社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2009年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

PPKから

6月30日(火)
f0053885_613797.jpg茨木市のセミナー参加の折、同市内在住の知人に「茨木市ではこんな取組があるよ」と呼びかけたところ、実家の母親介護に大阪市内に行かれて留守だった、我が家も女房が島根の実家で一人暮らしの母親を介護に帰郷中である、個々の状況の違いはあれ介護と向き合っている年代なのでしょうか

PPKと言う言葉をご存知でしょうか、私はこの前聞いて初めて知ったのだが、“ピンピンコロリ”と言う意味で、病気もせずに長生きしてコロリとあの世に行く事らしい、出来るものならそう願いたいものだが、その為には受身から前向きに“ピンピカコロリ”として、元気で世話になった社会へお返しをする、そしてコロリの方が喜びに通じるのでは・・出来る範囲内で・・

近くのコンビニでメール便を出しての帰り道、雨がぱらついて来たので急いで100mを走ると、僅か100mで呼吸が随分乱れたのが分かった、若い積もりであっても体や頭も年を取っている事を実感する
先日のセミナーに10分位覗いて見ると「知的好奇心」の話をされていた、見聞きするだけでは直ぐに消える、実行する大切さを説いて居られた様に思う

・PPK チョット光って 見ませんか
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-30 06:10 | Trackback | Comments(0)

茨木市にて

6月29日(月)
f0053885_4474265.jpg昨日は茨木市の「セカンドステージ応援セミナーin茨木」に「大人の林間学校」展示依頼があり喜んで参加させて頂く、昨年度も参加実績が有り顔見知りも増えた、沢山の役員さんや大阪府の関係者からも声が掛かる、林間学校の輪が広がっている様でもあり嬉しく思う、“遠路はるばる・・”“声を掛けて頂いて・・”交流も広がる

ポスターや新聞記事等を展示して、6月度の取組から工作の「ミニ七夕飾り」7月度予定の「深日焼ミニ盆栽」を売ります表示をした、全部で40の高齢者ボランティア団体の展示が有った、ホールでは大阪大学藤田綾子先生の「生きがいと社会貢献」と題して講演があり、続いて社交ダンスや歌体操等々が展開されていたが見聞の余裕は無し

販売の方はアイデアを褒めて頂いたが売れ行きは今一成果乏しき、私が所属するグループの「おもちゃづくりの本」1000円は予想を超えて16冊売れた勘定だ、テレビ放映の「大人の林間学校DVD」とパソコンを持参したが起動せず、お隣がパソコングループだったのが幸いで、要望が有れば放映してもらう事にした

f0053885_4481893.jpg林間学校へ3年前のスタートから、毎回のように参加下さっている竹下さんは茨木市在住だ、6月度のシャンソンの取組後で、“茨木市で出展”の旨を伝えたら、暑い中汗を拭き拭き歩いて来て下さった、一緒に林間学校の取組説明の手伝いまでして頂く、お陰で9月度の「林間・臨海学校」1泊2日の参加申込者12名有りました

忙しない1日だったが、関心度も高まる中で参加に片道約2,5時間の道程は厳しさがあるようだ、チラシもパソコンで50枚プリントしたが完売、環境や世代間や工作と言った町づくりのボランティア団体が沢山有る中で、高齢者対象の林間学校は特異な団体として、注目されているのでしょうか、茨木でもこんな取組が出来れば・・の声もあり、仕事なら出張所を作って拡販ですが・・

・参加して 話してこその 輪が出来る
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-29 05:35 | Trackback | Comments(0)

地域の取組から

6月28日(日)
f0053885_4584053.jpg昨日は朝市~望海坂集会所へ、自治区役員、ボランティアグループ(私達)と積水ハウス、NPO法人パブリックスタイル研究所、現役の学生(立命館大学、大阪府立大学)で、総合的な地域環境の質の向上を図る会合が行われた、自己紹介の後、昨年度行った「公園の楽しい使い方」について、パーポイントを使って振り返る

続いて今年度の取組についてですが、住民の皆さんが共有できる広場として、公園は重要な場所である事から、全国各地で行われている有効活用の事例15点の紹介が有る、
例えば、花咲かせ隊~遊び隊(水、テント、ハンモック、手作りブランコなど)~プレイパーク~フェスティバル~夏祭りや地蔵盆まで色々である

この様な事例の中から、活用できそうな企画を地域環境にアレンジして行く事であろう、自治区が出来て早くも6年経過する、現在の年間通してのイベントは、バーベキュー大会~リフレ祭~餅搗大会へと流れはあるが、参加する家族も定着してマンネリかもしてきた様だ、交流の場としての新しい企画も入れながら、取組の更新は地域活性化には必要な事である

・新しい 取組事例 から思案 
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-28 04:57 | Trackback | Comments(0)

