社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

川のクリーン作戦

11月30日(日)
岬町淡輪地域を流れる番川を守ろうと言う運動が広がって、本日が第1回目の「番川クリーンアップ作戦」の活動日となった、その記念すべき日は幸いに好天気に恵まれて、150人以上の参加者が軍手や鎌や剪定ハサミ等の道具を手に集って来られた、町長はじめ役場関係者、大阪府岸和田土木局関係の方々の参加もあった

川の中を覗くと葦系の背の高い大きな草をはじめとして沢山の雑草が茂っている、中には棘のあるバラ系の物まで根を張っていた、とても数人ではどうしようもないところだが、大勢の人数と自治会や多くの協力団体の賛同を得た組織力は、大きな作業を成功させるには必要な事であろうと思う

作業開始の8時半前には、受付~関係者の参加お礼の挨拶に注意事項も終わり、直ぐに各人が川の中へ降りて草刈機の音も鳴り響き、川の側面の草を刈り取る人、刈り取った草を片付ける人、川から土手の上の道まで引き上げる人、平均年齢は高い方々が中心だが、やる気で集った方々だけに動きには若さを感じる

嬉しい事に川の水は大変きれいである、ただ思ったよりは水量は少ない、かっては川の流れがあったのだろうが、農業→商工業へと時は移り、昔のように山の草刈をする人は少ない、生える茂る草のままでは木の育ちも違うのでだろう、落葉が堆積して雨を含む土壌が少なくなった事が水量に影響すると聞いたが、何となく分るような気がする

休憩時間ではお茶とたこ焼きが配られたが、たこ焼きは民生委員のベテランと高校生が参加してくれたそうだ、一汗かいた後のたこ焼きは事の他美味しかった、上流から下流まで全域清掃には未だ数日は要るが、作業前と後では川の美しさが全く違うのは、皆さんのほころんだ顔にも表れている、次回にも多くの参加者が集われるで有ろうと思う

・空と川 昔良かった 頃思う  
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-30 19:33 | Trackback | Comments(0)

公園で遊ぶ

11月29日(土)
本日は岬町望海坂において開催された「公園の楽しい過ごし方を大学生と一緒に体験しよう!」に、紙おもちゃ作り(ストロートンボ、風車)で参加する、大学生たち(大阪府立大、立命館大)はダンボールで作るイス、木の葉やドングリで作るリースに焼き芋やぜんざいの提供もされて、多くの子供たちや父兄が参加された

私は島田さん夫婦や女房殿に手伝いを依頼して、主に広告紙や牛乳パックで作る風車に重点を置いた、本来は子供たちに教えながら仕上げる積りで準備したのだが、結構行程が多く竹串を使う上に時間も掛る為、ある程度想定はしたが作り方を見せながら仕上げる結果となる、喜んで風車を回しながら走る子供たちの姿は嬉しいものだ

大学生たちが教えるダンボールイスもリースも人気があり、小学生たちがお手伝いをして貰いながら上手に作っていた、木の葉に金や銀や緑などの色を吹き付けて仕上がったリースは、一足早いクリスマスが来た様な飾りが出来て顔もほころんでいた、焼き芋用に集めた落ち葉は、“落葉プール”と称した遊び場に変身して、ちびっ子たちが大喜びであった

この時期にしては温かな好天に恵まれた、イベントに参加すると、作る方が中心になり回りを見る間がない事が多いが、本日も焼き芋やぜんざいを作る場所が、火を公園で使う許認可云々が有り別場所になる、少し雰囲気も出ず寂しさは有るが致し方なし、終わりがけには関空方面に大きな虹が掛る、締めくくるに相応しい風景に参加者がしばし見とれた
・公園の 行事で笑顔 弾んでる
f0053885_2371135.jpg

[PR]
by nabesada98 | 2008-11-29 20:13 | Trackback | Comments(0)

名前から

11月27日(木)
大相撲九州場所で好成績を残した安馬が、新大関となり名前を改め日馬富士(はるまふじ)となる、日は日輪として太陽を意味して相撲界を照らして欲いの意味で、馬は現在の四股名から、富士は師匠の「元旭富士」から2字を継承と言う事だそうだ、意味を聞けば4文字は少し長いが、良い名前で名に恥じない成績を残して欲しいものだ

日→「はる」と読むんですね、はじめて聞きましたが・・、日は他にも沢山の読み方が有りますね、事例にこんな文を作ってみました「次の祭日(じつ)は12月23日(にち)の天皇誕生日(び)です」、平素は何気なく使い分けしているが、漢字の難しいところですね、漢字辞典では「はる」とは出て無いが人名に使われる事が有り、太陽を意味しているそうです、来年誕生する子の命名に使われそうだが、読む立場に立つ人は直ぐに読めないのではないでしょうか

