社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2009年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

高石市にて

2月28日(土)
“2月は逃げる”と言うが本当に早いな~と思う、朝から高石市のボランティア市民活動フェスティバルに参加する、所属している「泉州ひまわりネット」の皆さんが、手作りおもちゃを作って展示しているのだが、堺市のイベントと重なった為に留守番役を引き受ける、便乗で「大人の林間学校」のPRもしっかりとさせて頂いた

駅前の市民会館アプラホールは3階だが、1・2階はスーパーや各種店舗も有って賑わっていた、大ホールはステージで開会式に続いてグループや団体の演技披露が行われる、同じホールの後半分はフロアとしてNPOや各団体の活動展示である、表フロアでは各作業所の商品販売がされていたりと、高石市の多様な活動が伺えたのも、行政がボランティア活動の背を押している賜物でしょうか

私どもの「おもちゃ作り」の取組は高石市社協では初めての参加、身近な牛乳パックや折紙での作品だが、技量の高い展示品には市長も感心して見ておられた、参加された方々に「大人の林間学校」の取組を話すると、関心度も高く結果に結びついて頂けたら幸いな事だが・・、何処に行ってもボランティア活動は女性が主体だ、地域との結びつきの深さが違うのでしょうか

・何しても 笑顔が似合う ボランティア
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-28 19:12 | Trackback | Comments(0)

岬川柳「生きる」より

2月27日(金)
岬川柳会より
・満ち足りて 生きる尊さ 忘れてる     東吉
テレビの映像では将軍様の国は、軍事パレードや核兵器開発などで国力を誇示する反面で、飢え死にするような子供の痛ましいシーンや食糧難に喘ぐ人々の姿がある、厳しい環境下で生きる事が、どれ程大変か考えさせられる、打つべき救済の手立てはないものかと思うが、難しい国交の壁がある

一方で私達の国は、財政難が・・不況が・・失業者が・・政治が・・、伝わってくる情報は厳しい話が多いが、行列の出来きる店が・・三ツ星レストランが・・ブランド食品が・・街を歩けば食べ物は満ち溢れているではないか、日々の暮らしの中でも賞味期限切れで廃棄される食料品が山ほど有る、考えてみれば誠に勿体無い話ばかりだ

私たちは知らぬ間に尊さを忘れている様な気がする、満ち足りた暮らしが当り前になって、感謝する感覚を失ってはいまいか、スイッチを入れれば電気が・・水道をひねれば水か・・コックを回せばガスが・・コインを入れれば自動販売機から商品が・・、何よりも言論が自由に話せるだけでも平和な事だが、こんな愚痴も年を取った証拠かな~と思うこの頃だ
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-27 15:32 | Trackback | Comments(0)
2月26日(木)
NPO法人岬まちづくりワーカーズの役員会に出席する、私が事業担当の「大人の林間学校」の半期報告を簡単に行う、岬町の“ゆめ・みらい・サポート事業”の登録認可の事、大阪シルバーアドバイザー泉州南の後援の事、9月~11月度の実績と3月~6月度の予定報告をする、3・4月度の郊外学習“町内櫻見学ツアー”は前向きにアピールした事もあって、現時点で定員数確保を報告する事が出来た

今ではマスコミからの取材打診や取組研修の要望もある、色々な意味で取組の趣旨を理解して頂き、各地に広がって行くことは良い事である、休・廃校の活用や里山での活動などは、団塊世代の皆さんには“幼い頃の思い出の場所”として、昔をいっぱい話せる居場所が、各地に広がって行けば嬉しい事である

先日、この町のツツジで有名な愛宕山の山頂で、打合せに同年代が集ったら昔話に花が咲いた、其々に生まれ故郷は違っていても、どこかで思い出の重なっている処が有るのでしょうか、お酒が無くても場所と雰囲気がそうさせるのでしょうか、古い建物が・・自然との繋がりが・・同年代の集いが・・、寄せ集めた様な条件が「大人の林間学校」には揃っている様な気が致します

・休校と 里山昔が 置いてある
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-26 09:33 | Trackback | Comments(0)

支持率(数字)

2月25日(水)
麻生総理の支持率が下がった云々と連日マスコミは騒ぐ、総理の肩を持つ訳ではないが数字に振り回されて、大切な国の進むべき道を間違えてはいけません、現に今の情勢で誰が総理になっても五十歩百歩ではないでしょうか、与野党が協力して国の為に知恵を出し合う事こそ民意と思うのだが・・・、大局的に見れる人は無いのであろうか

マスコミの取上げ方で数字が変る場合だってある、派遣労働者が契約解除で失業して、生活に困っている人の姿が連日ニュースで流れた、解雇した企業が悪者扱い的に見えた事もあったが、企業にしても物が売れないで在庫も溢れたなら、経営者も生産ラインは動かす訳には行かないだろうし、決断には苦渋の選択はあった筈だ、映像や新聞の取上げ方で数字が動く場合もある

