社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2011年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

5月31日(火)
数日前から梅雨入り?台風2号の影響で大雨に強風注意報!ややこしい天候に心配した本日の取組であったが、正に五月晴れ(旧暦で梅雨の晴れ間を言う)で天候にも恵まれた1日であった。
本日は福井県で有数の進学校・武生高校OB関西支局の関係者24名である。遠路はるばる滋賀県、神戸市、奈良市からの参加者もありました。受付を終えて10時からのスタートとなり、朝礼から即1時間目の授業に入る。
f0053885_2172324.jpg
1時間目:徐講師の「坂の上の雲」から見た現在の日本は、海に囲まれた島国だから国を守る意識の無い国である事、学校教育では古代文明は教えるが時代変化激しい近代歴史は教えない不思議な国である事、未だに非武装中立的な夢物語を語る方々がある等々、多くの問題点を挙げて分かり易く解説する。
防衛意識の無い現在の政界や教育を、司馬遼太郎はどんな思いで見ておられるのであろうか?と思いつつ・・。
f0053885_218178.jpg

2時間目は西台講師「音楽の時間」である。全部で8曲(海~ミカンの花咲く頃~七つの子~夕焼・小焼け~牧場の朝~休憩~月の砂漠~トンガリ帽子~高校三年生)休憩の合間では“おもしろ川柳”“つもり十ヶ条”を話する。皆さん“懐かしいな~”言いながらよく声が出ていました。昔を思い出す歌の力をつくづく思う。
f0053885_2184234.jpg

校庭に集合して孝子の森へ!途中では徐講師の草花の話で何度も道草、所々では卯の花を見物しながら広場に到着~昼食へ、山の新鮮な空気に味噌汁つき昼食は格別美味い。
f0053885_2192769.jpg

~青空教室では“夏は来ぬ”の歌詞の意味を徐講師が解説、“卯の花のにおう垣根に・・♯”良い匂いにする花だと思う方が多いが、実際には匂わない・・本当の漢字は「丹秀ふ」と書き・・色があざやかに映えている事・・等々。話を終えると、未だ咲き誇る卯の花に囲まれて歌を合唱。
f0053885_21112736.jpg

~里山尾根コース散策は約30分・・深緑映える風景・・切り開かれた里山・・展望台からは淡路島や瀬戸内海が・・全員参加で良い汗をかいて広場へと下山・・
f0053885_21193948.jpg
和歌山大学の学生グループと引率の養父先生(武生には良く行かれる)との交流・・コーヒー&焼きたてピザの時間はホッとする一時である。
f0053885_2112051.jpg

~工作の「ミニ七夕」は“本当に久しぶりに若返った思いだ~”と楽しそうに短冊に向い姿がある、“元気で頑張れますように”など健康を祈願される文面が目に付いた。最後に武生高校校歌を全員で合唱、元気で張りのある声が山に響く、“楽しかった”“充実した内容だった”と喜んで頂いた声に、我々も今日一日の充実感を味わう。

・良く解る 話へ頷き ながら聞く
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-31 21:12 | Trackback | Comments(0)
5月30日(月)
f0053885_18202925.jpg明後日6月1日発行の季刊NO126「いこい」夏号に、「大人の林間学校」を紹介して頂きました。
「昔懐かしい木造校舎と自然の里山を活用して“故郷の学び”を体験」と、少し長いタイトルのようですが、私どもの取組を的確に表現してもらったと思います。近畿地区信用金庫協会が(春夏秋冬)号として発刊されている冊子で、近畿一円の信用金庫で配布されると聞いています。

内容は“頑張ってます”:NPO法人まちづくり岬・「大人の林間学校」
岬町の紹介~「大人の林間学校」コースのカリキュラム~参加者同士の交流~サポーターの尽力で和気藹々の姿を紹介、写真は孝子小学校の講堂での音楽風景、昼食をした竹屋根の山小屋、毎回充実した内容の野外教室の3点が入り、最後にはサポートする人たちの尽力と心意気が、魅力ある林間学校の運営に繋がると締め括られています。
f0053885_18191130.jpg

