社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2011年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

たより発送

7月31日(日)
「大人の林間学校だより」4号を今年の参加者を中心に、今月中を目標に何度かに分けてメール便にて発送する。先に配送した方からは近況メールを頂いた方もある。嬉しい事に数人の方からは9月度「林間・臨海学校」や10月度「林間学校」の申し込み打診も有り、元気な顔を見せて頂く事を願っている。

この所の岬町は、雨が降りそうで降らない日が続く、7月25日に岬高校のコスモス畑に種蒔きや苗を植えたが、水不足が気になり行くと乾いて地割れしているところもある。
f0053885_1824494.jpg
それでも夏に育つコスモスは強くしっかりと芽を出している。もともと乾燥した土地に育つ花なので水遣りは要らぬ筈だが、一応は準備して行ったのでバケツを両手に持って、近くの池から10往復(20杯分)をジョロに移し変えて水遣りをした。元気に育ってくれたら良いが・・。

・便り出す 返信文に 見る元気
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-31 18:24 | Trackback | Comments(0)

準備

7月29日(金)
来週は故郷に義母の見舞いも兼ねて帰省の予定である。
f0053885_20552844.jpgその間8月5日に青少年海洋センターが募集した臨海林間学校の生徒たちが里山に来る事になっている。予定では「孝子の森広場」を中心に、山の散策~カレーライスやピザを作る~山遊びであるが、それにペーパークラフト作業の要望があり、担当者に作業工程を教えて「ストロートンボ」「牛乳パックコマ」「紙ストラップ」を下準備する。

昼からは商工会担当者と“頑張るアナタを応援します”経営診断士さんの訪問があり、NPO法人まちづくり岬の取組として「大人の林間学校」や「学校支援活動」「草刈活動」等を説明して、法人としての地域に於ける役割について幅広く意見を交換する。無償の取組なら幾らでも要望は聞いて居るが、活動費とのバランスや助成事業としての役所の方向性がいる旨を話しする。

・身の丈の 範囲で地域 との絆
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-29 20:55 | Trackback | Comments(0)

病院で

7月28日(木)
f0053885_19413830.jpg通常の作業には全く支障は無いのですが、手の上げ下ろしをするに左肩の痛みが取れず、久しぶりに病院(あいクリニック)に行く、数年前にある行事での事、手伝う人手が足りずに無理をしたのが原因の様には思いますが、
以来年に数回こうした現象が有り、肩の筋が伸びたり捩れたりなら困るが・・そんな思いがあり、レントゲンとリハリビを受ける。今日は筋肉を和らげる注射と按摩をして帰宅する。

待合室では、毎度の事ながら必ず知り合いの方に出会います、同じ様な年代が多い事と地域活動の関係であろう。本日も里山の関係で中孝子の男性と里海公園で活動されている女性と会話しました。病院の待合室は良い意味での交流の場でもありますが、帰ったら女房には“大きな声で話したのでは?”心配を掛けております。

夕方に掛けて、町内で「大人の林間学校」本年度個人参加者で、家の分かっている方には「林間学校だより」4号を配布して回る、分からない方にはメール便で送る。町内施設では社協に持参済みで、明日には他の施設に持参の予定である。

・林間で 出会いの温もり 守りつつ
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-28 19:41 | Trackback | Comments(0)
7月27日(水)
岬町深日にあるアップル館にて、阪南市の石田さんにサポートしてもらい「なべさだの工作教室」を開催する。
当初の予定では20名ぐらい?と読んでいた人数が、嬉しい事に30名の参加者がありました。少人数の場合は全部で5点作る準備をしていたが、多人数だと如何してもスローペースになり、下記の3点にて終了とさせて頂いた。
f0053885_21402298.jpg

1、折り方の手順を教えながら「紙飛行機」を作る
コピー用紙に①~⑨まで、折り方の手順を番号順に「やまおり」「たにおり」「もどす」と折って行けば、良く飛ぶ紙飛行機の出来上がりである、最後にみんなで飛ばし合いをしました。

2、「鳴き蛙」石田さんに依頼する
f0053885_21405884.jpg①カタガミに蛙の顔を書く
②紙コップに底と横2箇所に穴あけ(3箇所)
③ストロー3個を紙コップの穴に入れる(横穴から入れたストローは折る)
④コップの中で3個のストローをセロテープで束ねる
⑤束ねた箇所に顔を貼り付ける
⑤左右に伸びたストローに手をつける
⑥底に伸びたストローを上下に弾けば蛙が鳴く
イラストで示せば分かり易いが、手順を文面で説明するのは難しいものだ。

