社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2011年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

年の暮に

12月31日(金)
今年は東日本大震災をはじめ厳しい年であった
あの恐ろしい津波の映像は生涯忘れる事は無いであろう
小雪散る寒さの中での捜索や避難生活を思うと堪らない気持ちになる。
あれから10ヶ月経過するが、瓦礫処理が余り進まぬと聞くと気が思い
近年、自己中心的な欧米文化に押されて失われていた「絆」が
震災を機に再認識されたことは嬉しいことであり
今後も見失わないようにしたいものだと思う

・被災地の 傷癒えぬまま 年の暮
f0053885_7484216.jpg

今年の私たちの活動を振り返ると色々な事がありました。
「大人の林間学校」では
4月は孝子小学校と里山から桜見学ツアーで理智院へ行く
4月末の林間・臨海学校は雨の間隙を縫って孝子の森→
筍狩り→海洋センターへ、山と海の楽しい二日間であった
6月度は「卯の花」の候でもあり、2組の団体参加を受ける
大阪高齢者大学校のインターシップ研修にも活用いただいた
6月度定例の「林間学校」は雨で校舎内での授業であったが
幸い参加者からは、面白くて楽しい1日と好評であった
9月の「林間・臨海学校」は台風15号直撃で止む無く中止とする
連携はグループ参加も多くスムースに伝わったが中止は残念!
10月は雨予報で山の散策を午前に、午後は小学校で授業とした
11月は紅葉には少し早いが、散策と蔓編教室は好評であった

青少年支援活動では、
地元の岬高校とは今年も1年生を春・秋と2回に分けて孝子の森に迎える。高校とは休耕田で菜の花~コスモスへと花畑の管理も行ってきました。
府立青少年海洋センターとの交流では、子供達の林間サポート活動を行う。
地域活動では「おもちゃづくり」を小学校やアップル館で行いました。
こうした取組を通して、今後も青少年の育成活動を前向きにサポートして行きたいと考えております。

・活動記録 読んで今後の 道標
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-31 07:48 | Trackback | Comments(0)

道の駅から

12月29日(木)
昨日の川柳会・宿題「駅」の中には「道の駅」の句があった。f0053885_2193454.jpg
道路沿いに作られる休憩所であるが、地域の産物や工芸品・加工品などの販売を通して、活力ある地域づくりに貢献するものです。
・その土地の 顔覗かせる 道の駅   富美子
・道の駅 野菜果物 てんこ盛り    清 一

現在、泉南地域と和歌山を結ぶ第2阪和道路工事が進行中である、その道沿いの景観の良い場所に、道の駅が出来れば地域活性化に通じると、NPO法人立上げ時に事例として話した記憶がある。
本年1月14日(ブログ記入http://nabesada.exblog.jp/15332846/)町の都市計画会議で打診したが反応が薄く、
今年の7月24日(ブログ記入http://nabesada.exblog.jp/16321443/)には、長安たかし国会議員の事務所を訪ねて話した。その折には町長と相談する旨の返事で有ったが、どうなったのか?噂ではチョット動きがある?機会があったら確かめたく思うが・・。
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-29 21:06 | Trackback | Comments(0)

岬川柳会12月「駅」より

12月28日(水)
f0053885_2110363.jpg岬川柳会・会報誌12月号の原稿をパソコンで作成する。私は今月も他の予定と重複して
欠席となったが、94歳の会長は元気で「駅」の選者をされたそうだ。
宿題「駅」より
駅には色々なドラマが有る、始発駅、終着駅、ローカル駅、無人駅、廃墟駅に、人によっては巡り合せの思い出の駅もありましょう。

駅と言えば多々思い出の駅はあるが、何故か昔の駅が多く浮かぶ中から、私が社会人のスタートを切った駅は、田舎町から大阪駅~阪急電車「南方駅」であった。今では地下鉄とも交差して、町の面影はすっかり変遷したが、当時の駅前は未だ地道で、水溜りを避けながら学生服で会社に向った面影は、懐かしい思い出である。

・ステーション 出合い別れも 発車する  峻史
・久方の 出合いときめく 始発駅     令子
・温みある ローカル線の 駅や人     茂平
・四季の花 生けて癒しの 無人駅     和香
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-28 21:11 | Trackback | Comments(0)

法務局と役場

12月27日(火)
f0053885_22241038.jpg商工会・阪本氏同行で大阪法務局岸和田支局へ、NPO法人まちづくり岬の平成23年年度事業報告書を提出する。これらの書類が3年間は大阪府にて閲覧に供されるが、法人としての公開の勤めとなる訳である。
事業報告、財産目録、貸借対照表、収支計算書、役員名簿、等々であるが、総会議事録の様に議事録署名人2名と合わせて、各ページの捺印の多さには何とか良い方法は無いものかと思う。

昼からは同書類を岬町役場に持参すると、関係課長は今日も会議中である。“今日も会議!?”呼び出すほどの用件ではないが、時に役場に行くと会議の多さに疑問符?
多すぎないかと思うときがある。
私の現役時代は貧乏な中小企業だったので、会議は始業前の早朝会議(無償)が定例で月2回、勤務時間内に会議をする事は無かった。自主参加の会議として進行役だったが、それが定年後の活動に生きているのであろうか?

