社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2010年 12月 ( 27 )   > この月の画像一覧

今年の終り

12月31日(金)
何のかもが厳しい年、そんな感がする一年が終る
猛暑の夏~厳しい冬へと身も心も締まる思いである
国内の十大ニュースを見ても明るい話題の少ない事
敢えて・・・明るいニュースを上げるとするならば
小惑星イトカワからの探査機「はやぶさ」の帰還と
ノーベル化学賞の鈴木さんと根岸さんの受賞かな?
気になるニュースは多いが、取上げる事は止そう。
f0053885_19514194.jpg








私どもの「大人の林間学校」は、好天にも恵まれた
4月は孝子小学校と愛宕山にて満開の桜に囲まれる
5月は海を臨む愛宕山の5万本のツツジを堪能する
6月は「夏は来ぬ」の詞に歌われた卯の花に出会う
9月の山と海の取組には魚釣りやウミホタルを楽しむ
10月はツルニンジンの花を孝子の森で観賞ができた
11月は少し早い紅葉と初めての蔓編教室に挑戦する
又、9月の取組ではNHKテレビで全国に放送される
その他に団体参加として
6月は地元岬町・介護活動「ほほえみ」さんの参加を
11月は高齢者大学「アウトドア」の皆さんを迎える
月々其々の取組に参加者との良い交流が出来ました。

地元高校とは今年も1年生を里山に迎えて、植樹や間伐材の鋸切断を行い、府立青少年海洋センターとも、子供達の林間学校のサポート活動を行う。地域活動の一環として「おもちゃづくり」等も行いましたが、こうした取組を通して、これからも青少年の育成活動をして行きたいとの思いである。

取り急いで、この1年を振り返ってみたが・・・

・足跡を 振り返りつつ 除夜の鐘
f0053885_19472812.jpg

[PR]
by nabesada98 | 2010-12-31 19:36 | Trackback | Comments(0)

大掃除

12月30日(木)
f0053885_1934774.jpg今年も残り2日だ、過ぎ去る1年が年々早く感じる
我が家の大掃除をと思いつつ、連日寒い日がつづく
2日前に家周の草を引き、窓ガラスは後日に回すと
その後は、天候の精にして未だ出来ないままである
明日はしないと・・・我が家に正月が来ないかも・・?

数日前から、書類の整理をボチボチとするのだが
取捨選択しながら目を通すとなかなか前に進まぬ
関わりのある各団体やグループ別にはしているが
要る様で・・要らん様で・・、出したり入れたり・・
全部広げて、要る物だけを拾い上げる様にしたが
昔から整理は苦手・・下手に仕舞うと物探しが・・

今日は買物に女房と和歌山“めっけもん市場”へ行く
先日、田舎から沢山の御餅が届いたのでお返しを探す
“デコポン”箱詰と地元「松風庵」のお菓子で荷造り
今日出して明朝に着くとは、スピード化されたものだ
利便性は益々進化の世の中だから、年の精にすると
遅れて取り残されそうである。
来年は“スマートフォン”でも・・??

・一年が もう来ましたよ 大掃除
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-30 18:55 | Trackback | Comments(0)

NO10「チームワーク」

12月29日(水)
岬高校2年生廊下に貼られたメッセージから
NO10「チームワーク」

チームワークが良いってどんな感じ?
想像してみよう。

??仲が良いチーム?
??みんな同じことをしているチーム?
??個人の能力が高いチーム?
どれも何かもの足りない感じですね・・・

仲間たちの苦手のことや、
できない部分を見抜く洞察力、
それを備える優しさ。
自分が誰かのために動くという行動力、
を備えた人たちが集まればきっと・・・ 
NICE!チームワーク!ですね

試験をするために、進学するために・・
あなたもそんな「ひと」を目指しましょう
社会はそんなあなたを求めていますよ!!
2学年
f0053885_1835554.jpg

今年一番感激したニュースは、チリ鉱山の落盤事故で、70日間の閉じ込められた坑道から33名の救出であった、狭い坑道の中で僅かな食料・空気を分かち合い、お互いを励ましあって耐えた団結力、不安の中から全員生きて帰るを念頭にしたチームワーク、空気口が繋がってからも長い時間帯、連日の家族との連係プレー、あらゆる面で「チームワーク」が心に残る出来事であった。

・団結の 力希望の 気が弾む
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-29 18:35 | Trackback | Comments(0)
岬高校2年生廊下に貼られたメッセージから
NO9「心」
しょっちゅう鏡を見てメイクや髪型を気にしているけど・・・、
心も磨いていますか?外見的なものは年と共に衰えていきますし、チョットしたことで簡単に失われたりします。でも!