名前には誰もが色々な思いがあるでしょうが、私の名前は皆さんご存知の通り世界的なサックス奏者「渡辺貞夫」と同姓同名です、誠に光栄な事ですが田舎から大阪に出てきて、今の新大阪駅近くの電柱に貼られていた演奏会ポスターで、同じ名前の方が有る事を初めて知りました、素晴らしい方であることが逐次分るに連れて誇らしく思うようになって来ました

その後、営業に回るようになり初対面で名刺を差し出すと、名前が有名人と同姓同名である事に気付かれる方も多く、どうも名前だけが先走ったような時もありました、先日のシニアアクティブフェアのパネルディスカッションに参加した時にも、司会の毎日放送ラジオの豊島美雪さんからも「オー、有名人と同じ・・」「チョット名前負けしていますが・・」こんなやり取りをして来ましたが・・

・名に恥じぬ 気をしっかりと 胸に抱き
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-27 21:17 | Trackback | Comments(0)

葉ボタン寄せ植え

11月26日(水)
f0053885_22495057.jpg「葉ボタンを40本使ってドーム型の豪華な寄せ植えを作りませんか」里海公園事務所前でこのポスターを見て関心を持っていたところ、責任者の方から連絡が有り即参加依頼した、他にも勧めたい方が有ったのだが帰郷等で遅くなった、帰ってから連絡を取ると既に定員オーバーと言う経緯で、私自身は久々の講習会参加となる

参加者の前に40個の葉ボタンが並べてあって、植え方の講習実演は牛窓副代表が円形の鉢に手際良く並べて行かれる、下の段に12個は土の付いたまま、2段目からは土を落とし濡らした水苔で根元を巻いて11個、3段目も同要領で10個、4段目が6個、最後の天が1個、円形にバランスを取って並べてゆくと自ずとドーム型に出来上がった

状態を見ながら並べるものの気持ちが前に進む、初心者にとって最も難しいのは、苗の大小を見分けながらバランスを取ってゆく事でしょうか、参加された皆さんの仕上がり具合を見比べても、みんなお世辞抜きで本当に素晴らしい出来栄えである、今日の日程に合わせ葉ボタンの根の管理をされた細心の心使いが嬉しい、市販ではポット1個が200円はする×40個、如何計算しても参加者にはお得な講習会である

主催されたボランティア団体「ハーブタベストリー香の会」は、今年の「全国花まちづくりコンクール」では、全国で沢山の推薦団体があった中で、上位3団体の中に入られ表彰されたと聞いている、私の所属している葉月会も今までに交流を通して色々と教えて頂いたが、それを元に万博公園や老大では良い参考課題として研修させて頂いた、常に新しい事へのチャレンジは大変だが、心からエールを送りたく思う

・新しい チャレンジをする 目が熱い
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-26 22:43 | Trackback | Comments(0)

飲酒から

11月25日(火)
今年も忘年会の知らせが数箇所から届く、吹田市から岬町に来て6年目を迎えようとしているが、大阪北部からの誘いが多く行き来も大変だが、行事と重複しない限り対人関係を大切にしたいから付き合いはする様にしている、時に町の活動も膨らんで重なれば地域を大切にする事もあるのでお許しを・・・

忘年会はお酒が付き物だ、現役時代から飲酒運転は無いと自信を持って言える、お酒は強い方ではない事もあるが仕事に対する責任感の問題でしょう、もしも飲酒運転で車に乗れなくなったら迷惑を掛る、会社にも同僚にも家族にもそんな思いが常に有った様な気がする、酔い覚ましに麻雀をセットした事も有ったが・・飲まないと決めたら堅物であった

この所、大阪で車に巻き込まれて引き摺られた挙句に死亡した会社員、新聞配達中に同じ様に引きずられて死亡した少年、聞いただけでも本当に痛々しい事故だが、共に逮捕された犯人は飲酒運転中であった、それがばれるのが怖くて逃げようとした結果がより悲惨な事故に・・・、身勝手な行動に立派な若者が犠牲となった

更に驚いた事に、飲酒運転・当て逃げ犯を捕らえてみれば、飲酒運転撲滅運動の先頭に立っていた警視庁幹部であったとは・・開いた口が塞がらぬ、しかも警視庁内のレクレーションに参加した後の出来事であったそうだが、飲ませた方にも責任があると耳に蛸ができるほど聞かされて、飲食業の知人も相当な痛手を受けているが、庁内の処分はどうなるのでしょうか?成り行きを注目したいが、これも内々で済ますのだろうか