・役所とは 意は合わないが 丸く住み
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-27 22:20 | Trackback | Comments(0)

学校林からスタート

12月26日(月)
今日は風もあり小雪がちらつく寒い1日で有ったが、動いていれば苦になる寒さではない。
「孝子の森・展望台設置計画」が今日よりスタートする。先ずは建設材料の調達であるが、事前に話を進めていた淡輪小学校・学校林の檜・間伐材を活用するため、メンバー7人が車に分乗して学校林に到着する。
f0053885_21344739.jpg
f0053885_21363345.jpg

直に作業現場にて、間伐する檜に印を付ける~倒れる方向を決める~檜の上部と下部にロープを付けて倒す方向を固定する~檜をチェンソーで切断する~想定通りに倒す~枝を落とし3mにカット~車まで運ぶ。
f0053885_21353162.jpg
f0053885_2135522.jpg

午前中に6本~昼食~午後4本=合計10本を間伐したので、この作業を10回繰り返した事になる。

最終完成日が3月15日までと決っている関係もあり、主体となる4箇所の支柱は購入材料にして、本日の檜材は階段や欄干用に製材して使用の予定である。4本柱を原木で仕上げれば見栄えも良いのだが、山頂までの運搬は荷が重そうであり、無理の無い作業も大切なことであろうか。

予定通りスタートの号砲は鳴った、正味2ヶ月間は日時の経つのは早いが、目的が出来ると力倍増のメンバーだ、完成を夢見ながら・・・。

・目標が 出来ると活気 満つ仲間
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-26 21:36 | Trackback | Comments(0)

教会・クリスマス

12月25日(日)
今日はクリスマスである、イエス・キリストの聖誕祭と言うことですが、最近ではキリスト教に関係なく、子供達を中心にして各家庭では、ケーキを買って~ご馳走を作って~プレゼントを考えて、色々工夫してお祝いをされる所が多いようだ。
f0053885_2211298.jpg

クリスマス?定年二人暮らしの我が家では、いつの間にか遠い昔になっていたが、NPO法人の良き理解者である岬福音教会の司教さんが、クリスマスセレクションの招待状を我が家まで持参下さった事で、私だけでも出席させていただく事にした。恥ずかしながら71歳にして、教会でのクリスマス祭典には初参加である。
f0053885_22114436.jpg
f0053885_2212671.jpg

定刻の4時には次々と来訪者があり約80席?が埋る。宣教師さんの司会でスタート、シンガーソングライター日向かおるさんの紹介、東北にて寝袋生活で6回公演しての本日は、少々風邪気味と言うことだが歌声は流石にプロ、弾き語りも明るい雰囲気が会場を包む、最初に2曲~手づくりの会食~弾き語りを中心に歌って合唱して2時間が直に過ぎる。隣には阪南市の笠谷さん(林間学校・参加者)も居られて、話し相手もあり幸いであった。

引き続き藤田司教の聖書の一説を引いて、自分の事故体験や東日本大災害を事例に、神に見守られて居るお話をされ締めくくられた。
f0053885_2216068.jpg
最後に各人がキャンドルを手に
“清し この夜 星はひかり・・♯ ・・”を全員で2回合唱して終了となる。
f0053885_22184083.jpg

初体験の感想は・・宗教は違っても互いの交流には違和感はない、何事も協力し合える絆が大切な事であろうか。

・クリスマス 絆を温い 灯でともす
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-25 22:15 | Trackback | Comments(0)

里山・今年の終章

12月23日(祭)
f0053885_20532160.jpg
みさき里山クラブの忘年会が孝子の森広場で行われた。孝子小学校から歩いて上ると、周りの風景はすっかりと晩秋から冬へと向っている。
女性組(5名)はすぐに食事の支度へ、男性組(16名)は手分けして焚火、餅つき、焼き物(魚干物・肉物・等々)、寒さ防止に山小屋周りをシートで囲むなどの簡単な作業を交代で行う。
f0053885_2054349.jpg
f0053885_20544660.jpg

