社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2012年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

7月31日(火)
「大人の林間学校」第6号の発送準備に取り掛かる、参加いただいた礼状を書き添えて、本年度参加者と何時も参加して下さる方をピックアップし、A4の封筒の宛名は手書きとした。明日は50部ぐらい発送できそうであるが、出来るだけ持参して配布の予定である。

今日は「林間学校だより」に原稿を寄せていただいた岬町介護者家族の会「ほほえみ」会長中居幸子さんの記事を紹介します。
寝たきりの方々の介護は心身ともに大変な事であるが、介護者家族の会はそうした方々との連携で、安心して介護が続けられるように共に励ましあう組織です。毎月“オープンカフェ”の開催をしたり、「大人の林間学校」へは毎年団体参加いただいております。

ほほえみ 林間学校”に参加して    ほほえみ会長 中居 幸子    
f0053885_20581011.jpg

6月には、私達“ほほえみ”「岬町介護者家族の会」はNPO法人まちづくり岬の大人の林間学校に行きます。毎年、卯の花の咲く頃、孝子の里山へ行こうと楽しみにしています。何年か前には、90歳のほほえみ会員の方も参加し山頂まで登り、今でも最高齢の参加記録となっているそうです。
f0053885_20592453.jpg

さわやかな朝の空気の中、孝子小学校の講堂に入るとピアノの前に席が設けられ、朝礼の鐘の合図を懐かしく聞き、校長先生のお話・ラジオ体操・音楽会と続きました。子供の頃に戻り、大きな声で歌いました。
次に、教室に移り、小さな机と椅子に座り工作の時間。今年は、“うちわ作り”徐先生が準備して下さった真っ白なうちわに思い思いの色付けをし、それぞれの金魚が元気よく泳ぎ始めました。この夏は、省エネ・エコで乗り切るのに役立ちそうです。

さて、いよいよお待ちかねの里山へ。卯の花・笹ゆりと山の草花や木々に迎えられながら、ゆっくりと登って行きました。新しく設置された展望台「客山展望台」。訪れた子供達が展望台からの景色を見て「船が空を飛んでいる」といったそうです。その言葉通り目の前には、壮大な景色が広がっていました。

林間学校の体験は、毎回新しい発見と、自然との出会い、人との出会いの大切さを実感させてくれます。介護は自分自身が元気であってこそ出来る事であり、今回も沢山の元気を頂き、NPO法人まちづくり岬のスタッフの皆様に感謝しつつ帰路につきました。

「ほほえみ」の皆さんとは、何時も笑顔で対応していただき、会えばこちらもやさしい顔に為ります。

・里山で 会えばやさしい 顔になる
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-31 20:59 | Trackback | Comments(0)

団地の草刈から

7月30日(月)
今日はみさき公園団地に草刈作業に行く、草刈機持参だったので保管場所に引取に行き、収納小屋の周りを試運転で刈り込むと順調である。
天気予報だと炎天下の草刈作業なので、水分補給やタオル・着替え等、チェックをして集合場所に行くと、4名1組で団地内の空地の草刈と処理を3箇所行った。
f0053885_21182938.jpg

作業途中では十分に休憩を取りながら進行された。草刈機で刈る事よりも伸び過ぎた草や蔓草で、刈った後の処理は大変な労務である、今日は近場に処理できる場所があり幸いしたが、熱中症対応もあり午前中一杯で予定の作業は終了。
夏休みの最中だが子供さんの声が無い分、蝉の声がにぎやかだと思っていたら、休憩中の草むらで鳴き出した。手を伸ばして捕まえたが、暑苦しくうるさいので直に逃がしてやった。少子化になって蝉も遊んで欲しかったのかも・・・。

・少子化で 代って賑う 蝉の声
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-30 21:15 | Trackback | Comments(0)
7月29日(日)
f0053885_20575827.jpg

帰郷した折に立寄った姉の家で、義兄の話された一文をコピーして帰った。
義兄(90歳)は農業をしながら、地域のことやお寺の世話が大変に上手な方でしたが、随分前から目が全く見えない状態になられた。言わば障害者の身ではあるが探求心は旺盛である、社会現状の善し悪しにも厳しい意見の持ち主で、お逢いすると何時も良い話を聞かせて頂いている。
下記の一文は自分の言葉をテープに録って、息子の嫁様が書き取ったものです。
f0053885_20571031.jpg

