社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2010年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「町の観光ガイド」から

9月30日(木)
f0053885_535391.jpg昨日の事故の事で心配をして頂きました事、誠に有難い事で御座います。レントゲン結果も異常はない様なので大丈夫だと思って居ります。
本日、午後7時から「観光ボランティア」の会議に行くと、私の事故の事が話題になっていたようだが、遅れて着いたので会議は直に始まった。

来る12月5日(日)に、南泉州地域のボランティア連協の関係者と一般公募(岬だより11月号に広報)の方々50名を、淡輪地域にご案内する打合せを行った。
タイトルは〔大阪湾の入口に存在する〕“岬古代王国の謎を探る”である。内容は当日をお楽しみに・・と言う事であるが、淡輪駅から宇土墓古墳~船守神社~西稜古墳~みさき公園駅へ。

昔々の話しに耳を傾けると不思議なロマンが広がる。古墳群の多い岬町には5世紀時代から鉄・埴輪・古墳づくりと当時の文明・文化の粋を集めた古代王国があったと言われている。今回のイベントでは、1500年のタイムトンネルをくぐって、古代の岬町から見える考古の遺産をさぐりながら、「古代国家岬町」の旅へと案内する予定である。

本日は、「岬町観光ボランティアガイド」メンバーが、岬町教育委員会の小川さんから、上記資料を手に説明を受けると、不思議と古代岬王国の夢が広がった。今度は我々が研修を重ねて案内する事になる。不安もチョッピリ有るが頑張ろう!である。

・この町の 古代王国 知るロマン
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-30 22:17 | Trackback | Comments(0)

事故!

9月29日(水)
f0053885_20404986.jpg朝の高校支援活動を終えて国道26号線を大阪方面に走る、道は相変わらずの渋滞でのろのろ運転で有ったが、いきなり“ドカーン!”追突事故である。私の車も目前のトラックに衝突する、のろのろ運転なので車間距離も2~3mであろうか、ブレーキを掛ける間もない一瞬の出来事である。下りて見ると私の後の車も、其の後から追突されている。結局は4台を巻き込んだ交通事故となる。

私の方から警察に連絡を入れると、通り掛かりの運転手であろうか?既に一報が入っていた様である。原因は後から追突した車が居眠り運転(本人曰く)の様だが、渋滞中に何を慌ててスピードを出したのか不思議なぐらいだ。それから待つこと30分で警察の車が・・それから暫くして事故係りのパトカーである。8時50分に連絡を入れて~終ったのが11時を過ぎる。幸に人身事故とまではゆかないが、念のために夕方に整形外科に行くと、私に追突した後の車の方も見えていた。4時に受付して診察~レントゲン~診断書まで・・6時過ぎに終る。

事故は、追突原因の最初の車がエンジンまで潰れる。その次は新車同様の車だが、後がタイヤに掛るまで潰れ、運転席のドアがやっと開いた状態であった。この2台はレッカー車で移動する。私の車は前も後も潰れるが後のドアが開かない。一番前のトラックはかすり傷程度か、それにしても一瞬の不注意で大きな迷惑をこうむる。幸に救急車の世話にはならなかったが、貴重な一日が潰されて、事故の恐さを思い知る事になった。

・突然の 事故が一日 まで潰すf0053885_20422246.jpgf0053885_2042772.jpg
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-29 20:42 | Trackback | Comments(0)

岬高校の取組から

9月28日(火)
f0053885_19421052.jpg昨年度の岬高校プロジェクトは「山海人」がテーマであった。1年生が山で植林を~2年生が川で清掃活動と竹炭を浸けて水の浄化を~3年生が海でワカメつくりを行った。今年のテーマは「MISAKIプロジェクト2010」として、昨年度の取組に「菜の花畑の耕作」と「たこつぼ製作とたこつぼ漁」が追加され、大変に多項目の取組となる。地域との対人関係を開いて、地域貢献できる学校を目指して居られる様である。

考えてみればユニークな取組ではあるが、地域との交流を通して生徒の育成を前向きに捉えておられるのであろう。支援される地域の方々も参加されて、本日は第3回目の打ち合わせが行われた。私は学校との連携で里山での取組が主であるが、菜の花作りや清掃活動などにも声が掛かるようである。

里山と竹林の取組は、昨年ほどの予算はないようなので、里山クラブからの提案で、植樹とドングリを竹林より切り出した竹ポットに植える。植えた種は学校で育成管理して、今年は無理だが育成した苗を、先輩より後輩へとバトンタッチして来年度の植樹に使用する。良い事例になれば今後に引き継がれる様な気がする。
学校と地域社会が連携して、青春期の子供達と向き合う事は、大変な事も有ろうが意義のある事だと思う。

・学校と 地域を繋ぎ 広がる輪
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-28 19:42 | Comments(0)