・飲酒犯 身内捕らえて 何とする
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-25 21:24 | Trackback | Comments(0)

観光ガイド・多奈川

11月24日(勤労感謝振替日)
“南方熊楠のエコロジーの世界に学ぶ”
3日前から動かない小雨予報がぴったりと当たる、岬町多奈川地域観光ガイドの取組は参加者・スタッフで50名近い人数が集う、集合場所の多奈川駅で本日の行程説明と外国からの参加者紹介をしてのスタートであった、回覧だけの広報では集まりは今一だったが、声賭け等をしての成果もあった

~関電エコロジー緑化地域の案内~ 関電関係者
CO2排出による温暖化現象が進行している中で、自然環境作りに企業の取組の一環として、地球にやさしい緑化の育成に努めている、この場所は凡そ甲子園球場の広さを出来るだけ自然林に近い条件で作る努力をして来た、落葉~栄養~虫や動物の棲む場所へ、そしてクリーンな空気を保つ必要性を認識して取組まれているそうだ

~葦の話~ 高木さん
多奈川地域新港と古港を繋ぐ落合橋では、海と川との接点近くに葦の群生が見られる、この葦の働きについては水の浄化作用や急流の緩和作用や蟹や海老の生息地や鳥などの生息にも繋がる自然との共生の意義も有る、この場所は東川と西川の合流地点にあり落ち合う処から橋の名が付いたようだ、最近の護岸工事でこんな場所も少なくなって来ている

~みかん狩り~ふれあいの道~ 里中先生
途中のみかん狩りタイムは、時折雨も激しくなる悪条件の中では有ったが、取立てみかんを食べながら昼食用に確保?+チョッピリお土産用も・・・、ふれあいの道では里中先生が和泉山脈から続く地層や岬町に生息する植物の話をされた、御歳80歳を越えて未だ現役同様のスケジュールを精力的にこなしておられる名物大先生である

~理知院・南方熊楠~ 藤永住職
f0053885_19492541.jpg時間の関係で本堂にて、この寺院が和歌山城主桑山重晴の建立である事、秀吉との所縁寺院である事、西の金比羅・東の理知院と言われて船の安全祈願の寺であった事等々、続いて世界的な博物学者・南方熊楠と理知院とのご縁を淡々とお話された、海外研修を終えて帰国の折、この寺院で数日間を過ごされたその部屋の公開もして頂いた

この寺院の周りにある柿狩り予定は、雨の為サポートの我々が手分けして取って、参加者に“つるし柿”の作り方コピーを付けて分配する、今日は一日中雨の中での観光案内では有ったが、皆さん方からは地元に居りながら新発見が沢山あったと、お礼の言葉と又このような行事が有ったら教えて欲しいの要望を承る、嬉しい事である

・傘と傘 ふれあい観光 ガイド聞く
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-24 19:58 | Trackback | Comments(0)

里山にて

11月23日(日)
f0053885_21465655.jpg里山クラブ主催の孝子の森イベントに参加する、会員として一般参加者より一足先に行くと、既に焚火が燃えて山のイベントの雰囲気が漂っている、私は藁細工の準備をするが他には蔓網や竹細工や焼き芋の準備も順調に進む内に、参加者の声も山の谷間から近づいてくると、自ずと向かえる方のモチベーションも上がる

幸いに好天にも恵まれた事は何よりだ、岡田代表の開会宣言から始まり物づくり講座の紹介からスタートする、一番人気はつる網教室だ、講師役の久川さんは70歳代後半だが熱意は篤い、蔓の調達~保存確保~手早い指導には年齢は関係ないが、この人の地域を思う日常活動を知れば知るほど頭が下る、夫婦で植樹されたアジサイ道は心に残る

竹細工では里山クラブの男メンバーが竹笛、ぐい飲み、竹杓、花挿し等々、皆さん多彩である、中でも子供たちには竹笛が人気で山に響いていた、私は竹を藁で包んだ花挿を作りました、昨年11月度の「大人の林間学校」で好評だったものだが、藁は淡輪の田中様に調達して頂いた物でした

イベント等を通して何時も思う事に、自然環境を守ると口では言っても実践活動に結びつける事の大変さがある、ミネラルいっぱいの水が川も海も浄化して行く、里山を源に川から海へと繋がって行くのだが、その自然を犠牲にした私どもの生活環境があることを・・自然にもっと優しい暮らしを・・言葉だけに終ってはいけない事を・・

・里山の 焚火囲んで 秋深む
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-23 21:33 | Trackback | Comments(0)