携帯から

6月27日(土)
女子高校生が携帯で、多分テレビを見ながら歩いていたと思う、相手にされないと思ったが声を掛けた、“その携帯はテレビが見れるんやな~”こちらを向いて首を立てに振る、続いて
高かったやろう→5万円ぐらい
金持ちやな~→お母さんに買ってもらったから
お父さんも持ってるの?→欲しがってるけどなあ~
笑いながらザットこんな会話をした

f0053885_5373189.jpg学校は原則禁止となっているが、流れ的には通用しなくなってきている様だ、友達のいじめ問題や出会い系サイト云々も言われているが、そうした心配の壁は既に越えた感もあるぐらい普及が進んでいる、既にルールは出来ているかもしれないが、学校とPTAと生徒会で、作られたルールを守る指導が大切であろうか

それにしても携帯電話からメールからカメラからテレビまで、進みすぎて活用まで付いて行けない年代だが、これから何処まで進み行くのであろうか、機能の技術的進歩も大切だが、簡単で利用しやすい優しさも欲しいものである

・携帯を 捜す携帯 ほしい時
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-27 05:34 | Trackback | Comments(0)

不正から

6月26日(金)
f0053885_5412453.jpg先日、堺市の集まりに参加した折に“岬町は職員の裏金問題が有ったらしいな~”との話を聞いた、マスコミも一部の新聞が報道した様だが、財政難のこの町で・・しかも水道代が高いと評判の水道局で・・金額は35万?金額の大小の問題ではない・・未だに悪い体質がある?・・不祥事は正さねば・・

深日で業者が工事中に水道管を破る事故が有って、その断水補修に職員総出で遅くまで残業して回復に努めたらしい、その補修工事代金や職員の残業代等も含めて業者の保険会社に請求、入金された中に通常なら残業の付かない役職職員3人が含まれていた、管理職は残業代が付かない筈の入金があった訳だから、その金をプールしていたと言う事らしい

書類に印鑑を付いた町長は減給10%だそうだ、元々町長は公約で規定の給料30%カットがあり、合計で40%がカットと聞いた、不正職員の名前を聞いても出て来ないでしょうが、公的機関に勤める限り不正には厳しさが要る、“個人の懐に入れた訳ではない?”罪を軽く見すぎてはいませんか

その良い事例が“選挙!選挙!”と騒がしい国もそうだ、巨額献金で名前の上がった小沢さんも二階さんも、ダミーの政治団体を通して違法な企業献金を受ける、それを政党が庇い合って犯した罪をうやむやにする世の中だ、政治家も公務員も“其の内何とかなる”体質は変らない、真面目にボランティアに励む方々の姿とのギャップが大きい、何とかならないものか

・きれい事 並べて中身 変らない
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-26 05:33 | Trackback | Comments(0)

観光ガイドから

6月25日(木)
伸びをしたとたん左足の脹脛が痙攣を起こす、ゆっくりとマッサージしながら暫く横になった、多分運動不足から起きた症状であろう、症状は軽いので通常通りの活動へ、朝の草引きへ~パソコンへ・・

f0053885_9245125.jpg昨晩、岬町観光ガイド養成の会議が、今期になって初めて招集された、行政の担当課長が入れ替わる度に、進みかけたものが少しバックから始まる感じである、歌の文句じゃないけれど“3歩進んで2歩さがる・・”、やるのか!やらないのか!気が何かしら乗って来ない、行政サイドへの問合せは年間30件~40件はあるそうだが、個人での問合せが多いようだ

事例的に実践報告ではないが、簡単に今月案内させてもらった老人大学のOB会(多奈川水産技術センター→理智院・興善寺・産土神社)とウォーキング会(淡輪駅→うみべの森→漁港→船守神社→自然海岸へ)の取組を話する、団体の場合は打合せと協力者の依頼段取りをしておけば、直ぐにでも実践活動は出来る

詳細に知識習得からに為ると、覚えた尻から忘れる年代である、参考資料を作成して置けばアバウトな説明だけでもガイドは出来ると思う、実践してみると難しい話よりも楽しい雰囲気が喜ばれるような気もするが・・どうだろうか、今後は地域ごとの作業部会と実践報告会を重点に進め、定例日を設けた会合も定着しそうだ、観光と言う観点からの発信もいるが、今後が未だ見えない

・会話する 気持伝えて こそ生きる 
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-25 09:22 | Trackback | Comments(0)

シニアの取組から

6月24日(水)
f0053885_6593111.jpg次の日曜日に参加予定の茨木セカンドステージ応援セミナーで、「大人の林間学校」PRの準備をしなければならぬが、なかなか尻に火が付かぬ、その尻を叩くようにして頭の中にある構想のコケを取りに走る、7月度の工作予定「深日焼ミニ盆栽」を作ってみる、自信は無いがセンスのある方に見てもらってから、何点か持参して展示の一つにする予定である

先日の堺市訪問の時にポスターも4枚作る、それに6月度林間学校で造った「ミニ七夕&はがき立て」と、泉州ひまわりネットの「おもちゃづくりの本」も販売の予定である、これで机の上は賑やかになって来そうだ、工作物品は少し販売して交通費ぐらいは稼がねばと思うが、これも貧乏所帯の苦しいところなり