町長と

9月27日(月)
f0053885_184531100.jpgこの町の地主さんから個人的な付き合いとNPO法人の信頼からでしょうか、田圃を貸していただいたので、身近なMさん他に声掛けをして作る段取りは出来た、1度耕運機で耕した所に6月~7月に掛けての大雨で、土の中に入り込んだ水が引かない為、夏の野菜作りはあきらめる。夏の猛暑は仕事にならず3度の草刈に終り、昨日から今日に分けて其の草を片付けて焼く。一方、Mさんは岬高校「菜の花畑」が予定されている田圃で同じ様に草焼き仕事である。秋になったとは言え互に汗ビッショリであった。

昼から役場にNHKテレビで放映されたDVDを持参、タイミング良く町長も見られたそうで時間を作って頂く、多方面に渡って町行政の取組等について懇談する。収入源のある取組で自立したまちづくりが要る、工場誘致もチャンスがあれば積極的な姿勢で取組んでほしい、財政難でも前向きな対応が・・等、偉そうに言える立場ではないが、我々の「大人の林間学校」も今回で36回を数える、大阪市内や北部まで積極的な交流参加で広報している。来月も大阪府庁での取り組みに展示参加の予定だ・・と、前向きな事例になれば・・そんな気持ちで会話させて頂いた。

・ハッタリも 苦言も少々 町役場
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-27 18:45 | Trackback | Comments(0)

放映後記

9月25日(土)
f0053885_19441748.jpg真夏から一気に秋半ばに入った感じのこの頃である。
今日はミョウガ、ピーマンに唐辛子を預って土曜市に行くと“NHK・関西テラスを見たよ!”と声が掛かる。嬉しい事ではあるが照れくささもある。NHKを通して連絡頂いた2名の方には、挨拶文と「林間学校だより」にチラシを入れて郵送する。

以前にも朝日テレビ「ムーブ!」にて取上げて頂いた事がある。シニア世代には放送局に問い合わせしての連携プレーは苦手なのでしょうか?問合わせは少なかった記憶がある。連絡先が保存できる新聞に比べると連携の難しさが有るのでしょう。一方、町内ではテレビ情報は想像を超える反応があるものです。身近な所でこんな取組が・・と認識されれば幸である。

知人からの電話は2本あり、交野市のまちづくりを考える会合では、岬町は高齢化社会の取組で、休校中の校舎を活用して良い取組をしている!と発言された方があったそうだ。良い事例になってくれれば・・頑張らなくてはなるまい。

・連絡の 糸を繋いで 出す便り
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-25 19:44 | Trackback | Comments(0)

テレビ放映から

9月24日(金)
f0053885_20521289.jpg今夕6時10分~NHKテレビニュース「関西テラス」にて、9月度「大人の林間学校」の取組が放映予定と聞いたので、参加者の皆さんも首を長くして待たれた事であろうか、少し遅れたが6時30分頃からのスタートで5分間取上げて頂いた。果たして何人の皆さんに見て頂いたのであろうか、新聞・テレビ欄の趣旨が「“山シニア”自分も元気・地域も元気」であったので、山での草花教室や工作教室が抜けたのはやや寂しいが、致し方のないところであろうか。
私よりも、出来るだけ多くの人を映して貰えたら・・そんな思いを伝えた積りだが、5分間の電波は選別の難しさがあるのでしょう。

撮影内容は、築100年以上の木造校舎・孝子小学校~昔懐かしい童謡の合唱~中孝子地域の風景~孝子の森では参加者の感想が入る。昼からは高齢化が進む岬町の様子を挟んで、青少年海洋センターでの魚釣りの楽しそうな様子と交流会~ウミホタルの美しい光を見ながら終了である。途中では恥ずかしながら私の応答が織り交ぜられていた。

9月度で36回の取組を振り返ってみれば、ご参加下さる人・講師やサポートして下さる人・里山をはじめ場所作り下さる人など、多くの支えが有ってこその継続である。シニア世代の素人集団ではあるが、前向きに取組めばそれなりの成果に繋がるのでしょう。体力的には年々嵩む年齢は隠せないが、情熱でカバーしての元気印、毎回ごとに講師の徐さんと企画を更新しながら邁進中である。

・又来るよ 元気貰って いる笑顔
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-24 20:52 | Trackback | Comments(0)

タバコの値上げ

9月23日(木・祭)
f0053885_19323695.jpg10月1日からタバコが大幅値上げされると言う、銘柄によって違うがタバコ1箱が400円ぐらいになるそうだ、過当競争で弁当1個が300円台まで下がっている事を思えば、どう比較しても高すぎる話である、増税もご本人の健康の為と言う理由が付けば、反論する術も失われがちになる、厭なら禁煙すれば済むと言う事であろうか。

私の周りにも愛煙家は居られる、先日は車に同乗して帰宅途中で、コンビニに車を止めてタバコの買い溜めをされた、値上げはこたえると言いながら止めるとは聞かなんだ。1,000円なら禁煙すると言っておられたから、未だ余裕なのか・・。何処に行っても喫煙場所は減る一方だし、そろそろ考え直されたら如何かな・・・。


私は経験者だから言えるが、その気になれば何時でも止められる。止める決意が大事だが~吸いたくなったら水分補給で凌ぐ~取引先の社長が実行されて喜ばれた。現役の頃は徹夜麻雀も良くやって、勝っては煙草~負けては煙草と灰皿が山になるほど吸ったものだが、上記の方法で簡単に止めた記憶がある。愛煙家の皆さん!ぜひお試しを・・