地域の中で

11月22日(土)
大阪府のシニアアクティブフェアや田舎に帰ったりで土曜市への不参加が続いた、本日は久しぶりにお預かりした野菜を並べて販売する、寒い時期だからでしょうかお客様の出足も今一であった、預かった中でもカブ、ピーマン、菊菜は直ぐ売れたが、このシーズンは大根が重複するのは致し方なく皆さん売れ残ったようだ

土曜市が終るや望海坂自治区の「ふれあい喫茶」へと足を運ぶ、今日は民生委員のK様作の一工夫された“いきなり団子”が出された、サツマイモと小豆の餡子を包んだ餅の感触も以前よりも随分と美味しく、参加者の評判も好評であった、100円でコーヒーとお団子と物づくり教室は嬉しい企画だが、若い人の参加が少々寂しい

物づくり教室は11月度の「大人の林間学校」で講師の井上様に材料の提供を頂いて、当日参加して下さった岩本様が先生役である、ドングリガクで作るユニークなペンダントは、参加された親子が熱心に作っておられて微笑ましい姿があった、林間学校での授業内容が其々の地域で広がって行き、活動の一助になることはうれしい事である

少子高齢化のこの町の中で、こうした100円喫茶を中心にしたコミュニティが、其々の自治区を中心に広がってゆく、お世話される方々もボランティアである、この広がりが地域の活力には大切なことだと思う、ただ若い人たちが子供連れで来てもらえるようにする工夫が、今日の取組の中には有ったのだが・・・、後は広報を如何するかでは?

・ボランティア 増えて地域も 活気付く
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-22 20:31 | Trackback | Comments(0)

給付金から

11月21日(金)
色々な方々と話していると、最近良く出る話に定額給付金の事がある、殆どの方が高い公務員の経費を使って経済効果がどれ程あるのか、選挙近しで人気取りのばら撒きだとか、批判的な方が多いようである、所得制限をする・しないとか、給付実施は市町村に任せる賛否とか、この付けは其の内に消費税アップに繋げるとか、何か煮えきらぬ話が多い

何のために給付金が配布されるのか、その財源は融資特別会計の積立金?とか、水のようにコンコンと湧き出る金でも無かろうに・・・、先ずは給付された金の使用は自由としても、皆さんに景気浮上の刺激策である旨を伝達して、出来る限り物品の購入等をはじめとして、趣旨に添える様な策があってこそ意義がるはずだが・・

口を開けば優秀な官僚と言われる方々ではあるが、世間の実態からは多少かけ離れた部分がある、この不況で倒産に追い込まれるような企業もあれば、失業者もこれから増えようとしている中で、お年玉程度をばら撒いて景気対策だと本気で考えているのだろうか、この不況でも安心安定の官庁関係では分りかねるのかも、それよりも身の安全のほうが先の話なのだろうか、こんな話を我々素人がしても如何にもならないが・・

・与野党の 無策で選挙 どうしよう
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-21 21:35 | Trackback | Comments(0)

下準備

11月20日(木)
先日は岬町行政と観光ボランティアが11月24日に予定されている“南方熊楠に学ぼう”のコース下見に行く、今回は時間の関係もあり車で回りながら、ポイントでは説明事項の打合せをする、関電の森林は関電関係者が・落合橋では葦の話を・みかん狩りをして山越えでは里中先生の話が・理知院では熊楠の話や宿泊の部屋の公開と・盛り沢山である

回覧板だけでは情報の伝達が今一のようで、個々でPRして参加者の勧誘が要るようだ、多奈川地域はこの町に来て移送ボランティアなどで個人的には知った地域だが、歩いてみれば新たな発見があるかもしれない、声を掛けてみると町内の方でも意外とご存じない方が多いようだ、自分の住んでいる町を知る良い機会でもあると思うのだが・・

本日は「公園のたのしい過ごし方」に付いて打ち合わせをする、自治区のリフレ祭りで「おもちゃ作り」をした事もあって私に話があった、時期的なものも含めて予定内容を聞くと、大阪府立大学・立命館大学の学生がプレイリーダーとなって、ダンボールを使った椅子や焼き芋や写真を撮ったりおもちゃを作ったりと楽しそうである

日時は11月29日(土)13時~116時:望海坂第2公園、私もおもちゃ作りとして「ストローとんぼ」「風車」作る事になった、時間的な余裕があるようであれば、他の手作り品を付け加えて地域の子供たちと楽しい一日にしたいと思うが、イベントの活力源は何と言っても子供たちの笑顔が一番だ、ちびっ子達の大集合を願っている

・公園の スターは子供の 笑顔です
[PR]
by nabesada98 | 2008-11-20 20:30 | Trackback | Comments(0)