早速にインタービュー頂いた参加者には郵送、岬町役場には2部持参しました。頂いた部数には限度がありますので、関わりのある方々と関係先に配布予定をしております。

・掲載を され取組も 弾みそう
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-30 18:18 | Trackback | Comments(0)

水餃子づくり

5月29日(日)
昨日のそば打ち体験に続いて、本日は“ニラ水餃子づくり体験”を望海坂第2集会所にて行いました。師匠は同自治区に居住の施さん夫婦です。私は他の行事の打合せで遅れての参加であったが、皮作り~仕上げとチャレンジする、素人なりの出来栄えとしておきましょう。

○餃子の具財
・豚の挽肉を包丁でミンチにする
・朝取りのニラをみじん切りにする
・しょうが、紹興酒、醤油、ごま油、
・卵
f0053885_19342042.jpg

卵とニラは良く合うそうで、ミンチにした肉に調味料を加えて練り合わせる。
f0053885_19344167.jpg

○餃子の皮
・薄力粉と強力粉を1;1で混ぜる
・混ぜた粉に塩水を足し捏ねる
(昨日のそば打ちと同要領)
f0053885_19351424.jpg
・少し寝かせてから棒状に延ばす
・棒状→1個分にカット→手で平たくする
f0053885_19355825.jpg
f0053885_19361581.jpg

・1個分ずつ麺棒を使って薄く延ばす→皮の出来上がり
(本日は受講生なのでサイズの大小あり)

f0053885_19364043.jpg
○仕上げ
・餃子の皮を手に取って具財を適量入れる
f0053885_1937812.jpg

・外側から具財を巻き込むように包む
(皮の大小で仕上げもミニサイズからジャンボまであり)
f0053885_19373581.jpg

水餃子の汁は豆板醤、砂糖、醤油でしたが、大変美味しく頂きました。
“水餃子”の残り分は、“茹で餃子”にして“たれ”を付けて食す。
食べながらの交流は互に忌憚のない意見が出て有意義でした。

・手づくりと 言う喜びの 味が付き
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-29 19:37 | Trackback | Comments(0)

そば打ち体験

5月28日(土)
岬町望海坂自治区の“ふれあい喫茶”において、本日は100円喫茶と共に“そば打ち体験”の取組が行なわれた。雨降りでもありお客さんは少なかったが、そば打ちの手順を師匠・甲斐さんの指導で3人の方が挑戦されました。

・そば粉対つなぎの小麦粉の比率は8:2の割合で混ぜる
f0053885_2014614.jpg

・水を少しずつ入れて捏ねる(水の量は粉の基準あり)
・繰り返し捏ねて→芯の部分を盛り上げる
f0053885_2021422.jpg

・粉を撒いてから延ばしてゆく
・そば打ち棒で何度も延ばし
f0053885_2023285.jpg

・平たくなったら折りたたむ
・板を添えて適当なサイズで切って行く
f0053885_2025193.jpg

・人数分を熱湯に入れる
・麺が浮き上がって70秒?(タイムが鳴る)
f0053885_2031320.jpg
・取り出して氷水に浸ける
・麺つゆと薬味をセットで頂く
f0053885_2033247.jpg

ほぼ上記の行程で進んだようにチェック
そばの香りがして、シコシコとした食感も有って美味しく頂きました。
食べながら、早速に「ソバ打ち会」を立ち上げて月1回取組もうと話が盛り上がり、実現して行きそうな雰囲気です。

・そば打ちの 体験にふれ 湧く意欲
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-28 19:47 | Trackback | Comments(0)

卯の花の季節

5月27日(金)
卯の花の におう垣根に ♯
時鳥 早も来なきて ♪♪
忍音もらす 夏は来ぬ
f0053885_20394142.jpg

孝子の森に今年も卯の花のシーズンがやってきました。場所によって多少開花日は違うようだが、今は孝子の森広場周辺が満開である。
“卯の花の におう垣根に・・”良い匂いがする花と勘違いされる方が多いようだが、本来は丹秀ふ(にほう)と記して色鮮やかに映えている事を言うそうだ。林間学校では名物講師・徐氏に毎年解説してもらい、この歌を合唱するのが恒例になっており、意味に納得されて唄う姿がある。卯の花の時期に今年は4回取組の予定である、将来は“卯の花祭”とは如何なものかな?・・。
f0053885_2040582.jpg

