社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2013年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

町の観光

2月28日(木)
昨夜の役員会で、追加要望の木の名称及び特徴や内容・看板10点(ヤブムラサキ、ネムノキ、ヤマガキ、ウワミズザクラ、カゴノキ、モチツツジ、カマツカ、コナラ、ヤマモモ、ムクロジ)であるが、徐氏が手早く昨晩の内に書き上げて持参頂いた。私は早速にパソコンで打上げて看板依頼業者に持参する。

昼からは下校見守り~岬高校へ行くと、岬高校では岬町の「マスコットキャラクター候補作品」ポスターが展示されていた。私達のホームページでは2月24日の「老いの古文」http://kobumi.blog.eonet.jp/で見ましたが、皆さんはどれにしますか?
f0053885_2028297.jpg

予算が無い無い言いながら・・役所は目先のことには熱心だ。どう有効活用されるのかが見ものだが、個人的にはツツジの観光名所・愛宕山にトイレ設置を最優先課題としたい!町外に行くと“岬町の知名度は?”聞くと“みさき公園・淡輪のつつじ”である。それなのに・・ツツジの愛宕山には未だに仮設トイレだ・・数年前5月の連休に客を案内したが・・トイレの匂いに恥しい思いをした。トイレの無い観光名所では・・客足は遠くなるばかり・・

・予算無い 目先の事で 灯が暮れて
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-28 20:28 | Trackback | Comments(0)
2月27日(水)
高校支援活動に行く、今日で年度末考査が全て終了する。3年生は3月1日の卒業式で学校とはお別れである。進学する人就職する人進路は其々だが、200段の階段を登れば風光明媚な眺め、素晴らしい友だちも出来た事であろう。
我々との関係では1年生と時に、校外学習・山海人プロジェクトの一環で、孝子の森に植樹に来て貰った事がある。植樹した木の如く立派な社会人となって貰いたいものである。
f0053885_21185384.jpg

NPO法人まちづくり岬の2月度定例役員会は、午後6時から「たまり場」にて開催する。
議題
1、「大人の林間学校」関係では
「大人の林間学校だより」第7号の配布の件
“岬ゆめ みらい事業”として認められた事。
4月、5月の参加者申込み状況:
寒い時だけに例年出足は悪いが、前向きに対応の予定である。
4月17日~18日・1泊コース:打診がある程度の現況。
広報活動に行った「アクティブシニアフエスタ2013」は、先日のブログの如く、閑散とした展示風景で収穫は少なかった事。

2、「ファミリー林間学校」関係
・まちづくり「入門講座」「出張講座」~実践講座としての「ファミリー林間学校」だけに、今の申込み状況だと新たな広報活動の必要性を説明。
・大阪府への申請内容の説明(経費換算も含む)
当日の行程及び第2回の実行委員会の役割について説明。
総額の内訳:大阪府が3分の2助成、残り3分の1は参加費とNPO法人:次への投資の趣旨に沿って対応の予定を説明。

3、岬高校支援活動
・「菜の花」「わかめ」の販売の件
4、「子どもNPOはらっぱ」の依頼で、4月20日に淡輪小学校にて、手づくりコーナーで協力の予定
5、淡輪つつじ祭
 見先副代表が祭りの責任者:協力の予定である。
6、2月末が中間決算なので、来月度はその報告と法人の今後について話合う予定である。

・参加者の 不足へ次なる 手を模索
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-27 21:19 | Trackback | Comments(0)

看板づくり

2月26日(火)
人と自然との繋がりが、私達の暮らしの原点であり、自然とのふれあう効果は、社会の健全な発展に欠く事のできない事項だと、国立公園法にも明記されていますが、その趣旨に沿って親子の絆づくりを願い「ファミリー林間学校」の企画をしたが、反応の薄さには少々頭の痛いところである。
f0053885_20275617.jpg

孝子の森での受入れ準備として、階段整備の枕木の発注や草木の看板づくりは着々と進行中である。今日は看板内容打合せの手違いから、36点の原稿をパソコンで打上げ、校正を徐氏と行いデーターで業者に持参する。助成金を有効活用して、木々の名前の由来や内容を見ながら、散策できる事はそれだけ楽しみも増える。良い結果に繋がってくれるものと確信する。

・名の由来 確かめながら 山歩き
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-26 20:28 | Trackback | Comments(0)
2月25日(月)
大阪アクティブシニアフエスタ2013が吹田市文化会館・メイシアターにて開催される。
f0053885_205312.jpg
NPO法人まちづくり岬は「大人の林間学校」の広報活動を、第1回の2007年?の開催から行ってきた。そうした地道な活動で繋がりが出来、今日に至っている事も事実であろう。今までは大阪府庁近辺で開催されたが、今回は岬町からは最も遠距離となり、AM7:00 には見先氏の車に展示物を乗せてスタートする。
f0053885_2062826.jpg

f0053885_2065888.jpg
AM9:00に到着すると、大半の参加団体は展示準備中であった。今回は芸能交流会希望団体が多く、従来とは多少方向性が変ったような雰囲気がある。
f0053885_2074387.jpg

