社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

望海坂・公園納涼まつり

7月31日(土)
f0053885_2156158.jpg昨日セットしたプールに水を張り過ぎて、回りを囲った鉄パイプが水圧に負けそうな状況が確認され、朝から水を少しくみ出す作業をする。続いて土曜市の手伝い~テントを借り受けて~自治区「公園納涼まつり」の準備~地域の方の家から不要になったマキの運搬など、ひたすら縁の下の力持ちの役割に回る。

PM2時スタートと共に子供達はプールに殺到、満杯状況が終了の4時まで続いた。「流しソーメン」も2つのレーン共に上手に流れて人気である。4時からは「焼きソバ」に5時からは「カレーライス」に行列が出来る。それだけ沢山の方々の参加が有り楽しそうな顔を見れば、自治区役員や学生さん達の努力の賜物と思う。

f0053885_21562333.jpg途中6時~7時半までは、NPO法人まちづくり岬とみさき里山クラブの緊急会議に参加、助成申請した「山村再生プラン」の対応の件について問合せがあり、自己負担金を含む取組や助成申請内容の説明と確認を行う、結論としては、自己負担金は必要性の有るものや将来性のあるものとして、慎重を期する事とする。

帰宅後、再度自治区の「納涼まつり」へ行く、夕暮れに焚火灯りのフラダンスも好評だったようだし、手作りのキャンドルナイト、花火と終了まで付き合う、テント・ソーメン流しの竹など、借り物に風対応をした上で今日は終了とする。
f0053885_21572349.jpg朝から晩まで元気に遊んでいた子もいたが、新しい取組を含めて子供達には良い思い出になった事であろう。

・子の笑顔 有るから地域 動き出し
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-31 21:57 | Trackback | Comments(0)

ダブル準備から

7月30日(金)
f0053885_2144951.jpg昼に孝子の森に行く、今日は里山クラブの定例日ではないが8名のメンバーが揃っていた。暑いので休みながらの草刈も大変な時期である、来月5日には青少年海洋センターの行事で、子供達や関係者が40人ぐらい見える予定なので、道端の草刈に来て頂いたらしい。
3時前にセンターの担当者(大学生のイベントリーダー)が見えて、当日の打合せは食事の事やクラフト行事や尾根コース散策などを確認、初めて来られる方が、打合せと共に全体のイメージを頭に描く事も大切なことである。

f0053885_2151036.jpg自治区に帰ってみると、明日の「公園納涼まつり」の準備中である、竹テント小の骨組みが出来上がり、プール(3×5m)も立ち上がってブルーシートが敷かれている。シートは約10m角あり大きすぎた感はあるが、折り返すと大は小を兼ねるである。水量もかなり要るようなので、今晩から少しずつ溜める事とする。明日は好天気だそうだから子供達の元気な姿を思う。

・夏休み 行事次々 夢舞台
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-30 21:05 | Trackback | Comments(0)
7月29日(木)
f0053885_5383871.jpg今日は「大人に林間学校だより」第2号を、今年の参加者を中心に100人分の配送準備をする。最終は200人ぐらいは配布予定である。団体の場合は代表者にお願いをと思ったが、住所がまちまちなので全て配布を考えている。但し、プライバシーとやらの関係で紹介者がある場合は、所在地を市や町単位で受付ているものも多く、紹介者から配布して貰うケースも多々ある。