素直に謝れる心、小さな事に感謝できる心、
思いやりの心・・・、

外見を突き破って大きく咲く、心の花はあなたの人間としての魅力になります。
2学年

f0053885_19395914.jpg

心とは何か?哲学的で“これが心だ!”と言う回答は、目に見ないから分らないものです。
ある宴席で講師の大学の先生と下記の問答をした記憶がある
先生:“心は何処にあると思うか?”と名指しで質問が来た
私 :“ここら辺りかな?” 心臓辺りを手で押さえる
先生:“NO!”と答えが返ってきた
私 :“何処ですか?”
先生:“貴方と私の間にあるんだ”と言われた
つまり、対人関係によって生まれる幸福感?と私は理解した。

メッセージの「謝れる心」「感謝の心」「思い遣る心」・・
咲かせた花は、魅力となり幸福に通じると言う事でしょうか

・良い友と 出会い心も 丸くなる
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-28 19:40 | Trackback | Comments(0)
12月27日(月)
岬高校2年生廊下に貼られたメッセージから
NO8「バランス」

片足で立ってみてください。
不安定でぐらぐらしますね?

あなたは「遊ぶ」という片足で立っていませんか?
「遊ぶ」「勉強」の両足でしっかり立ちましょう。
2年生

f0053885_1158537.jpg


現役時代には、よく「バランス感覚」が良し悪しの話があった。社会に出れば対人関係の大切なことは言うまでも無い、コミュニケーションの上手な人は、他人の意見も理解しながら自分の意見も言えるバランスがあるからです。
私事ではあるが、定年後のNPO法人まちづくり岬や他団体名の名刺には、役職をコーディネーター(調整役)としている。色々な意味でバランス感覚を忘れないようにとの思いからである。

国会議員の中には、バッジを付けると「バランス感覚」が狂う方が多い様だ。国民の声が軽くなり党利党略や金のウエートが重くなり、片足状態だから失言や言訳に終始する事に成る。本来為すべき国の内外の課題に、国の幸福を考えたバランス感覚で取組んで貰いたいものである。

・剪定も 切るバランスで 生きてくる
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-27 11:58 | Trackback | Comments(0)

中孝子地域集会にて

12月25日(土)
今日は中孝子地域の「地元支援者の集い」(17時~)に参加する。今年一番の寒さで小雪が舞う中を、マイカーを止めてバス~電車で孝子の集会所に行く。
既に会場を囲むように並べられた椅子、笹竹を飾ったテーブル、マンドリンギタークラブ(代表・木村和子)のメンバー5人の方が、フリーで音楽を奏でながら待機中であった。
f0053885_952766.jpg

定刻になると加藤区長の紹介で、マンドリンギタークラブによる演奏会がスタートした。箱根八里~出船~百万本のバラ~愛燦燦~・・、全て歌えそうな歌だが歌詞が口に出て来ない、所々で口ずさみながら美しい音色を聞くと、寒さも忘れるほど心を和ませてくれる。年の暮れはベートーベンの第九だと言われるが、本日の集会雰囲気には憎い演出であった。
f0053885_96254.jpg

里山クラブを代表するかたちでお招き頂いた3人(岡田、徐、渡辺)に、地域の新旧役員メンバーの方々との交流が始まった。私は先の里山への招待参加の方々や顔見知りの前区長や民生委員の方々との交流を中心に、これからの前向きな話しや我々の「大人の林間学校」の話をして回る、川沿いの風情ある風景、人情豊かな地域の方々、残したい休校中の小学校等々、其々に嬉しそうに次々と会話が弾んだ。結局は中締め後も会話が続き1時間のオーバータイムとなったが、良い交流の機会を頂いた事に感謝しながら・・・帰宅と成る。

・里山が 結んだ地域 との絆
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-26 09:06 | Trackback | Comments(0)
12月24日(金)
岬高校2年生廊下に貼られたメッセージから
NO7「ありがとうの気持ち」

人って、ひとりで生きているわけじゃない。
いろんな人に、助けられ、見守られ、
たくさんの「あなたを思う心」があって、
今、ここにあなたがいる
だからこそ・・・・・
充実した毎日を送って欲しい。
それが思いに応えるということ。

あなたが自分らしくあるために、
何がしたいか、何になりたいか、
しっかり自分と対話しよう。
2学年

f0053885_197302.jpg

今日は里山の餅つき兼忘年会で有ったが、急遽、女房のアッシー君で和歌山労災病院に行く。検査結果は心配するほどの事も無く、少々運動不足のようである。待合室でお隣のおばあちゃんが付き添いの娘さんを前に“若い者にお世話に成って!”とお話しされ、女房が“順番ですから・・”と声を返したそうだが、女房の母親も里暮らしだが同様の言葉が良く出る。社会経験を積上げた事で自然と感謝の言葉は身に付いたのでしょうが、平素からの心掛けも大切なことなのでしょう。

