統領がチベット人権問題で開会式に不参加を言えば、フランス系スーパーカルフールへの不買運動、地球環境問題もわれ関せず、食の安全問題もしかりである

聖火リレーを通して思うに、わざわざアテネで採火の儀式をして、途中でこの魂の篭った灯を消さないように、リレーして繋ぐところに意義が有るように思うが、途中で消えたり点けたりして走る姿を見ると、ただ単に火を点けて走るだけで、莫大な経費をかけて何の意味もないセレモニーに過ぎない空しさを思う、

子供の頃にオリンピックは「参加することに意義がある」、こう教わった記憶がある、私は走ることを始めとして、スポーツは好きではあるが上手ではなかったので、この言葉を使って負けた時の弁解言葉にしていた思い出がある、それは最後まで正々堂々と努力する事の意義があったと思うからだ、純粋に国際交流としての祭典も政治・経済・宗教などの絡みも有って、難しい世の中である事よ

・騒動も 含め聖火へ 世界の眼
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-27 05:51 | Trackback | Comments(0)

修繕

4月25日(金)
1ヶ月前であろうか、泉南イオンにプリンターのインクを買いに行った折、迷惑メールの事でJ電器店に相談してみた、すると持参したら対応してみますとの事だった、先日来パソコンが立ち上がり難い事もあり、今日持参して総合的にチェックを受ける、パソコンのドッグみたいなものでしょうか

結果、沢山の迷惑メールの対応は残念ながら難しく、アドレスを変えるしか手がないようだ、それと容量が狭くなっているようで、これの応急対応は部品挿入やデーターを2月初旬までさかのぼったりしたが、この所、強制終了が多くなったこともあり、最終はメーカーに送って約2週間ぐらいかかるようだ、今日のところは持ち帰って当分様子を見る事とする

年を取ってから新しいものへのチャレンジは、本当に好きで興味のあること以外は、説明書一つをとっても、カタカナ用語にぶつかるだけで前に進まぬ、人に説明を聞いても納得までに時間が掛かる、やっと納得しても其の内時間経過と共に忘れるこの多きことよ、健康と一緒で気長に行くことでしょうか

・情けない 自分を笑って 元気付け
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-26 07:04 | Trackback | Comments(0)

介助・学習支援活動

4月24日(木)
NPO法人として、M高校の介助・学習支援活動を受けて5名が参加している、日程を交代で出来るように調整をしての参加だが、本日は職員会議の席で各人の紹介がありました、皆さんは地域の中で色々な活動をされている方々ですので、NPO法人の活動の一助として、連絡を取りながら協力をお願いしております

f0053885_22221955.jpg
この高校は、見晴らしの良さでは日本一ではないかと思うぐらい、見渡す限り風光明媚な環境にあります、大阪湾やみさき公園を見下ろして、天気の良い日は淡路島から神戸方面まで広々と見える、その分階段が約200段ぐらい有り、朝の登校時は若さでは盛りの生徒でも、かなりきつ~いの声を聞きますが、一つの試練と思って頑張ってもらいましょう

f0053885_22244769.jpg今日はもう1点AEDの講習もありました、携帯するAEDの見本を使って保健担当の先生に説明を受ける、実際に使用の必要のある場合の心臓の状況を分りやすく聞いてからの、使用工程の手順説明は大変に分り易かった、AEDは心肺蘇生装置の器具である、音声指示に沿ってやればミスのない様になっているが、連係プレーも含め手早く対応することが大切だ

さて、生意気盛りの高校生を受け持つ先生方も大変だ、50年前の話をしても始まらぬが、我々が高校時代には先生の注意を守って、最低限他人に迷惑をかけない基本ベースが有ったように思うが、ここら辺りが今の高校生と随分方向性が違う様だ、高度成長で仕事に追われた社会の中で、子や孫の育て方が後回しになったのだろうか、少々考えさせられる時がある

・定年後 地域の中で 生かす世話
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-24 22:04 | Trackback(1) | Comments(0)

管理

4月23日
f0053885_5591942.jpg本日はサーバーメンテナンス作業が遅れて、しばらくNPOメンバーのブログが見えなかった、私は自分の書いた文の内容に問題ないかを、朝に検証をすることもあるのですが、チェック出来ずに予定があり諦めて外出した、メンテナンスは人間の健康管理と一緒で必要な事なのでしょう

