社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2010年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

10月30日(土)
大阪府庁舎新館で行われるアクティブシニアフエアに「大人の林間・臨海学校」のPR展示に、見先さんと女房も同行で参加する、「明るく活力ある大阪を目指そう」をスローガンに、シニアのボランティアやNPO団体の活動報告や広報展示を中心とした祭典である。4年連続参加で顔馴染みの方々も多く、岬の展示場所は此処よ~!の声も掛る。
主たる会場の場所と内容は下記の通り
①にぎわい広場:物品販売、食屋台、企業の展示
②健康広場:生きがい催事と健康企業の展示
③NPO回廊:代表的なNPO団体の活動展示(大人の林間学校ほか)
④メインステージ:元気なシニアの歌や踊りや演奏ステージ
⑤わんぱく広場:子供達とシニアの手づくりおもちゃの広場
⑥大阪城ウォーキング
f0053885_20424278.jpg

f0053885_20441256.jpgf0053885_20434220.jpg「大人の林間。臨海学校」の展示は、他に無い特異な存在感で関心度も高く、展示板にはポスターと写真を中心に貼り、長机ではパソコンにてNHKで放映されたDVDを流し続ける。対話の中では岬町と言えば相当遠距離感があるようだが、みさき公園、淡輪のツツジ、青少年海洋センターはご存知の方がある、取組内容の説明をすれば“良い取組だ”“一度は参加したい”“海だけでも行きたい”色々な答えが返ってくる。

来年は6月度に「大阪府高齢者大学校」のインターシップ制度として、「大人の林間学校」の取組活用の話があり、11月には関係役員の訪問がある予定だ。大阪最南端の田舎町の取組だが、中央から声が掛かるとは実にうれしい事であり、今後に繋がる取組にして行きたいものである。

・いい友の 絆で祭典 盛り上がり
f0053885_20452062.jpg
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-30 20:44 | Trackback | Comments(0)

NPO法人・役員会から

10月29日(金)
NPO法人まちづくり岬の役員会を“たまり場”で行う。
・9月度、10月度の「大人の林間学校」収支報告
多少の収益計上はあるが、サポートする人件費がボランティアだから成立つ事を忘れないようにしなければならない。参加者の喜ばれる顔が代償と言う事でご辛抱願う。
・11月度の取組(11/2日)は現在28名の参加者で、音楽講師は口笛奏者、山での工作は蔓編み教室である事、等々を打ち合わせする
・11月13日(土)老人大学ハイキングクラブの団体参加予定
・11月21日(日)積水ハウス「まちなみ参観日」の取組に里山散策予定
・明日の「アクティブフェア」参加の状況説明
・来年度「高齢者大学」インターシップ依頼の件
f0053885_1925614.jpg
岬高校との連携の件
・11月5日:1年生3クラスが孝子の森訪問の件
・ドングリ鉢植え準備の件
・菜の花畑の対応サポートの件
・福祉活動支援の件

総会の件
・日時を11月14日(日)PM5時~
・案内状送付の件
・会計報告等議案書作成の件
・総会終了後の交流会の件
・来期新事業について、自家用有償運送等検討中はあるが、現状は従来どおりとする

上記、今までにブログに書いてきた事も重なり、簡単に報告として纏める。

観光ガイドとして、法人メンバーの中から荒木、甲斐、見先、渡辺が参加している。NPO法人としての前向きな地域活動はあるが、平均年齢が上りつつある現状が頭の痛いところである。

・まちづくり 昔の良さを 振り返り
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-29 19:22 | Trackback | Comments(0)

まちづくり講演会から

10月28日(木)
本日はプロ野球ドラフト会議が行われた。注目のハンカチ王子・早大・斉藤投手は日本ハムが・・、競合の一番多かった早大・大石投手は西武が・・、実力ナンバーワン評価の中大・澤村投手は巨人が単独指名だったので、相思相愛で喜びの涙がこぼれたシーンは印象に残った。私がファンの広島カープは、毎年クジ運に恵まれた記憶が無く、その年の人気選手や実力選手を迎えた記憶は殆ど無いが、育てるのが上手なのでしょうか、今年は前田健太投手がセ・リーグ3冠投手に成長してくれた。今年のドラフト組の斉藤投手達や楽天の田中マー君とも同年代である。
若い頃のような野球熱は無くなった私だが、本来のドラフト会議の趣旨である戦力の平均化という点からすれば、下位球団から指名する本来のウェーバー方式でやるべきであろうが、どうしても人気や実力のある選手を採るために、変則的なドラフト制度の採用と言う事になっている。均一化する趣旨でも活用の難しさがある様だ。

f0053885_22595090.jpg
岬町淡輪公民館にて、午後7時から「みさき まちづくり講演会」:講師:土居年樹氏の「地域が活きると日本の社会が活きる」と題した話があり、遅れて参加したので話半分では有ったが、大阪の天神橋商店街での実践活動を通して、元気なまちづくりを呼び掛けられた。続いて主催する泉南青年会議所が、夏に里海公園で行った「キャンドルナイト物語」の報告があり、意見交換会では岬高校神代校長より、キャンドルナイトでは放送部の生徒が司会役を努め、地域では軽音楽の交流の機会も出来、実績の繰り返しで生徒の成長を願っている旨の挨拶があった。