「人として生きる」    義兄 日野山正人
どんな人の心の中へも入っていける広い心で付き合ってゆくこと。
あの人は厭この人は嫌いと人を選び出すと、この自分がいよいよ小さい自分になり、孤独になってゆく。海は選ばず色々の川の水をのみ込んでゆくから、あの大きな海になる。

自分の顔はみんなの者、自分一人のものではない
わずかな不機嫌な顔色までも、周りの人の心を暗くする
又 にこやかな笑顔に接すると、心が明るくなり嬉しくなる
自分の顔色ひとつが相手の人の心を暗くしたり、また明るくもするものである。
顔は決して自分一人のものではない、人との交流ほど心の疲れるものはない
人間は山や川などの自然を見ては、いつまでも疲れぬが人の顔を見ると疲れてくる、特に人間同士の不和や争いほど心の痛むものはない。

死と言う事は誰も逃れられない
夢のこの世のつかの間を、いがみ合って暮らすおろかさを知るべきである。

・忠言を 噛締めて詠む 道しるべ
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-29 20:58 | Trackback | Comments(0)

SA泉州南定例会から

7月28日(土)
土曜朝市の準備をしてから、依頼の有ったYさん宅へ、
急遽、和歌山市の眼科に奥様を移送して欲しいとのこと、95歳と86歳の老夫婦を乗せて走る。途中では物忘れの話題が度々出る、歳の精?呆け始め?勘違い?人其々であるが、“年の精にしときましょう”と話は締めたが、他人事ではない私にも言える事だ。
f0053885_20562220.jpg

昼から、新野氏と同行でSA泉州南7月度定例会に、熊取町・レンガ館へ行く、
定例会の議事は進行されていたが、私からは「大人の林間学校だより」6号の配布と9月度取組の広報、新野氏からは「子ども科学教室」予定と公募現況報告を行う。
f0053885_2057072.jpg

続いて、物づくり教室では「ひっこみ思案」(不思議紐)の研修を行う。
材料
・紙筒(径3,5㎝程度)長さ20~30cm(ラップやホイルの芯)
・紐 太さ 3mm 長さ10cm*3本
・リング プラスチックリング(100均等にあり)
・千代紙
造り方は文面では難しいので、9月末の岬町長寿祭あたりで、習ったものを実行に移せる機会としたいと思う、出来上がって遊んで見ると、不思議なマジックの世界である。

今年に入ってからは、定例会後に研修会の開催がある、技量の向上と気持ちの繋がりに通じると思っている。

・研修の 成果地域で 実らせる 
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-28 20:57 | Trackback | Comments(0)
7月27日(金)
「大人の林間学校だより」第6号の校正も終り、役場の軽オフにて500枚プリントする。役場内の関係先や社会福祉協議会、岬町保険所、青少年海洋センターに持参する。全文を添付しようとしたが上手く添付できない。
f0053885_20474635.jpg

巻頭のNPO法人理事・新野氏の原稿を載せることとする。

「ボランティア~大人の林間学校」  新野良司
私が会社を退職した折には、ボランテア活動を考えましたが、
我流でやるより、焦ることなく大阪府高齢者大学校(以下高大)地域コミュニティ科で、地域活動の取り組み方等を学びました。
その結果は、大切な友達が沢山出来たことや大変貴重な経験をする事が出来ました。

何もわからない私でしたけれども、「NPO法人まちづくり岬」の渡辺代表が「大人の林間学校」の取組をやられている事を知り、当初は参加者としての関わりから、「NPO法人まちづくり岬」の会員となり、地域での良き対人関係も広がりました。

「大人の林間学校」「大人の林間・臨海学校」では、平成23年6月高大地域コミュニティ科のインターンシップで参加、その他グループでの参加もしてきました。
平成24年5月には、私と係わりのある高大子ども科学研究科の遠足を実施する事も出来ました。その他にも、沢山のグループでのリピータ参加を頂き、本年7月度現在で55回目を迎える事が出来ましたのも、今まで参加・ご協力頂いた賜物と感謝します。今後も多くの方々に楽しみを体感して頂けるように計画していきますので、是非のご参加をお待ちして居ります。
f0053885_20493618.jpg