今回のNPO法人関係の展示コーナーは、行政PR講演コーナーと同部屋で良い場所だとは聞いていたが・・・入口が大変に分かり辛い盲点があった。私の個人的な友人の訪問も・・何度も場所探しの電話・・説明し辛い場所であった。
f0053885_2082847.jpg

展示物はポスターと展望台を中心に、高齢者大学校・団体参加の写真に、山と海の取組を分かり易く展示、机は2個お願いしていたので、他所よりは多い目の展示をさせて頂いた。岬高校の「菜の花」5本を展示用に頂き、好意で「徐べ」の装飾品(チマ行灯、メタセコイア行灯、歌絵ハマグリ、花絵小石など)、をそっくり借用したので、来られた見学者が目を見張る場面があったが、展示コーナー来訪者は少ない。本日の「大人の林間学校」広報活動は、今までに無く物足りない結果に終わった。
f0053885_209594.jpg

f0053885_2092542.jpg

但し、芸能交流会への参加団体は2会場に分けて30団体あり、盛り上がったかどうかは分からないが、高齢者の関わっている取組が次々と発表されたようである。アクティブシニア全体でボランティア団体が縮小して、趣味や仲良しクラブ団体が増える傾向にある様で、やや寂しく物足りなく感じたのは、其の為であろうか。


・展示部屋 個性は光るが 客不足

[PR]
by nabesada98 | 2013-02-25 20:09 | Trackback | Comments(0)
2月23日(土)
土曜朝市では預った地域野菜(水菜、大根、ネギ、菊菜など)、岬高「養殖わかめ」26パックと「食用菜の花」4パックを販売~急いで孝子の森へ。
f0053885_20322589.jpg

今日は高石ジュニア自然大学の生徒たちと家族を迎える。40家族で100人弱の参加者と聞く、毎年・年度末の研修場として活用いただいているのは、ジュニア自然大学のリーダーとみさき里山クラブ代表の岡田氏が知人で、手頃な良い場所だと思われたのであろう。
f0053885_20325546.jpg

遅れて参加したので小走りに孝子の森広場へと急ぐ、途中から賑やかな声が山の合間から聞こえてくる。幸に好天にも恵まれたが、陽射しを受ければ暖かな1日、蔭に入ると冷風快適と言った状況であった。
f0053885_20332040.jpg

みさき里山クラブのメンバーは私を入れて7名、取組の進行はサポートされる指導員と家族、私達はお手伝いしながら見守る状況である。
弁当は持参だが、多人数の豚汁は女性達が手分けして手際よく作られていた。
f0053885_20334597.jpg

f0053885_20421897.jpg

子供達は立石さん持参のプレート・お絵描き、斜面ロープ登り、ブランコ、等で過ごした後で、4班に分かれて植樹~展望台~尾根コース散策へ向う。山頂展望台を登ると微かに船が見える「船が空飛ぶ展望台」であった。「ウラジロ飛ばし」や“ヤッホー”の山彦も、小さな声だが返してくれた。
f0053885_203604.jpg

f0053885_20342949.jpg


本日の山頂へは、小さな子供の歩いて登る姿があった。“何歳?”聞くと“2歳”の返事、山頂登山の最年少記録かな?下山は途中で転んだので父親の腕の中であった。

下山後の広場では、温かな豚汁を私達も頂いたが、お肉が大盛りで美味しくいただく。家族ごとに輪が出来ての昼食も嬉しい姿である。人気のロープ登りを見守る家族、丸太切りにアドバイスをする父親、お絵描きを一緒に夢中の母親、焼きイモをおいしそうに食する笑顔、自然の中で家族の絆が確かめられた様な姿がたくさん見られた。
f0053885_20371956.jpg

f0053885_2038148.jpg

f0053885_20382699.jpg

f0053885_20384998.jpg

岬町で只今募集中の「ファミリー林間学校」は、正にこの姿を描きながら企画をしたのだが、反応が余りにも少ないのは残念なこと、この姿をイメージに再度推進しなければ・・。
f0053885_20391194.jpg

1日中、元気な子供達の声が孝子の森に響き渡る。山で子供の声を聞くと、我々も初心に帰って元気を貰う、嬉しい1日である。

・自然との 触れ合う家族 子等の声 
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-23 20:40 | Trackback | Comments(0)