以前にブログに書いたと記憶する一句がある。
・ありがとう たった五文字の いい言葉  俶子
“ありがとう”この五文字には、対人への感謝・自分への幸福感が凝縮されている様な気がしますが、そう言う私も歳を取ったのでしょう。

・ありがとう この一言が 丸くする
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-24 19:07 | Trackback | Comments(0)
12月23日(祭)
岬高校2年生廊下に張り出されたメッセージから・・
NO6「やる気」
「やる気でえへん・・しんどいわ・・」と思っていても、
そう簡単に自然にやる気はでてこない、
やる気のないままでいると、
せっかくのチャンスも逃げてしまう。
元気の出る大好きなものを探そう!集めよう!
大好きな音楽、見たい映画!行きたい場所!
会いたい人・・・。
今、みんなはそれを探す時間がたくさんある。
そこになりたい未来の自分の「ヒント」がきっとあるよ。
2学年

f0053885_1962497.jpg

やる気でえへん時あるはな~、しんどい時あるはな~。“モチベーションを上げる”と良く使われるが、シニアの私には最初は意味が分らなかった。調べてみると、単に“やる気を出す”とか“元気をだす”では無いらしい、目的を持って遣る事だそうだ。
先ずは遣りたい事を選ぶ~目的を持つ~目的に向っての段取りを組む~実行する。
若い頃には良く一人で山に行った、行く山を決めると調べて行程(山頂までの時間割)を組んだ、そして時間通りに山頂に立った時の爽快感が、その後の仕事にも生きてきた様に思う。
今でも前向きな気持ちを失わずに遣れる要因でもあろうと、自分勝手に思うし次第である。

・目標が 止まるとやる気 まで消える
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-23 19:06 | Trackback | Comments(0)
12月22日(水)
岬高校2年生廊下に張り出されたメッセージから・・
NO5「家族」
「家族」は大事です。「家族」が笑っていれば、
いろんな疲れが吹き飛んでいきます。
未来の自分が持つ「家族」を考えよう。将来、
自分の仕事、能力で「家族」を養うことになります。
想像してください。
未来の家族は笑っていますか?
未来の家族のために、真剣に「進路」を考えよう。
2学年

f0053885_17192464.jpg

私の生まれた家族は祖父母に父母に姉妹2人・兄弟6人で合計=12人の大家族であった。農業だったので農繁期は家族ぐるみで働いた。姉二人とは10歳と8歳の歳の差があり余り遊んだ記憶は無いが、兄弟は近所でも評判の仲良しだった。兄の古着は順送りでたまに新品を着ると嬉しかったものだが、今では殆どの古着は使い捨ての時代に成りにけり。祖父は話好きで本ではなく昔話を語ってくれた、父親は働き者で母親は何時もニコニコ見守ってくれた・・。思い出話をすれば切りが無いが・・・時代は大きく変わった。大家族から核家族化へと変遷する中で、時代に合わせた対応も要るが、良い面は大切にしなければならぬ。

・核家族 時代の流れに 溺れまい
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-22 17:19 | Trackback | Comments(0)
12月21日(火)
岬高校2年生廊下に張り出されたメッセージから・・
NO4「情報は未来への第一歩」
情報には、将来への秘めたる力を持っています。
それは、みんなのイマジネーション(想像力)をフルに働かし、パソコンの中で自由な世界を作り出すことができます。
その世界を仕事に生かすこともできます。また、まったく新しい仕事のスタイルを作り出すこともできます。
あなたも新しい第一歩を踏み出しませんか?

情報の資格は「未来への第一歩」資格を取り、次のステージに進もうではありませんか!
2年生

f0053885_17374919.jpg

私が高校生の頃の情報は、せいぜい新聞やラジオによるものだったが、今ではテレビのように画像による情報、電話も携帯電話になり、パソコンによる情報はあっと言う間に地球の裏側まで届く時代に成った、良い様な悪い様な難しい時代となり、我々高齢者には付いて行けない時代に成ったが、これからどの様に進化するのか想像もつかない。
「情報は未来への第一歩」これからの社会では必須項目なのでしょうが、一歩間違えば恐い時代に成ったものである。私たち昔人間を育ててくれた頃の、ゆっくりした平和な社会は何処に行ったのか?気になるこの頃である。

・童謡に 出てくる平和 カムバック
[PR]
by nabesada98 | 2010-12-21 17:31 | Trackback | Comments(0)