「大人の林間学校」の活動記録を見ながら、学校の取組を思い出してみると、
4月;初参加者グループの話が弾んで、孝子駅を乗り越して和歌山まで行かれ、タクシーで引き返された遅刻組も有った、徐講師の「坂の上の雲」からは、もう一度聞きたい要望が出る、初めてのエレクトーン演奏も大好評、新緑の尾根散策~竹の鯉のぼり工作、海洋センターでは青木洋さんの「ヨットで世界一周」冒険談、カヌーにクルージング、サクラ満開の愛宕山の散策、穏やかな好天も味方した。
5月:里山は季節柄色々な花が咲く、キンラン、ホタルカズラ、や竹の子など、工作はウツギの笛に挑戦~バス移動でツツジ名所の愛宕山では、赤い橋に満開のツツジは印象的であった。
6月:孝子の森は卯の花のシーズンである、山での草花講座「夏は来ぬ」の解説を聞き、何度聞いても奥の深さを知る。工作は七夕を作る、ミツバチに乗っ取られていたピザ釜復活もあった。参加者からの竹とんぼや鳩笛の発表も楽しかった。自転車持参の方も初めての事である。
毎回、色々な事が思い出として残っている、写真を見ていると参加された皆さんの顔は、元気で明るい

・春夏秋冬 自然が息吹く 里山で
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-29 21:18 | Trackback | Comments(0)

まちづくり自主研修から

7月28日(木)
田尻町のまちづくりセンターへ自主研修訪問~7月26日夕刻~
f0053885_21131645.jpg

訪問趣旨:
岬町内に赤提灯のような交流の場を使って、「活力あるまちづくりの場所」がつくれないであろうか。事例として「まちおこし酒蔵BAR」(川柳雑記ブログ昨年9/9,10/1参考)と田尻町「グラシアス」が上る。

行政間の連携も取れて、上記日時に田尻町「グラシアス」への訪問となる。
田尻町の町づくり仕掛け人の二人(町役場・山本さん、NPO法人・明貝さん)にお逢いし、まちおこしの夢や現実や思いを含めて、忌憚のない話をお聞きする

お話内容から
スタートは「まちづくり住民会議」からである。町の美化活動で田尻川クリーン作戦を行うと沢山のボランティア参加者があった。その参加者へのお礼の気持ちが地域通貨(タージ)の発行に繋がり、その地域交流のコミュニケーション拠点として、今回訪問した町おこしセンター「グラシアス」が、情報の受発信基地として立ち上がった。
昼は喫茶・展示販売、趣味の教室として、夜はお酒を酌みながらのコミュニケーションの場として運営、店長も内容も交代でおまかせメニューとし、担当店長のアイデアを生かした取組となっている。

問題点も正直に応答頂いたと思う。まちおこしの受発信基地も一応の成果はあったようだが、維持管理にはもう一工夫が要るようだ。商店街のシャッターが閉まった状況下での地域通貨も厳しいものがある。ただ、若い参加者などもあり新たな発想やエネルギーに期待感は感じられた。
f0053885_21133971.jpg


わが町で考えられる事
この度の自己研修で感じた事を、今後は岬町内でどう生かして行くか、“課題は多いが何とかしいたな~”と帰りの車の中で、同行した役場と社協の若者はつぶやいたが、実行が全て!これが大切な事である。

現在、岬町は地区毎のふれあい喫茶が、地域の良いコミュニケーションの場所提供となって、各地域に広がっている素晴らしい現状である。これを更に進展させたとして、町の4地域(淡輪、深日、多奈川、孝子)での場作りに発展させ、主として夜の気兼ねのない交流会がスタートであろうか、30分~1時間は各種団体の活動発表などを・・残り1時間~1時間半は交流会で・・「岬町を考える会」として発展できないものかと・・田尻町の取組研修から感じた事である。

 大胆に かつ細心に まちおこし

まちおこし酒蔵BAR9月:http://nabesada.exblog.jp/11904149/
まちおこし酒蔵BAR10月:http://nabesada.exblog.jp/12045027/
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-28 21:11 | Trackback | Comments(0)

深日小学校で

7月27日(火)
f0053885_19455128.jpg深日小学校・学童保育(小学校3年生まで)へおもちゃづくりに行く、少子化の影響で現在では、深日小学校と多奈川小学校が一緒になっての学童保育である。町内各地でおもちゃづくりをしたが深日小学校訪問は初めてである。近くに有る「アップル館」でのおもちゃづくりの評判から、知り合いを通して本日の取組へと繋がる。