自治区内の友人宅にCDをパソコンにインストールに行くと、「動きが若いな~」と言われる、「もう70近いがな」「楢山節考なら捨てられる身だが・・」なんて言いながらついつい長話になった、歴史を見れば貧困な時代には、何処の国でも老人排除の風習はあったようだが、高齢化社会の中で“借金大国ニッポン?”誰も信じない平和が存在している様に思うこの頃である

・借金を 先送りして ああ平和
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-24 06:49 | Trackback | Comments(0)

交流から

6月23日(火)
f0053885_644135.jpg昨日は朝方小雨がチラつく、草取ボランティアは中止となるが、望海坂自治区のグランドゴルフ大会はどうかと、後の予定も有りグランドまで散歩がてらに出かけてみると、水捌けは良いので出来そうだ、直ぐに担当の方から決行の電話が入る、新興住宅地だが会員数は30名近くまで増え今日は21名の参加、児童公園も手狭となり6組を3組交代で行われた

f0053885_644251.jpg熱心に連日の楽しい交流が日課となっている方も多い、確かに距離感も方向性も日頃の成果が見える、本日は女性のスコアが素晴らしく良かった、グランドの狭い事もあるがホールインワンも沢山出た、優勝は週末利用のご夫婦の奥様であった、2位はホールインワン3回の女性である、女性の方が落着いて集中されるからでしょうか、その点では私は慌て者だから一番短い距離を5つも叩く、成績は尻から数えて・・?

f0053885_6444370.jpg終って直ぐに堺市まで車で走り「泉州ひまわりネット」の会合に参加、午前中で帰られた方も有る、「林間学校」参加の依頼と「おもちゃづくり」の本が出来あがり、今後色々な場所で販売するために25冊受け取る、今後の打ち合わせの後、本日の研修は折紙である、七夕伝説の「織姫と牽牛」を見立てて折り込む、折り方もだが仕上がりもワクワクする、意外と簡単に仕上がるのも嬉しい
f0053885_6452074.jpg
・交流が 地域も人も 丸くする
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-23 06:43 | Trackback | Comments(0)

ゴミの有料化から

6月22日(月)
f0053885_6532294.jpg一昨日、タイミング良くメールを頂いた事もあり、自治区集会所でN町会議員の「議会報告のつどい?」へ顔を出す、主題は今回の議会で「ゴミの有料化」が賛成多数で決定され、N議員は反対の立場で話は進んでいた、一般的には納税の上に回収費用の負担が町民に掛かる訳だから、表だけなら反対は正論なのだが、何故有料化にしなければならないかの説明の要る話でもある

財政上の事情なのか?
健全財政ならば有料化の必要は無いであろうが、税収の見込める事業所が少ない現状は分かるとして、回収経費の削減がどれ程なされているかが問題である、自治区内のゴミ置き場を見ていると、生ゴミの週2回は止むを得ないが、毎週火曜日のペットボトルと毎週木曜日の缶の回収は、殆ど回収荷物が無く月1~2回でも十分である、収集業者に最低保障が要る?空回りな無駄回収をしてまで・・・

住民意識の向上は?
ゴミの分別で女房は食品トレーや破れた包装パッケージまでも分別してリサイクル袋に入れる(前の居住地の習慣)、地域に合わせれば良いので私は其処までは思わないが、リサイクルゴミ(新聞紙等)が未だに生ゴミの日に出す方がある、最初は分別の分りづらさはあるが、逐次理解してもらう必要性も有ろう
ある時私どものゴミ置き場に、携帯電話のコードの付いた充電器が回収不能で残されていた、他からの持ち込まれた感じもするが、問合せをして販売メーカーに持参して引き渡した事がある

“言うは易く行うは難し”で有る、ゴミは出来るだけ出さないようにとは思うが、つい買って冷蔵庫へ→気が付けば賞味期限が・・、どうしよう?・・・

・冷蔵庫 仕舞ってゴミに しないよう
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-22 06:52 | Trackback | Comments(0)

つつじの世話から

6月20日(土)
f0053885_2215929.jpg淡輪観光協会からつつじ管理の連絡が入る、先週も声が掛かったが預り物も有り土曜市を優先させてもらった、今週は販売準備をしてつつじの愛宕山に行く、集合の8時に行くと作業が始まっていた、つつじの剪定~仕草刈りが終って今日は施肥の日であった、手分けして顆粒肥を全体に散布して廻る、終ってしばし交流後~土曜市へ

f0053885_22152425.jpg参加して驚くぐらい思い切った剪定がしてあった、2m以上の高さが有ったつつじが約半分にカットされていた、“思い切ってカットしましたネ~”と声を掛けると、“大阪府の専門の指導を受けて切ったから間違いない”との返事である、来年は少し花枝が寂しいかもしれないが、長期展望に立てば正しい選択なのであろう

地域の立ち上がりで多くの皆さんが参加されたつつじ祭、来年は今年以上の盛り上がりになりそうな予感がする、舞台があって芸人を呼んだ昔の様には行かないまでも、地域活性の大きなイベントとなるのは間違いない、ただ持ち場分担があって財産区と観光協会との区分はある、其の内には一体化となればなあ~

・ 来年も 期待してると 花の世話
[PR]
by nabesada98 | 2009-06-20 22:13 | Trackback | Comments(0)