3、ストロートンボ
形に切った牛乳パック→好きな模様や絵を描く→半分に折る→折り畳んだ処の切込みをストローで挟む→挟んだ箇所をセロテープで止める→内側を少し斜めに折る→飛ばす(毎度子供達には大好評である)

他に「牛乳パックで作るコマ」「広告で作るストラップ」を見本として
展示していたが、時間の関係で又の機会とさせて頂いた。
f0053885_21421624.jpg

終了後~孝子の森にて青少年海洋センター取組の打ち合わせ(工作の相談)~泉佐野へ

・手づくりの おもちゃ仕上げて 笑みの顔
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-27 21:42 | Trackback | Comments(0)
7月26日(火)
PM7時~岬町の観光ボランティアの定例会に参加する
岬町「夕陽」と「ウミホタル」を観る会の打合せを行う
詳細は「岬だより」8月で広報される予定であるが
主な内容は下記の通りである

とき:8月27日(土)PM6:00~雨天中止f0053885_21311015.jpg
集合場所:淡輪駅前
行程:淡輪駅(集合)→黒崎の浜(夕陽鑑賞)→御旅所→里海公園(ウミホタル観察)午後8時30分ごろ解散
参加費:300円(保険・資料代)
申込み:役場・産業振興課・℡492-2749

観察要領等については、水産技術センターと打合せ中で、8月23日には現地にて、観光協会メンバーと行程に沿って確認の予定である。
岬町は「夕陽百選」に選ばれし町であり、「ウミホタル」も大阪府下では、里海公園が最も生息条件の揃った場所であろう。
9月17日(土)にはせんなん里海公園「潮騒ビバレー」でも、ウミホタル観察会が予定されております。
ウミホタルの幻想的な光りは、良い機会ですので是非観て頂きたいものであります。

・ウミホタル 刺激へ幻想 的光り
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-26 21:31 | Trackback | Comments(0)
7月25日(月)
岬高校「山海人プロジェクト」~菜の花畑~コスモス畑へ、本日は夏休みになったので、ボランティア活動の生徒に声掛けされたそうだが、クラブ活動との重複が有った様なので、先生たちとコスモス畑の間引き苗の移植と残り分の種蒔きを行った。
f0053885_2019358.jpg

7月18日「花の町」ブログで報告したコスモスの種が早くも芽を出していた、苗が重なった箇所は間引きをし、別の場所に移植して作業を終える。種蒔き時の土の深さ加減もあって、全体に芽の出具合は未だ少ないようである。「花の町ブログ」:http://nabesada.exblog.jp/16291844/
f0053885_20195934.jpg
全体に菜の花のこぼれ種が芽を出しており、菜の花とコスモスの小さな苗が競争するように育っている、菜の花は夏の暑さには耐えられないだろうが、コスモス同様に様子を見守る事としよう。
本日の作業は先生3名とサポートメンバー3名でした。
 
・コスモスの 種も秋へと 動き出す
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-25 20:21 | Trackback | Comments(0)

国会議員さんと

7月24日(日)
f0053885_230271.jpg昨日、熊取町に向かう途中、Kさんからの電話で長安たかし国会議員と面会の話があり、本日10時前に泉佐野市の事務所を訪問する。
先ずはNPO法人まちづくり岬の取組として、「大人の林間学校だより」持参し概略説明と昨年はNHK「おはよう日本」で紹介されたこと、学校支援活動として岬高校「山海人プロジェクト」のサポートの事などを説明。

岬町に於ける気になる問題点として、第二阪和道延長工事に「道の駅」スペース確保の件、道路の新規事業計画には、目的として渋滞緩和と共に地域の活性化が在る、淡輪ランプが出来てから望海坂近辺にあるコンビニ客の激減を事例に、現状のままの進行なら町が沈滞化する可能性を危惧している、国土交通省として一考を依頼する。私の個人的な希望としては、本線沿いの眺望の良い場所、無理なら望海坂3丁目の宅地は、積水ハウスも住宅として手を付けてない場所がある。
町長と相談の上で考えたい旨の話があった。