本日も「アップル館」で好評であった「万華鏡」をSA泉州南の石田さんにお願いする。石田さんは小学校低学年でも作られるようにと、細かい部材を全て下準備して、手順良く説明して組上げると“きれい~!”と見せ合いながら大喜びの声が上る。更にクリップなどを追加すると又もや歓声が・・f0053885_201849.jpg

続いて、私の方からは牛乳パックで作る「ストロートンボ」である。こちらは絵を描いて組立てれば出来上がり、後は上手に飛ばせるように指導するだけであるが、何時でも何処でも子供達は自分で動かすものが好きだ、天井に届くほど何度も飛ばして喜ぶ姿もある。更に4ミリストローと6ミリストローを組合わせたロケット飛ばしも、一斉に並んで飛ばし競争を行い無事終了とする。
暑い日が続いているが、元気な夏休みを願いながら・・。

・手作りの おもちゃが昔を 恋しがる
f0053885_19463282.jpg
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-27 19:46 | Trackback | Comments(0)

夏の里海ボランティア

7月26日(月)
f0053885_2237819.jpg朝8時から岬町・里海公園にて、ビーチバレーコート内の清掃活動に参加する。コート内の小石、貝殻、ゴミなどだが、各人がバケツを持って拾って行く人海作戦だから作業効率は悪い、園芸用の土振るいを準備するとか、仕事の効率を考えた工夫が要るものだ、猛暑の中での気休め程度の作業は如何にも役所的な取組である。
一般のボランティア参加者が年々減り、役所の職員の方が多いようでは良い取組とは言い難い、趣旨を上手く広報すれば多くの参加者がある様に思うが・・。

とは言え、8月20日から22日まで「全日本ビーチバレー女子選手権大会」が開催される。3,000人収容できる施設がある里海公園だが、大阪市内からもアクセスが悪く観客も今一のようだ、昨年も見に行ったが有名選手も見える、沢山の観客で盛り上がって貰いたいものである。

今夕からは、田尻町のNPO法人・まちおこしセンター「Gracias」に行く、9時過ぎまで、岬町職員有志3人と社協メンバー2人と同行する。田尻町の「まちおこし」について研修交流、詳細は遅くなったので後日報告の予定とする。

・夏のボラ 休憩時の うまいお茶
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-26 22:36 | Trackback | Comments(0)
7月25日(日)
望海坂自治区・PTAの子供会行事として、午前9:30分より「ディスコン」大会が開催され、指導員として参加要望が有り伺う。「ディスコン」を一言で説明すれば、床上のカーリングのようなものと表現しましょうか、学年で振り分けて5~6人で班を分けて6班を作り班別対抗戦とする。最初にモデル試合をしてから大まかなルールを説明、子供達も初めての事だから何枚か投げる練習をして試合を・・、設定はAコートとBコートにして開始する。
f0053885_21285278.jpg


最初は分りづらさはあった様だが、リーダーの高学年はさすがに理解も早く、勝ち負けで喜怒哀楽の子もあり、各チームが総当りなので1位は5勝0敗で有ったが、後は平均しており0勝チームは無かった。一旦終ってからもゲーム感覚で楽しむ子供達、もう一方では希望者に父兄も一緒に「星ストラップ」作りをする、低学年には少し難しかったかも・・・。

夕方にPTAの方から、子どもが“楽しかった~”と言っていたとの話も出る。ニュースポーツと言われながら高齢者対象に浸透しているスポーツだが、子供達への普及も楽しいのでは・・ないだろうか。
少子高齢化が問題になる折、地域には子供達の元気な声が一番、良い夏休みにして貰いたいものである。

・地域と子 絆を結ぶ 夏休み
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-25 21:30 | Trackback | Comments(0)
7月24日(土)
土曜市からスタート~望海坂ふれあい喫茶~多奈川小学校サマーフェスタへ、今日の天候は陽射しも厳しく風も無い、テントの中でも蒸し風呂の如くである、熱い最中に予定を3箇所掛け持つと流石に疲れた感じがする。