テレビニュースを見ていると同じ管理でも内容は全く違うが、茨城県の健康組合で職員が10億円の着服をして自首した、殆どが競艇資金にされて消えたようだ、謝罪会見は毎度のパターンで並んだ役員たちが揃って頭を下げた、そして記者との応答の中でみた意味不明の答弁と笑顔は、まるで他人事である

1回当たり100万円、多いときは1,000万円を引き出して居たそうだ、こんな大金を簡単に着服されて、管理体制はまかせっきりで全く掌握されてなかったとは、多くの役員の顔が並んでいたが、無能で何もしない年功序列の高給取りの面々だったのか、万人が納得するような返済の答えをもらわなければ困る

公的機関からは同じような事件が後を絶たない、何年か前の青森県住宅供給公社職員の着服はチリ人妻に億の金を取られていたが、次々と出てくる裏金問題も結局は着服だ、共同で活用していた手前不問状態である、管理体制が進展しない公務員改革なくして財政再建は出来ないが、国も府も町も・・・この甘い体質は今後どうなるのでしょうか

・億の金 着服されても 笑顔とは
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-24 05:57 | Trackback | Comments(0)

花の時期

4月22日(火)
f0053885_1721737.jpg4月中旬~下旬は何処に行っても春真っ盛りで、桜は散っても花・花・花に囲まれています、我が家では珍しい花はありませんが、チューリップが終わり、今はサツキが真っ赤に咲いています、珍しい花の名を見たりすると、よく花の名を聞きますがカタカナ名が多いために、年を取ってからのカタカナは記憶がどうも残らないようです

f0053885_17212621.jpg孝子の森もそうですが、淡輪から青少年の森への入り口にも、浦島草と言う花が今咲いています、正式名かどうかは知りませんが、花から伸びる蔓のような先が、ちょうど魚を釣っている様子に似ているので、浦島草と付いたようですが、このように謂れを聞けば名前も頭に残りやすく、ちょうどコンニャクの葉や花に似た感じですが、一度聞いただけで覚える事が出来ました

私の住む望海坂自治区には、花作りの上手な方も沢山ありますが、私の気が向いてお家に一声掛けて、写真がきれいに撮れたら、ブログに紹介できればと思いますが、パソコンの調子もカメラの調子も今一良くないようですし、言い訳がましいがどうなりますやら

f0053885_21562123.jpg先日、短時間ですが里海公園に立ち寄りますと、香の会の皆さんがお世話されている草花がきれいに咲いていました、海辺に近い厳しい環境の中で育てる苦労を以前お聞きした事がありますが、開花時期を想定して全体のバランス考えた植え方を、教わって帰りました、ここには花名の表示がしてあり、メモしましたがなかなか覚えられないものです

・はや初夏へ 花も緑へ 動き出す
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-22 21:52 | Trackback | Comments(0)

観光地にて思う

4月21日(月)
野暮用が多い事もあって、気になりながらブログが抜ける、林間学校の問い合わせ等も順調で5,6月度と定員を満たす、大阪北部や和歌山からのお客様もあり、楽しく交流させてもらっております、従って町の広報誌「岬だより」にも一度声を掛けたのですが、今のところ広報を控える程うれしい状況です

本日は日頃お世話になっている大先輩Y様の、荷物を引き取りに白浜まで車で走る、湯浅御坊有料道路は「正面衝突で3人死亡」のニュースの如く、途中下車しながらでも2時間ぐらいで到着する、道路はガソリン税で多くの問題点はあるが便利にはなった、与野党の駆引きばかりの中、今後どうなるのでしょうか、今迄のようなバラマキでは駄目だが

昨秋は郷の兄の案内で、今年の2月は川柳会の下見で、此処白浜には来ているので、千畳敷や三段壁は目の前の場所だが、他の場所も含めて観光に行って見ようと言う気も起こらずだ、レストランで昼食をして引き返す事にする、途中ちょっと眠気がしたので、側道の休み場で休憩をしながら・・・

観光地での景観も2~3度行けば、観るだけならそう珍しくも無いが、ガイドをされて新たな発見があれば、もう一度行く気にもなろう、私どもの林間学校の取り組みの中には、四季によって変わる自然の強みはあるが、取組にも工夫を忘れないようにしなければならぬ、一度以上参加した人が毎月半数を占める中、此の事をしっかり受け止めた対応を心がけねば・・・

・もう一度 ここに行きたい 場所づくり
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-21 20:55 | Trackback | Comments(0)