宴会は、11時50分頃から廣田代表の挨拶、岡田顧問の乾杯で賑やかに始まった。食材も焼肉(牛肉、猪肉、野菜)サラダ物、干物、漬物、餅、ソバ、豚汁・・など、酒を酌み交わしながらだが、私は余り飲まない・・ノンアルコールのみ・・。
f0053885_20551480.jpg
f0053885_20554661.jpg

少々冷え込んできた事もあり、逐次焚火周りへと移動が・・、里山、晩秋、煙り、焚火を囲んでの交流は絵になる雰囲気がある。
f0053885_20562593.jpg


1年を振り返れば「大人の林間学校」「孝子地域との交流会」「岬高校・山海人プロジェクト」「高石ジュニア」「青少年海洋センター」、遠くは愛知県日進市「のんびり村」との交流等々、無事故で忘年会が締め括られる事は何よりである。
来年度は一つの目標があり、良い仲間と益々の発展を願いながら・・。

・里山の 今年を終える 山けむり
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-23 20:56 | Trackback | Comments(0)

打合せと終業式と

12月22日(木)
f0053885_2181888.jpg今日で小学校~高校は2学期の終業式である。“時の経過の早さを感じる年になった!”
高校の先生と立話をすると、“私もそう感じますよ!”笑って答えられたが、寒くなり今日(冬至)のように日暮れが早いと、余計にそんな思いがする。

今日は朝9時半に役場にて「みさき里山クラブ」の廣田代表、岡田顧問と同席で、孝子の森・里山ふれあい事業に関して、展望台設置の実行前の打合せを行う。
・作業実行経過を写真等で記録として、逐次要望が有れば報告できる状況にする。(作業及び提出書類等が完了して、最終決済が下りるまでは経費は立替払いにて進行する)等々

一旦帰宅して、小学校の下校見守りに就く、今日は終業式で一斉下校だから賑やかに帰って来た。工作品や体操服?みんな手荷物が多い。1年生や2年生には重そうなカバンや袋もあったが、手を左右に持ち替えながら帰る姿も有った。

昼から、再度役場・教育委員会にて、来年度の「大人の林間学校」開校日の仮押えを依頼する。通常は3ヶ月前から先着順になっているが、岬町”ゆめ・みらい”事業と大阪ミュージアム登録の取組、町外イベント広報紙作成に必要な事、そんな関係で特別配慮申請をしている次第である。

・打合せ 約束事は しかと受け
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-22 21:05 | Trackback | Comments(0)
12月21日(水)
午後7時から岬町観光ボランティア協会の定例会に行く。f0053885_6284163.jpg
議題は
1、南泉州熊野街道リレーウォークについて
 岸和田市以南の8市町村が連携して、南泉州歴史街道リレーウォークの実施日程が決り、全地域の取組を「岬だより3月号」に広報の予定である。
岬町担当は2013年5月に「古墳めぐり」と題して、宇土墓古墳、西稜古墳を中心にした案内予定である。
2、今後の活動について
協会役員の確認と新任を決めて再スタートする。それでも行政担当者が人事異動するたびに、進みかけては後戻りの状況が続いて、数年前から進展せずである。
その間に平均年齢も上がった事もあり、新たに観光ボランティア講座を企画して、若い会員増を考える必要性が有ろうか。

私は「大人の林間学校」が岬の観光の一助の立場から、会員としての活動と連携をしているが、スピード感のなさには困ったものだと思いつつ、“深く静かに潜行中”と言ったところである。

・気がついて 見ればメンバー 古参組
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-21 21:44 | Trackback | Comments(0)

病院へ

12月20日(火)
f0053885_7191493.jpg午前中は我が家のボランティアで、垣根のキンマサキを2段で止めている竹を新しい竹に取り替えた、七夕イベント終了後に始末する竹を、必要分だけ頂いていたものである。リサイクルとは言いながら処分が早いときもあるが、適時活用する事も大切な筈である。

昼からは久し振りに借りている田圃畑に行ったが、相変わらず肩と肘が痛むので無理せず、高校の菜の花畑に立寄ってみると、畝いっぱいに小さな苗が芽を出している、時機を見て間引きを考えなければならない様だが・・・。

夕方から肩と肘の治療に病院に行く、今日は気分転換も兼ねて違う病院にて診察とリハリビを受ける、首の牽引とホットパット(20分)を行って、肘と肩をマッサージしてもらった。リハリビの行程はどこも同じ様なものだが、待ち時間が短いのが何よりも有り難い、現役時代は殆ど病院の世話にはならなかったが、・・・。

・古稀過ぎて みれば病院 との絆
[PR]
by nabesada98 | 2011-12-20 22:11 | Trackback | Comments(0)