高校支援活動から

2月22日(金)
高校支援活動に行く、先生方は登・下校には駅前や信号に立って、校内でも休憩時間にはコーナーに立たれて、生徒指導に熱心な学校である。偏差値の余り高くない学校は色々と苦労されている姿があり、出来るだけの支援はしているが、支援活動しながら・・・何処まで踏み込んでいいのか迷う時がある。
f0053885_20104838.jpg

f0053885_2011493.jpg

山海人プロジェクトの一貫で、畑では「食用菜の花」海洋コースでは「養殖わかめ」を作っている。学校支援活動として「菜の花」と「わかめ」を土曜朝市で販売、来期の種購入資金源にしているが、今日は見先氏と取りに畑と海へと行く。今年は寒さの影響か?種蒔き後の水不足か?「食用菜の花」の商品は販売難しいか?一方の「養殖わかめ」は豊作であるが、土曜朝市での販売数は30パック位が限度かな?地域の皆さんの購入協力有り難く思いつつ・・。

・学校を 見守る校舎 春薫る
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-22 20:11 | Trackback | Comments(0)

展示会・準備

2月21日(木)
25日開催のアクティブシニアフェスタ2013での、「大人の林間学校」展示準備をしなければない。ポスターは徐さん手書きの孝子小学校のスケッチは、当初から一貫して使用しているが、何度使用しても雰囲気があって見飽きる事が無い。写真展示は少し補足程度の入れ替えを考えている。今年は1,8mの展示版と机の予定なので昨年の半分である。
f0053885_20363045.jpg

机の展示品を徐さんに相談すると早速持参頂いた。ヘチマ行灯やメタセコイア行灯もあるので、電源の件で明日連携の予定である。その他にも石の箸置きやハマグリの貝殻に絵を描いたものなど、・・・本当に多才な人である。
他には、青少年海洋センターでお絵描き石ころとパンフレット、町内各所の観光パンフレットを少し集めて展示の予定である。

第1回から毎年の様に展示参加していると、取組の知名度も上がり御参加頂いた方や知人が増える。今年は吹田市での開催なので旧友にも連絡済、沢山の方々との交流も楽しみの一つである。

・展示会 参加で増えて いる知人
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-21 20:34 | Trackback | Comments(0)

広報・連携

2月20日(水)
今年は何時までも寒い日が続く、寒い時は何処かに行く話は出ないのでしょうか?毎年の事だが4月度の「大人の林間学校」申込募集には苦労する。そうした中で、2月25日には吹田市の市民ホール・メイシアターにてアクティブシニアフエスタ(元気な高齢者の祭)があり、例年通り「大人の林間学校」の展示と広報を行う予定である。
f0053885_20222344.jpg

今日は我が家を出入りしながら、合間を縫って「大人の林間学校だより」の配送便の宛名書きをする。昨年秋季参加者及びこれまでの常連の方々が中心で、吹田市方面の方には上記のフエスタの案内チラシを同封して、一足先に郵送済みである。一筆を添えて出そうとすると、なかなか前に進まないが、出来るだけ気持ちが伝わるようにしたいものである。

・笑顔対 笑顔が元気 貰いあい
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-20 20:22 | Trackback | Comments(0)

世話役

2月19日(火)
今日はみさき公園駅近くの駐車場に車を駐車、その地主Yさん(95歳)の依頼で岸里玉出駅近くの病院に薬を貰いに行く、ご本人曰く“口は未だ達者だが足が動けないので助けて欲しい!”同方向の便のある時には行く約束であった。
朝から小雪がチラつく寒い1日だったが、病院に行くと本人へ確認の電話を入れてから薬を預る。シップ薬が多く重くて嵩張ったが次へと急ぐ。
f0053885_19401496.jpg

その足で大阪府庁・高齢介護室に「ファミリー林間学校」の申請書類を持参、細かいチェックの中で一部修正箇所があり、修正書類は郵送で終了の予定である。府の高齢介護室では「大人の林間学校」は既に認められた取組で、マスコミ等へも紹介いただいた事もあり、訪問する事による繋がりは大切なことである。

・人の世話 しながら自分も 活性化
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-19 19:40 | Trackback | Comments(1)

観光ガイドの会から

2月18日(月)
明日は大阪府庁とアクティブシニア協会へ行く予定である。昨年から今年に掛けて、まちづくり入門講座~出張講座~実践講座へと、大阪府へ提出の報告書や実践講座「ファミリー林間学校」の申請提出書類の整理を行う。現役時代は営業畑で走り回っていた事もあり、書類関係の整理作業は苦手なので、後回しにして切羽詰って片付ける事が多い。長年の習慣で致し方ないが遣るべき事はならねばならぬ。
f0053885_2114093.jpg

PM6:00 ~岬町観光ガイドの会へ行く。南泉州歴史街道リレーウォーク「古代紀氏の巨大古墳を巡る」:石橋氏が良い広報用のチラシ原案やガイドのポイント資料を作成して持参、高木氏の手書き観光案内図など、前向きに志向して下さる方のお蔭で纏まって来ている事はうれしい事だが、実際に他所の観光ガイドの見学に行かねばならぬ、次回・泉南市内ガイドでは参加見学の予定である。

・大古墳 巡りのガイド ロマン追う 
[PR]
by nabesada98 | 2013-02-18 21:02 | Trackback | Comments(0)