・ベランダの ホタル族にも 秋の風
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-23 19:32 | Trackback | Comments(0)

NHK追加取材から

9月22日(水)
f0053885_20552642.jpg9月度の「大人の林間・臨海学校」が、元気なシニアの取組としてNHKの取材を受けましたが、本日は立上がりから今日までの経過を含めて、わが家にて追加の取材を受けました。林間学校の行程を撮る反面で側面の流れを挿入したい要望の様である。里山クラブや林間学校講師やサポーターなど、多くの方の支えで成立つ取組であるが、私がこの町に来てからの取材も含めて、どんなニュース番組になるのかな?期待と不安の心境である。

プライバシーの問題には随分の気遣いの面もあった。朝礼の中で取材の了解を得たり、第1回目の高齢者林間学校(後に大人に変更)の活動は、TATE-misakiさんの「大人の林間学校」ほどの資料が無く、私のブログでふり返ったが、写っている人物写真に拘ったり、プライバシーと情報公開とが相反する世の中、取材の難しさも多々ある様である。

本日は9月度取組参加者から御礼の電話を頂く、カヌーが接触した事も有って気になっていたので、相互の不安を解消する意味で連携をした結果、双方ともに明るいご返事を頂きました。来年4月末の「大人の林間・臨海学校」申し込みの話まで出ましたが、来年度に改めて申し込み頂きたい由で返事する。電話の向こうから喜びの声が伝わり、嬉しい励みとなりました。

・取材から 期待と不安 交差する
ようこそ「大人の林間学校」へ:http://misaki5403.exblog.jp/
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-22 20:55 | Trackback | Comments(0)

敬老の日から

9月21日(火)
昨日は敬老の日であった。団塊世代の定年と共に高齢化も進む中で、退職後の第二の人生を社会貢献に向ける仕組はないものか、時に行政関係者とも話をするのだが、“そうですね~”と空言で終ってしまう。地域の中には沢山のボランティア組織は有るが年々高齢化が進む、一方ではサークル活動で悠々自適を求める方向が、何時の間にか多くなった様な気がする。

私の場合は、生まれ育った田舎町や娘の学生時代のボランティア活動から、それなりの目を向ける環境にあったのか?定年後~無抵抗に地域社会の役員~シルバーアドバイザー養成講座~地域貢献の団体へ、偉そうな事は言えないが、現役社会で培った経験を社会で役立てる機会を作れば、有能な方々が沢山居られると思うのだが・・。

「朝の詩」と言う投稿欄で、「あの世貯金」の詩を見付けて、切り取っていたのをたまたま本日見つけたので紹介したい。
    ・・・・・・・・・・・・・
「あの世貯金」 栗本光雄さん(静岡県)

f0053885_17195447.jpg
あの世貯金というのがあるそうだ
現生(げんなま)があっても
「あっち」へは持ってゆけない
「こっち」にいる間に人に善根を施すこと
黄泉(よみ)の国で役立つ貯金になるという
別に現生はなくても善根は施せる
せっせとあの世貯金を積み立てよう
    ・・・・・・・・・・・・・・
・善根の 貯金をしかと 神仏
ようこそ大人の林間学校へ:http://misaki5403.exblog.jp/
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-21 17:20 | Trackback | Comments(0)

南泉州ガイド・泉佐野

9月19日(日)
f0053885_21285258.jpg
南泉州観光ガイドの一環として、本日は泉佐野市観光ガイドの会が担当で、犬鳴山コースをガイドして頂きながら研修と会合に参加する。

殆どが観光ガイド関係者で、泉佐野公募の一般参加者は少なかったようだ。犬鳴山は葛城修験道二十八宿の奥の院として、山岳修行の道場で名高い場所である。
本日は温泉郷をスタートして大師堂~のっぽ杉~景観の良い塔の滝~義犬の墓(猟師を襲おうとした大蛇に噛みついた義犬の謂れ)~志津の涙水(僧に恋して行き倒れた乙女の謂れがある)~七宝滝寺(役の行者の修験道場)~行者の滝(滝水にうたれる修行)~資料館へ、修行の道であり森林散策の道でもあり、本日は第3日曜の修行日だそうで、多くの若い男女が滝に打たれ、修行される姿がありました。

f0053885_2129977.jpg資料館では、南泉州観光ガイドの会合が開かれ、貝塚市以南の市町代表の方々が集われ、各地域の観光ガイド計画を発表しての交流会となる。岬町は12月に淡輪地域の古墳めぐりを中心に計画中である。その他の報告として、昨日の「大人の林間・臨海学校」を簡単に報告、NHK取材と放送日(9/24/6:10~ニュース)等も併せて伝える。今後は各地を交互に巡り、南泉州地域の観光向上に努める事が趣旨である。

・修験者の 歴史漂う 滝の道
[PR]
by nabesada98 | 2010-09-19 21:29 | Trackback | Comments(0)