・笑いから 大阪人の 町おこし
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-28 22:59 | Trackback | Comments(0)

岬高校の会議から

10月27日(水)
午前中はみさき公園近くの山に、久川さんと女房も同行で蔓を採りに行く。今日は初めての場所だが予定以上の成果で、林間学校・蔓網教室用は確保できたと思う。採りながら妙な光景に出会った。山の谷間沿いの人通りのない場所なのに、ゴルフボールがそこら中に散らばっている、ザット見て200個以上は直に拾える感じである。ロストボールが此処まで飛ぶわけでも無く?練習できる様な場所でも無く?首を傾げていると女房が、カラスが銜えてきたのでは?途端に上のほうでカラスの鳴き声が聞こえて納得。話には聞いた事はあるが・・こんなに沢山のボールを・・“七つの子”と練習でもするつもりだったか?・・。近くには2つの練習場があり、其処から銜えて来たのでしょうが、何なら場所を教えますよ~。

f0053885_2011927.jpg4時から岬高校に「MISAKIプロジェクト2010」の打合せ会議に行く。サポートする地域の方々の参加もあり、「獅子奮迅カツカレー」の試食も振る舞われた。新聞記事では、この町で年間130頭のイノシシ捕獲があるそうだから、商品化できれば嬉しい話ではあるが・・。
本論の会議の内容は、全体的な流れと部門別の話合いが行われる。私の所属する里山活動は、11月5日に1年生3クラスが順次クラス単位で「孝子の森」へ入り、植樹~木の伐採~運搬~周回路にて下山する、クラスごとに2名の里山担当者がサポートをして、学校との交流の一助とする予定である。それとは別に、竹の伐採~竹鉢作り~土入れ~どんぐりを植える~水遣りして育てる~育ったら山に植える。里山意外でも“菜の花づくり”など盛り沢山の企画があり、“地域を結ぶ取組で生徒を育てたい”校長先生の挨拶があった。

・余白日が 埋ってしまう 人の世話
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-27 20:01 | Trackback | Comments(0)

つる網籠・試作

10月26日(火)
午前中は、我が家で伸び放題であった垣根のキンマサキを剪定する。出来上がり具合を確かめながら一気にカットするも、散らかった葉や芽の後片付けは結構手間のかかるもので、大きいビニール袋で2袋になった。上手?下手は別にしても、きれいになると気持ちの良いものである。
f0053885_19123135.jpg

昼からは、雨模様の空を眺めながら愛宕山に蔓を取りに行く。11月度「大人の林間学校」工作教室で使用するものだが、蔓の太さサイズに多少こだわりがある。わたしからの注文は参加者が持ち帰られるように、小振りで仕上がり時間が1時間以内、それを受けて、講師の注文はサイズが余り太く無く、地面を這って伸びる蔓が編み易く長持ちするらしい。注文どおりのサイズの蔓の取得は難しいが、時間を見つけては取りに行っている。講師の久川さん宅では、サンプルの蔓編み籠が出来上がっていた。自然の材料を生かした製品は、昔から馴染みもあり飾ると風情あるものだ。

・蔓のある 斜面辿って 山歩き
f0053885_19144919.jpgf0053885_19132111.jpg
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-26 19:12 | Trackback | Comments(0)

岬高校の取組から

10月25日(月)
10月15日付の毎日新聞に岬高校の「獅子奮迅カレー」の記事が載っていた。これは来年度の企画だそうだが、昨年来られた神代校長と峯近教頭のアイデアマンコンビは、昨年度が「山海人プロジェクト」で1年生は山で植林を、2年生は川の清掃と竹炭で水の浄化を、3年生は海の清掃とワカメづくりを、その最終目的が地域との交流を通しての人づくりであった。
今年は既に始まっている「MISAKIプロジェクト2010」では、地域の休耕田を借用して「菜の花畑の耕作」と「たこつぼ漁・こんぶ養殖」に昨年度の「山海人プロジェクト」の継続、社会で役立つ人づくりを模索されているのであろうか。
f0053885_20114883.jpg

本日峯近教頭から広報用のプリントを頂いた、欲張ったような企画であるが実行の積み重ねが大切なことだと思う。地域で支援する方々も多方面の顔が揃いつつある。広報に書かれている如くに、地域との連携(人と人とのつながりを作ろう。地域の人に信頼してもらえる学校にしよう)環境教育(地域の自然を知ろう。自然のつながりを学ぼう)ボランティア活動(やり遂げる喜びを味わおう。自分の力を信じよう)。~皆咲・己咲・岬咲~タイトルの如くあれと願う。