葉月会・林間学校

4月18日(金)
今日の「大人の林間学校」は、老人大学夏期講座のガーデニング教室で、私と繋がりのある葉月会の皆さんに団体参加していただきました、前日が一日中降り続いた雨であり、今日の予報も雨模様だ、何度もテレビの天気予報に目を通しながら、外の取組だけに祈るような思いだったが、幸いにも曇り空から回復に向かう

f0053885_20305031.jpg会の要望で1時間遅れの始業の鐘からスタートする、午前中の取組みを短縮授業として、1時間目は会の年間会計報告の説明の後、約20分間は私の方で葉月会を立ち上げてから今日までを振返りながら、年2回の各地訪問研修~ボランティア活動~パークゴルフ交流と幅を持たせながら、取組内容の方向性は良い方向であろうと、思いの程を話させていただく

f0053885_20313945.jpg2時間目の音楽の時間は、今日は里海公園で活動されている「うみべの森を育てる会」代表の西台さんにピアノをお願いして、季節の歌を中心に朧月夜、花、みかんの花咲く丘などの、背景や思い出話をしながら9曲を歌う、長い間歌っていない歌でも、昔の歌はよく覚えているものだ

雨上がりの里山への道は、所々でぬかるんではいたが、途中の珍しい自然の花に目を引かれたり、途中では草花の話を聞きながら歩く、広場での昼食は今日里山で取立ての「わらび」を、少し煮立てて一寸醤油かけて、少しずつ分け合って頂く、甘味も苦味も粘りもある初物であった

f0053885_20401492.jpg一服後、徐講師の今日の話は「花の持つ不思議な世界」こんなタイトルがふさわしいような、自然の中で草花の生きる力の話を聞きながら、参加された皆さんがルーペ片手に、納得された目が輝いていた、今日の皆さんからも、こんな深い話は今まで教わったことがないよと、うれしそうな顔があった

f0053885_20331758.jpg散策の尾根コースは、山桜から早くも新緑へと衣替わりしてゆく山々を見渡ながら、道沿いのやわらかい若い葉がそよ風に微妙に揺れる、その間には山ツツジの花が所々に見える、展望台では神戸~淡路島~瀬戸内海が雨上がりの澄んだ空気の中できれいに見えた、下山はリョウブの林を抜ける、固くつるりとした木肌の感触は、山育ちの故郷の山が懐かしく思う

f0053885_2041389.jpg忙しない時間だが、工作タイムは「竹の鯉のぼり」を作る、竹に鯉の鱗を書いて組み立てるが、動眼を付けると一度に生き生きとする、5月に向かって丁度良い土産が出来たと喜んで頂いたようだ、帰路には地域の方で取れたて野菜の販売も依頼したが、これも来られた方には新鮮で安いと好評である、駅から道を挟み一斉に手を振って皆さんとお別れして、林間学校の一日は終了となる

・雨上がり 新緑映える 山に立ち
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-18 20:27 | Trackback | Comments(0)

町会議員報告

4月16日(水)
今日は降ったり止んだりのややこしい天気の合間を縫って、自治区内の各戸に土曜市のチラシを配布する、我が家に帰って郵便受けを見ると、T町会議員の議会報告の配布物があった、この岬町には現在15名の議員が居られるが、議会報告または活動報告が届けられたのは、これで3名である

選挙のときには何度も挨拶を受けたが、その後は顔を合わせても知らん顔の方もある、一々挨拶を求めるつもりも無いが、選挙公約に対してどう取り組んでいるのか、活動報告ぐらいはする義務が有るのではないだろうか、財政難のこの町で議員定数はもっと減らして、実質的な議員定数の検討も要るが、決定するのは議員だからどうにもならぬ

町の議員定数の削減が出来ないなら、今話題になっている矢祭町議会のように、議員日当制の導入はどうだろうか、実際に大幅な議員経費の削減に繋がっているようだ、夕張市のように財政再建団体になるかも?こんな話を聞くと「公約でこれをやります」を信じて、1票を投じた議員の活動が不明では、何のための1票だったのかむなしい感じがしませんか

財政難を筆頭に少子高齢化が大阪府で最も進んだ町には、多くの課題が山積みのはずである、マンネリ化した議会運営の見直しの一旦として、議員活動の報告を半年に1回ぐらいは、全員提出して各戸配布とは言わないが、閲覧できるように考えて貰いたいものである

・公約へ 以後の話は 無視ですか
[PR]
by nabesada98 | 2008-04-16 22:51 | Trackback | Comments(0)