本日は「みさき里山クラブ」の活動日であるが、生憎と雨が降ったり止んだりである。他用もあって昼前に広場に行く、私も久しぶりに草刈機で作業をしてから、岬高校1年生の「山海人プロジェクト」担当の先生を迎えに孝子小学校へ~客山コース~展望台~21年度岬高校植林後~広場へ、広場では里山保全活動の打合せを行う。里山には2クラスが参加して、上記コースで広場まで山歩き(ペットボトルで水を運ぶ)~広場にて集合~スコップで穴掘り~植林(15本*2クラス)~丸太切り~下山予定である。

・卯の花へ つい口ずさむ 夏は来ぬ
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-27 20:40 | Trackback | Comments(0)

岬高校・菜種収穫

5月26日(木)
岬高校「山海人プロジェクト」の休耕田活動として、担当の峯近教頭、武田先生と2年生有志7名に地域のサポーター4名で、「観賞用菜の花」の種取り作業を行った。観賞用菜の花は見てもらえる様に国道26号線に近く、信号が止まればゆっくりと観賞できた場所であるが、駐車場所が無いので近くまで行って見られた方は少なかったかも・・。仕事は大人数と言うが揃うと流石に早い、前回の食用の菜種は5kgであったが、今回はそれ以上の収穫量を予想する。
f0053885_19551563.jpg
f0053885_1955377.jpg


今回の高校2年生有志は女子生徒7名、“頑張ろう”と言う気持ちがあったので、野良仕事は不慣れなので手早いとは言えないが、約1時間30分の間ほとんど休憩なしに頑張ってくれた。良く笑う子あり良く喋る子あり、楽しく作業出来たようだ、最後には清水さんから玉葱を、見先さんと一緒に作ったソラマメを、セットにして「頑張ったで賞」をご褒美とした。

・校外の 作業で生徒 伸びてゆく
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-26 19:55 | Trackback | Comments(0)

会議&会議

5月25日(水)
午前中は高校支援活動~午後は「岬まほろば会」~岬高校「山海人プロジェクト」~「岬町観光ボランティア」へと会議が続く。
f0053885_2115750.jpg

岬まほろば会:
より良い町づくりを目指して様々な意見は出ている、具体化までには時間が懸かりそうな中、女性メンバーの声で「まほろばレディ」が、高齢者を対象にした「ボタン付けなどのボランティア」を、6月度から開始予定されている。先月は欠席していたので、詳細は不明だが何事も実行が大事であり、暫し結果を見守りたく思う。他にも提案事項は多々有る様子でしたが、中座して次なる会議へと移動する。

岬高校「山海人プロジェクト」:
岬高校の先生方は前向きである、今年も地域との連携で山と川と海で人づくりをやろうと、会議は昨年度の報告に続いて、すぐに部門別に分かれて打合せに入った。地域清掃活動、里山・竹林保全活動、休耕田活動(菜の花~コスモス)、海洋活動、福祉活動にプラスして、今年度は西稜古墳活動が追加された。
私は当初から里山保全活動に関わっており、今後も主体は里山でサポートする積もりだが、取組は全校一斉なので学年・クラスに分かれると、先生方もサポートする方も大変である、生徒の育成に通じるならば嬉しい事であるが・・。
長くなるので、岬町観光ボランティア会議は後報とします。
 