「みさき里山クラブ」の活動も目を見張るものがあります。
ジャングル同様で使えるようになるだろうかと不安を抱きながら 地道な活動で孝子の森の広場・展望台・ハイキングコース・植樹等を平均年齢70歳位のメンバーで、元気に頑張っていただいています。年齢を超えて活き活きと協力しながら、活動されて今日を築かれました。孝子の森は「大人の林間学校」の校外授業の中心を担っている場所です。

充実したカリキュラムのもと、「林間学校」では、無邪気な童心にもどり、童謡を歌い、楽しい体操、
「坂の上の雲」等の講義を受け・・・
豊かな草木の息吹を肌で感じて、孝子の森・展望台までの散策を楽しみ、
広場での昼食もまた格別ではないでしょうか。
「臨海学校」では、海水を浴びながらも果敢にカヌー・クルージングに取り組み、青春の心意気を
満喫、そんな雰囲気を吸収し、謳歌出来る場所が「大人の林間・臨海学校」です。

今までご参加頂いた皆様のご協力・ご参加に感謝致しますと共に、
今後も宜しくお願い申し上げます。

他人の原稿に一句添えて失礼とは思うが・・・。
・人と人 結び弾んで いる余生
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-27 20:47 | Trackback | Comments(0)

深日小学校にて

7月26日(木)
深日小学校の学童保育に石田氏と「おもちゃづくり」に行く、以前に教えた「万華鏡づくり」が好評で、再度の要望に応えての取組となった。
今日の参加者は少人数で進行も早く、準備していたストロートンボ、紙ヒコーキ、牛乳パック独楽も子供達と作って遊んだ。
f0053885_20441595.jpg

万華鏡は、次々変る模様となるビーズの欠片、ミラーシート、色紙、円筒芯、空フイルムケース等々、細かな部材一式を石田さんには準備して参加頂いた。仕上げて覗いた子供達からは“ワ~きれい!”“ハートが見える!”と喜びの声が上り、何度も覗く姿があった。
f0053885_20443444.jpg

お馴染みのストロートンボも相変わらずの人気である。
紙ヒコーキ作りも谷折・山折・戻しと、番号順に折り上げると出来上がりである。横一列に並んで一斉に飛ばす、本当に良く飛ぶヒコーキなので、何度も飛ばしあいをしていた。
最後の牛乳パックコマも色を塗って皆良く回った。
何度もお礼を言ってもらって学校を後にする。

・ものづくり 子等に教えて 夢を見る
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-26 20:44 | Trackback | Comments(1)

竹林で

7月25日(水)
青少年海洋センターの要望で、多奈川竹林の関係者にお願いをして、流しソーメン用の孟宗竹を貰いに行く。暑い時期でも今日が活動日の皆さんは、休みながらも大きな竹を切ったり片付けたりされていた。4月の林間学校ではタケノコ掘体験もさせて頂いた、地域からの要望と言う事で、気安く受けて頂く先があるのは心強い事である。
f0053885_21125191.jpg

府立の青少年海洋センターでは、子供用に毎年取組を工夫されており、最近では施設利用の学校も増えたそうである。今日も朝から小学校の団体が来られていた。多忙中の竹の引取りだったので、何度か時間調整をしての同行であった。
f0053885_21132316.jpg

府立では有るが、指定管理者となり運営は民間業者である。姉妹館「海風館」も少しは工夫されてきているが、多忙になるぐらい頑張って貰いたいものである。

・竹林を 吹きぬく風の 良い音色
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-25 21:13 | Trackback | Comments(0)

NPO法人の会議から

7月24日(火)
連日暑い日が続く、ニュース速報で故郷が33,3度だと、山と川の小さな隣町の名が出たのには驚いた。
朝7時からのボランティア活動・地域「草取物語」は、本日の作業を区切りとして夏休みとなる。岬町商工会~岬高校~岬町社協へと走る途中、国道26号線沿いのパチンコ屋さんには次々と入る車があった。楽しみながら涼を求めるのも良いのかな?
f0053885_211473.jpg

NPO法人の7月度役員会を「たまり場」にて、午後6時から開催する。
主な議題は下記の通り
○7月度の林間学校は夏休み中だが、「大人の臨海学校」in池田市民生児童委員(7月11日)があり、取組内容の説明
○「大人の林間学校だより」編集の校正
1頁:巻頭は新野理事
2頁:4月度「林間学校」、4月末「林間・臨海学校」5月末「高齢者大学校・遠足」の写真挿入と「ほほえみ」中居会長の参加談話
3頁:「ほほえみ・林間学校」「6月度・林間学校」「STW会・林間学校」「池田民生・臨海学校」の写真挿入と徐講師の「植物よもやま話」
4頁:案内とあとがき
少し修正等をして、今月中には発行するようには考えている。 