揚げたてコロッケで行列ができる店があった、多分美味しいのだと並んで買って家に持ち帰り食べた、冷めた事もあるが並ぶ程の価値は感じなかった、同業者の知人にこの話をすると面白い話が返ってきた、人の並ぶようにゆっくり商品を揚げるのだそうだ、人の心理と数字とはそんなもんだと思った

こんな魔物の様な数字を国会で何度も取上げて解散を言う、そんな余裕は無い時勢だと思うのだが・・・何方だったか話をされていた、自民には不満が民社には不安が・・・、支持率低下は与党も野党もしっかりして欲しい、これが本当の民意として噛締めて貰いたいものだ

・支持率は 政治家叱って いる民意
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-25 11:16 | Trackback | Comments(0)

岬高校記念講座から

2月24日(火)
21日(土)の府立岬高校創立30周年公開講座に参加した、「子供を取巻く豊かな人間関係の再生に向けて」と題して、京大の木原雅子先生の講演があった、多くのデーター解説から見えるものは、小学生→中学生→高校生へと、積重ねて行く人間関係の中から、誉める事・叱る事から屋外遊び・室内遊びや性教育など、気持ちの移り変わりを比較対象してみれば、自ずと見えて来るものが沢山ある

高校生の「やる気」に対する今と昔の比較の中には、友達との人間関係もケータイへと変わる、小学生時代の室外遊びの減った事の報告も有った、「室内で閉じ込めたネズミは直に捕まるが、野生のネズミは捕らえる事が出来ない」以前に聞いた分り易い事例が頭に残っていた、人の動きも同じ事だと言うが、何時の間にか気になる社会を作っている感じがした

更に講演は実際の授業映像を通して、色々なテーマを高校生に考えさせながら纏められて行く内容であった、「10年後の自分の姿を想像したり」「将来、自分に子供が出来て~“夜鳴きした時は・・”“子供がいじめられたら・・”“不登校になったら・・”」面白い身近なテーマと答の中に良い会話があった、生まれる→愛→死別へと考えさせられた

岬川柳会より
・親の背は 黙っていても 子は学び  富美子

問題は色々有るが、子供たちに親が先生が地域が社会が、良きモデルになる事ではないだろうか
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-24 06:35 | Trackback | Comments(0)

町の観光

2月22日(日)
淡輪観光協会の呼びかけで昨年中止された「ツツジ祭り」を復活させようと、関係役員が現地の愛宕山に集合して打合せをする、一昨年まで使用した広場は事情が有って使用が難しく、頂上付近のスペースを中心に活用して行う予定である、地域の淡輪財産区の皆さんがツツジ周りの草刈をされて、昨年よりは随分と綺麗になっている

本日集合した皆さんと愛宕山を一回りして見ると、思った以上に道も色々とあり広い、見晴らしスポットから見る景色は、右側には海風館から里海公園へ広くて美しい海岸線が・・、眼下には青少年海洋センターにヨットハーバーが・・、今日は見えなかったが淡路島に神戸や関空が・・、大阪府下でこんな素晴らしい風景は他には無かろうと思うぐらいだが、観光には広報と何かもう一工夫要るのでしょうか

昔を語れば切りがないが、ツツジ祭りには淡輪駅から提灯がぶら下がり、行列も続いたそうだが今は面影もない、ツツジ周りの草を刈ったりと管理する方もあったようだが、この広さではとてもとても手不足の様だ、今年は世話人の熱意で人数も揃い形作りが出来つつある、この事が地域の活性化の一助として、観光客を迎えながら住民意識も良い方向に変われば意義の有り事である

・思い出は 景色に惚れたと 旅日記
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-22 23:26 | Trackback(1) | Comments(0)

町の古墳

2月21日(土)
土曜朝市~西稜古墳クリーン作戦~岬高校創立30周年公開講座へ、この町に来てもう少しで6年になる、何かと地域活動をしていると人間関係が出来る、その人間関係を大切にすると輪も広がり情報も声も掛る事も多い、そうした中で趣旨に賛同するものには極力協力参加していると、良い人とのネットワークが出来るものですね~、日々の暮らしの中で、ちょっとした事でも笑顔で交われる関係は保ちたいものである


この町には大きな前方後円墳が2箇所ある、宮内庁管轄の宇土墓古墳と町が所有している西稜古墳がある、本日は西稜古墳のクリーン作戦と言う事で、商工会や行政関係者に地域の方や子供さんまで幅広い参加者があった、昨年伐採してあった木や枝の片付けが主な作業で、子供たちも何度も持ち運びに精を出していた