・まちづくり 皆繋がって いる会議
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-25 21:02 | Trackback | Comments(0)
5月24日(火)
岬町商工会議所にて「MISAKI観光サポート&特産品開発事業パートⅢ」の委員会に参加する。町内各戸に配布して特産品アイデアコンテストの募集をしましたところ、参加頂いた方が11名で、岬弁当部門9品目・土産物部門が7品目あり、厳正審査の結果は下記の通りと致しました。
・岬弁当部門
最優秀:岬弁当(押し寿司にハートのカマボコをのせる)
優 秀:いかなごの掻揚げ丼
・土産物部門
最優秀:岬のおやき
優 秀:くぎ煮煎餅

f0053885_21281184.jpg出来るだけ早い機会に試作品を作って、商品化の可能性があれば、町内の販売できる先で販売したいものだ、各イベントや土曜市や林間学校等でも販売できれば、前向きに捉えて行きたいものである。
中華厨房「仁べ」ブログでは孝子小学校を物品販売所に・・、私は第2阪和道沿いに道の駅をと役場の会議で何度も話したが・・、ビジョンのない行政は身近な事で四苦八苦している。町の将来像に必要投資は発展と活性化に繋がることを勉強して欲しいものだ。

・この町の 土産は? では困る

中華厨房「仁べ」:http://jjinbe.exblog.jp/14827326/
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-24 21:26 | Trackback | Comments(0)
5月23日(月)
昨日の午前中は、岬町・淡輪地区を流れている「番川を守る会」の総会が行われ参加する。昨年度の活動報告・会計報告~本年度の活動計画・予算案が採択される。
番川は飯盛山や立札山の麓から流れ来る川で、運ばれた土砂がこの地域を作った川であるが、堆積した砂地には流れ来た草花やゴミ類がたまる。年数回の清掃活動を行う団体として「番川を守る会」が発足して、今年で4年目を迎えた事になる。今では地域の自治区や港湾局、岬高校の参加協力もある。
f0053885_20404835.jpg

昼から箕面市~吹田市~本日岬町へ、吹田に行く途中には大阪市浪速区・芦原橋にある「リバティおおさか」に立寄る。大阪府教育委員会事務局・文化財保護課の要望で、元気な高齢者の写真が欲しいと、大阪府庁の高齢介護室に依頼があり「大人の林間学校」の名前が上ったらしく、アクティブシニアの展示会打合せ時に打診があり、持参した活動記録の中より2枚が展示中との事で立寄る
f0053885_2041225.jpg

f0053885_20413635.jpg

時間が余り無いので他の展示物を見る余裕は無く、展示場所と写真確認だけになった。
「リバティおおさか」(人権博物館)の趣旨は、色々な種類の人権問題が取上げて居られ、大阪の人権教育としての展示や体験のできる場所だと見受けた。「大人の林間・臨海学校」と直接的な結び付きがある訳ではないが、高齢者の交流の場として紹介されていた。何処の博物館も一緒だが見学者が少ない事(団体見学はある様だが、本日はたまたまか?)、イメージがもう少し明るくならないものか?そんな思いで博物館を後にしたが、今度来る時はゆっくり時間を取るようにしよう!

・何よりも 元気な笑顔 見る展示
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-23 20:41 | Trackback | Comments(0)

岬コールアゼリア

5月21日(土)
昼から泉佐野市の泉の森ホールに「岬コールアゼリア」30周年記念“花咲けコンサート”に女房同行で行く、開場前には行列が出来ており、並んでいると遠路岬町から来られた方々の顔も多く、開演時間にはほぼ満席となる。
f0053885_643356.jpg

第一ステージは26歳と言う若さで生涯を閉じた幻の童謡詩人・金子みすヾ作詞のコーラスからはじまる。
第二ステージは外国のアカペラ曲でコーラスの奥深さをじっくりと聴く。
第三ステージは弦楽による演奏である、知っている曲には近親感を思いつつ聞き惚れる。
第四ステージの合唱劇「モーツアルトの生涯」を、歌と演劇のストーリーをコミカルに演じられ、会場は笑いと拍手で大いに盛り上がった。
f0053885_64445.jpg

淡輪小学校のPTAからスタートして30年だそうだ、失礼ながら平均年齢もそこそこでしょうが、繰り返しの練習の中から見事に纏められたものである。招待状を頂いた辻さん、長田さんも上手に演じておられ、中でも演劇部門ではそれぞれが役になりきり、本当に楽しく見学させて貰い大きな拍手を送らせて頂きました。

・積み重ね 歌と演技の 晴れ舞台
[PR]
by nabesada98 | 2011-05-22 06:44 | Trackback | Comments(0)