御多忙中では在るが、土取り跡地企業誘致の現状、大震災後の国の政治対応の問題等々、ざっくばらんにお話させて頂いた。

・脱原発 電力不足で 脱日本
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-24 23:00 | Trackback | Comments(0)

多奈川・サマーフェスタ

7月23日(土)
土曜朝市~自治区ふれあい喫茶~多奈川小学校サマーフェスタ~熊取町へ
f0053885_222192.jpg

ふれあい喫茶では室内用ゲートボールを使ったビンゴが行われた。小さな子供から高齢者まで初体験者ばかりだが、上手な方もあれば私の様に下手も有り、遣る人と応援する人が和気藹々、コーヒーを飲みながら良い雰囲気であった。
f0053885_222527.jpg

f0053885_2264981.jpg
多奈川小学校サマーフェスタは石田さんや新野さんの協力も頂いて、5品目を準備したが、実質「鳴き蛙」「お散歩カニ」「ストロートンボ」が人気で、バリバリヒコーキ、手折りヒコーキは合間に少し教えた程度となった。幼稚園児や小学低学年が父兄と次々と来られて、結構多忙な「おもちゃづくり」となった。
f0053885_2245918.jpg

殆ど他の取組(主に売店)には参加できずだが、急遽カメラを持って一回りしてみると、各コーナーも賑っていた様子である。5時前に仕舞い終えた頃には、地域の盆踊りが始まっており、大人が子供達の手を取って教えながら踊る、子供達が懸命に歌い踊る姿の中に、「地域が子供を育てる」言葉だけではなく、我々年代を育ててくれた昔の雰囲気を感じた。

・手づくりの おもちゃへ昔の 知恵が生き
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-23 22:05 | Trackback | Comments(0)

岬町・ボックスショップ

7月22日(金)
岬町商工会議所がみさき公園駅前に設置のアンテナショップ展示事業に、NPO法人まちづくり岬の取組より「大人の林間学校だより」第4号を持参展示する。岬町の地域活性化事業の一環として、会社案内や新製品等をボックスによる展示紹介の場所である。
f0053885_2112835.jpg

夏休みに入りみさき公園には家族連れのお客さんもある、岬町を知ってもらうには良い機会ではあるが、果たして興味を持って覗いて下さる方が何人有るか?規模も小さく初めてのことでも有り、期待は半分程度としておこう。
f0053885_2121338.jpg

開催展示期間:7月23日(土)~7月29日(金)
参加事業所数:31業者
展示ボックス:30㎝×30㎝×奥行27㎝
機会があれば一度は覗いて見ては如何でしょうか、町の知らなかった事業所も有ります。
f0053885_2124687.jpg

昨年のみさき市場の参加者は33名、今回のボックスショップ展示は31事業所、声掛けしたら参加者はある、町おこしの事業企画をつくり実行をするする事、活気のあるまちづくり事例は沢山ある。
財政難・財政難・財政難・・・と、お題目を唱えても前には進まぬが・・・。

・町おこし 前に向かねば 弾まない
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-22 21:01 | Trackback | Comments(0)

終業式/9月の予定

7月21日(木)
台風6号による暴風警報の影響で、学校の終業式が昨日から今日になる。下校見守りで子供達を迎えながら“成績表良かった?”子供達に聞いて見ると、ニコニコ顔で頷く姿もあればランドセルから成績表を出して、嬉しそうに見せる子供達も有る。私の頃は他人に成績表を見せた記憶は無いが、時代が変った一面であろうか。
f0053885_191146100.jpg

青少年海洋センターにて、9月度の「大人の林間・臨海学校」の打合せ要望が有り伺う、昨年・一昨年と秋の取組は貸切状況で有ったが、今年は学校生徒100人の団体と一緒となり取組内容の確認となる。9月20日は山の取組~海洋センターへ、センターでは浮き桟橋での魚釣り~バーベキュー~ウミホタル鑑賞~風呂~就寝。翌日はラジオ体操~海辺散策~クルージング・カヌー又はカッターとして対応の予定とした。参加者人数との兼ね合いで進めている話も有るが、今は内々として置こう。

・その昔 比較しながら 今を見る
[PR]
by nabesada98 | 2011-07-21 19:11 | Trackback | Comments(0)