昼からは古墳の説明や勾玉作りの講習もあり、親も子も古墳から掘り出された土器などを手に見聞を高める事ができた、子供さんにとっても良い体験する機会であり、こうした戸外での取組が出来るのも地域社会の良い処で有ろう、インターネットにメールと情報の入手が身近には成ったが、自分自身の感性を作り出すのは体験に勝るものは無いと思うのだが・・

・栄枯盛衰 ここはロマンの ある町だ
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-21 23:47 | Trackback | Comments(0)

厳しい地方

2月20日(金)
私が連日のように車で走る国道26号線を、阪南市~岬町へと進むと閉店した店舗が目に付く、昨年秋に閉めたパチンコ屋から少し行くとミニスーパーにガソリンスタンドも閉店した、その隣りは以前から閉まっているがコンビニが・・、しばらく行くと・・・これも以前からだがレストランも放置されたままである、少子高齢化が進む地方に行くと厳しい現状がまだまだ有る様だ

景気対策・雇用対策と言いながら前に進まない国会、ねじれ国会の影響で議事進行どころか選挙対策?国民に信を問う?全議員総入れ替えしたいぐらいだ、党利党略・私利私欲これが果たして国民の為でしょうか、何年経っても行政改革?は何一つ進まないのは何故?選挙制度を変えなければ地盤・看板・鞄・・・、どの党も二世・三世議員の公認ではどうしようもない話だ

新聞を見ると連日情けない話が多すぎる、オレオレ詐欺や大麻での検挙者や又もや収賄逮捕・・、こんな日本ではなかったはずだが・・・、豊かになった社会が災いしたのかと思うぐらい、人としての暮らしの規律が希薄になった気がする、この町は財政は厳しいが人としての温かさがある、こうした地方を切り捨てるようでは、益々荒れた社会になりそうだが・・・

・人情味 豊かな国よ 何処に行く
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-20 18:06 | Trackback | Comments(0)

社会貢献から

2月19日(木)
大阪府の連携している方から連絡が有り、障がい者支援の協力依頼の要望である、府下でも泉州地域で連携する高齢者が少ないのだそうだ、個人的には協力対応の気持ちは有っても、何もかもの重複は限度があり慎重を期しているところだ、今年は里山クラブとの連携も視野に番川清掃活動に淡輪観光協会とも協力依頼を受けている

定年退職後の第二の人生は、お世話になる地域社会で役立つ何らかの貢献をしたい、そんな思いの方は多々あると思うのだが、そうした方々が一歩前に出る社会的なシステムがいるような気がする、少子高齢化や財政難と遣るべき事の多い行政だが、従来の取組から発想をちょっと変えた企画で、協力者を募って見れば意外とあるかも・・

その社会貢献のシステムが、NPO法人の使命であると思うのだが、まだまだ口で言うほど理解者が少ない、例えばイベントで物品販売をして、人件費はボランティアで活動費を捻出すれば、法人ならば会計報告義務があり税金が要る、任意団体ならば報告義務が無いから殆どが見逃しだ、しかも法人の収益は取組への投資に使うのが基本である、法人を語った悪徳業者があるからだそうだが、まともな法人への厳しい税制度の有り方が、早急に求められると実感している

・税金は 取り易いとこ 狙ってる
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-19 19:56 | Trackback | Comments(0)

笑う

2月18日(水)
「笑う」早引き辞典で引けば、「にこにこする、つぼみが開く、ゆるむ“ひざが・・”“嗤う”あざける」となっていたが、余りにも広すぎて掴みどころが無い、色々な解釈や使い方がある様であるが、一般的には「笑いは健康の元」「笑う角には福来る」「腹から笑う」と言った明るいイメージに使いたいと思うのだが・・・

これは違った意味で「笑い者になる」とは「情けない」話である、先進7カ国会議終了後の記者会見で、日本の財務大臣のしどろもどろの泥酔い姿が、「もういいよ」と言うぐらい何度もテレビで流れる、言い訳は風邪薬?どう見ても酔っ払いだ、アメリカ新政権のヒラリークリントン国務長官が、初めての外国訪問先にわが国を選んだと言う日に・・、その颯爽と日程をこなす姿に比べると、二転三転と変わる態度に振りまされる国会、情けないにも程がある

もう一つは財団法人漢字検定協会が、儲けた利益をファミリー企業感覚で使用していた事だ、現役の頃には間接的に仕事を頂いた事も有ったが、「公益法人とは営利を目的としない」漢字の本家がその趣旨がお分かりで無かった?「笑ける話」だが、監督する文部省の天下りのあぶれ役人を受け入れて、人件費で帳尻あわせをするよりは良かったようにも思う
さて今年の年末の一字は「笑う」では・・・ 漢字検定協会 殿

吉本の 芸が政治家 笑いそう
[PR]
by nabesada98 | 2009-02-18 19:18 | Trackback | Comments(0)