多奈川小学校のサマーフェスタ支援活動は今年で3年目になる、おもちゃづくりをNPO法人まちづくり岬の地域活動の一環として行う、今年はSA泉州南の石田さんの支援も大きな助けとなった。本日の出品は下記の通りである。
f0053885_2144763.jpg
・ストロートンボ:牛乳パックを使った竹とんぼ
・消えないしゃぼん玉:
キラキラの色紙を3ミリにカットして大小各12本使用して張り付ける、回すとシャボンの如く見える
・割箸鉄砲:割箸4個を使い輪ゴムで止めて作る
・ストラップ:広告紙やカレンダーなどの厚目の紙で星型を作って仕上げる

f0053885_21444484.jpg2時半頃~5時半頃までびっしりとお茶を飲む間も無い位、子供達が押し寄せて大繁盛亭であった、子供達のサポート担当(5年生)は遊び方に回った感じで、先生方のサポート部隊と私どもは追われる。おかげさまで他の行事予定の盆踊りや各所の物品販売は見物にも行けない状況である、特に消えないしゃぼん玉や割箸鉄砲は休む間もなかったが、子供達の嬉しそうな顔に接すると、体も手も口も自然と動くから不思議である。

・子ども等の 笑顔に動く 手も足も
f0053885_21453776.jpg
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-24 21:44 | Trackback | Comments(0)

孝子の森・案内から

7月23日(金)
f0053885_20465699.jpg昼から孝子の森へと青少年海洋センターの若き職員を案内する。8月5日には海と山の日帰りの取組を・・・8月21日には海と孝子小学校(宿泊)と山の取組が組まれる。今年は里山の活用も「大人の林間学校」~地元高校や海洋センターの取組へ、子供達から高齢者までの多様な取組と山と海の協働に至るまで、大きな広がりとなって来た様に思う。

今日は孝子小学校に集まって、校舎内の教室や古い農機具の展示や古いおもちゃの案内や教室の雰囲気を味わい孝子の森へ、孝子の森では散策コースを一回りして取組内容の打合せを行う。山での飯盒炊爨関係と物づくり教室や遊びなどの企画に話題が集中する。最終的な打合せは企画が出てから再度検討の予定である。もうすぐ孝子の森で子供達の歓声が聞こえる事であろう。

・山と海 自然を学ぶ 企画組む
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-23 20:46 | Trackback | Comments(0)

泉州南・交流会から

7月22日(木)
昨日、今日とAM7時~9時半頃まで、自治区公園の草刈・草引き活動に汗を流す。今月末の「公園納涼まつり」の下準備の一つであるが、この時期の陽射しは厳しく顔は真赤に焼けて、シャツは汗でビッショリである、家に帰ってシャワーで汗を流して次の予定へ動くと、着替えたシャツまでも汗に濡れそうなこの頃である。

f0053885_2050218.jpg今日は岸和田「五風荘」にてSA泉州南の夏季交流会に参加、「大人の林間学校」の後援団体として協力を頂いている、予定の電車に乗り遅れて遅刻したが待って頂いたようだ、“申し訳ない!”。到着して直に交流会がスタートとなるも、ブログを見て頂いた様で、いきなり昨日の「生き生きシニア活動顕彰」表彰の紹介があり、乾杯の指名を頂きお礼も兼ねて一言申し上げる。

15名参加の交流会で和やかに会話も進む、地域での活動状況等の話や本格的なマジック披露もあった、マジック準備の合間を利用して、私の方からは「おしぼりアート」と称して、おしぼりで、おにぎり弁当、あひる、クロワッサンの作り方を披露する。また「大人の林間学校だより」2号をコピー持参して配布、少々しつこいほどのPRになっているが、SAのメンバーの方々は心の技量が豊かで嬉しく思う。

・交流を 通して話と和 広くなり
大人の林間学校:http://misaki5403.exblog.jp/
[PR]
by nabesada98 | 2010-07-22 20:49 | Trackback | Comments(0)