・前向きな 企画が実る 時を待つ
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-25 20:11 | Trackback | Comments(0)

工作・準備から

10月24日(日)
f0053885_20143059.jpg本日は望海坂自治区エントランス花壇の草引きを4人で行う。この夏の暑さの中でも雑草だけは元気に伸びている。剪定や草引きをする前と後を比較すると雲泥の違いだが、カメラを向ける余裕が無かったと言うよりも忘れていた。AM8:00からPM3:30分まで遣ると流石に腰当たりにシビレ感がある。風呂に浸かってサロンパスでも貼れば数日で回復はする事でしょうが・・。

11月度「大人の林間学校」工作タイムで行う蔓網教室の材料(蔓)を、講師の久川さん(80歳?)と昨日一緒に採りに行ったのだが、希望する適当な蔓を捜すのには少々苦労する、その蔓を久川さんは朝から枝や葉や根を払い整理されたそうなので、4時過ぎに伺うと徐さんと30人分に仕分されていた、不足分は後日補充に行く予定であるが、久川さんご夫婦(ご主人は82歳・里山クラブ長老:飯盛山に登る紫陽花ロードを二人で作られた)に接すると、我々は未だ序の口であろうか。

・大先輩 夫婦に引かれ 気も弾む
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-24 20:14 | Trackback | Comments(0)

里山と企業のイベント

10月23日(土)
f0053885_1943953.jpg住宅メーカー積水ハウスから販促用のイベントとして、里山(孝子の森)とリンクした取組検討の話がありました、今までに「大人の林間学校だより」等の資料を渡していましたが、更なる検討資料としてテレビ放映された映像DVDを持参する。本日の打合せで日程を11月21日(日)とし、取組内容等は孝子の森散策や工作教室とピザ・コーヒー付き交流の場とする、以上のアウトラインが出来上がる

当日は、午前中が望海坂地区の住宅販売物件の見学会~昼食後バスにて孝子駅着~孝子の森散策~大人は木工教室・子どもはおもちゃづくり~焼き立てピザ・コーヒータイム~下山途中では清水さん宅の農産物販売~バスで望海坂販売所へ、民間企業からの里山参加は初めてのケースで、良い意味で今後の参考にもなる事でしょう。輸送バス内では岬町の観光案内や林間学校PRもする予定である。

・里山と 企業のリンク 受けて立つ
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-23 19:38 | Trackback | Comments(0)

今日の雑記

10月22日(金)
f0053885_2042317.jpg元々鼻腔が小さくて季節の変わり目では、直に鼻詰まりし易い体質なので、先日来マスクをする事が多くなった、“風邪ですか”とよく聞かれるが、その都度弁解している季節となった。最近のニュースによると、ドングリ不足で人里に熊の出現ニュースが・・、天候不順で集中豪雨による被害が・・、土曜市での話では新米の収穫も少なかったようだ。これも夏の猛暑の反動でしょうか?

10月7日(ブログに記入)に大阪府教育委員会からの話で、「大人の林間学校」の中から“元気なシニアの写真を・・”の要望に応えて、4月度の山と海の取組の活動記録(TATE-misaki作)をフラッシュメモリに取り込んで、郵送したところ音楽時間とカヌー風景の2枚要望の返信が有り、共に元気印のシニアの写真ですが、正面に写っている方々に了解伺いの手紙(写真同封)を書き、明日には郵送の予定である。

・老いてなお 元気印の 顔で生き
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-22 20:04 | Trackback | Comments(0)

岬町観光ガイドから

10月21日(木)
f0053885_19201349.jpg昨晩は町役場にて「岬町観光ガイド」の研修会議に参加する。数年前から観光まちづくりの話は有ったが、立ち上がりかけては中断を繰り返しながら今日を迎えた感じである。今後は南泉州観光ガイド協会としての結び付きも出来、何らかのかたちが出来るのではないだろうか。但し、此処にも平均年齢の高さがあり、若い方の取り込みも視野に考えなければ・・継続の難しさを思うのであるが・・。

今回の打合せでは、12月5日(日)に淡輪地域を観光ガイドすることが決る。題して
~タイムトラベル弾丸ツアー~
“大阪湾の入口に存在する古代王国の謎”

昔々、大阪湾沿岸には大仙古墳をはじめとする巨大な勢力をもった国々が存在した。紀淡海峡を介してその入口とされる岬町には、独立した古代王国がありました。町内にある二つの前方後円墳「宇土墓古墳」や「西稜古墳」を見学し、そこから大阪湾を眺めながら皆様で古代の岬町を想像してみませんか。
・淡輪駅(9時30分)~宇土墓古墳~船守神社~西稜古墳~みさき公園駅(午後3時頃解散)
・参加費 300円(保険・資料代)
・西稜古墳では古墳内に入り見学と説明を行います。

・この町の ロマンをめぐる 鍵を開け
[PR]
by nabesada98 | 2010-10-21 19:20 | Trackback | Comments(0)