○孝子地区円卓会議の件
アクティブシニア協会との連携で、孝子地区円卓会議を「まちづくり円卓会議」として講師料等の助成申請中である。良い町づくりに貢献できれば幸いである。
f0053885_21145241.jpg
○岬高校支援活動
・菜の花畑→コスモス畑
○小学校との連携
・7月21日:多奈川小学校でおもちゃづくり・・石田氏・新野氏・渡辺
・7月26日:深日小学校・学童保育おもちゃづくり・・石田氏・渡辺
・8月1日 :淡輪小学校・・新野氏・渡辺~
※子ども科学実験教室:岬町全校生徒に配布して、参加申込者数:70名は嬉しい数字である。
○今後の方針の事:
・電話解約の件:余り活用意義は無くなったので解約決定
・里山使用料の件・・設備撤去費用(10万円位か?)等、今後の事も考えながら里山管理費用の支払い行う事とする。
・草刈関係:セキスイの依頼があり日程を調整中

・多項目 議題へ会話 良く弾み
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-24 21:12 | Trackback | Comments(0)

姉宅と近所と

7月23日(月)
和泉市の実姉宅へ義母49日法要の志を持参する。80歳を迎えて元気に短歌を詠んだりしているらしいが、今春には犬を散歩中に、飛び出した猫を追っかけた犬の力に引かれて、ガードレールに膝をぶつけて骨折、70日間も入院したそうだが回復の様子であった。私達8人兄弟は82歳の長女を筆頭に、皆健康なのは何よりである。

・どっこいしょ 足は重いが 気は若い
f0053885_21222035.jpg

お隣りのNさんは広島に転勤されていたが、一家揃って5年ぶりに帰ってこられた。夕方に伸びた木々の剪定をしていると、家族で挨拶も兼ねて出てこられた。5年を経過すると子どもさんの成長には驚く、女の子2人だが長女は中2で母親より背も高い、次女も余り変らないぐらいである。他所の子は成長が早いと云うが、我が家の周りは、右隣が2人で左隣が3人に斜め前が4人の子達で、今が一番賑やかな時である。子供達の成長を見守りながら、私も年を取っていると言う事でしょう。

・少子化も 何処吹く風の 近所です
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-23 21:20 | Trackback | Comments(0)
7月22日(日)
本日は岬町タウンミーティングが、望海坂第一集会所で午前10時から開催され、町長他に役場幹部の出席の下で、下記6項目の状況報告と町長との質疑応答が有った。
f0053885_21153234.jpg

・行財政改革の進捗状況
(改革の取組状況:目標効果額約89%:予算反映率85,4%)
・企業誘致の状況:関電多奈川発電の再稼動含む
(多目的公園には4事業所が進出予定)
・第二阪和道の整備状況
(淡輪ランプ~深日ランプ~孝子ランプ~和歌山ランプへ平成27年度完成予定)
・岬海岸番川線の整備予定
(番川線狭隘道路部分6箇所の待避所と、一部法面対策工事の説明)
・コミュミティバスの運行状況
(乗降調査票の説明:望海坂はバス停1箇所追加要望があり検討中)
・自治区の要望
(土木下水道課への要望が圧倒的に多い、)
f0053885_21161361.jpg

その他、町長と語ろうでは・・。
私からは2点のみ質問
・道の駅対応:現在の進捗状況では場所が未だ最終決定していない。
 場所によって土地購入価格が違う、ロケーションの良い場所の設定を強く望む。
・望海坂の宅地は岬町、目の前の商業地は阪南市であるが、住民にとっては一体のものなので、話し合いを持って買物場所の設置等前向きの検討

他には
・若い人の就労先の確保~子育て対策の事
・町会議員の定数削減問題について
等々

岬町総合計画を見ると、専門家による机上作文であろうか、民主党のマニフエストの如くである、今回は時間も無く触れなかったものの、何れの機会に聞きたい事は多々ある。

・改革は 収支と投資の バランスよ
[PR]
by nabesada98 | 2012-07-22 21:16 | Trackback | Comments(0)