社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2013年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

岬高校・体育祭から

5月31日(金)
岬高校2013年度体育祭に行く。プログラムに従って手順良く進行され、終了時間も予定より30分は短縮された。生徒たちの頑張っている姿を受けて、来客席も結構盛り上がっていたように思う。
f0053885_2012733.jpg

クラス対抗:リレー(男子800m・女子400m)障害物競走、巨大バトン
学年種目:1年・むかで競争、2年・タマ送り、3年・みんなでジャンプ
学年対抗:綱引き、台風の目、風船割り、男女混合リレー
(綱引きではPTAも参加、3年生と力の入った良い勝負だった。)
f0053885_2092569.jpg

f0053885_2095559.jpg

f0053885_20101060.jpg

f0053885_20103999.jpg

f0053885_20105582.jpg

今年は最初~最後まで、父兄やPTAの方々と来賓席で見学する。卒業生を送り出された4中学校の校長先生も見えて、教え子だった生徒たちに声援を送っておられ、生徒の成長振りも合わせて見学されていた。一番やんちゃくれの年代だが、時には大きな声で引張っておられる若い先生の姿もあり、父兄も体育祭を通して、学校の様子が伺えたのでは無いだろうか。

・体育祭 見守る家族 追うカメラ
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-31 20:11 | Trackback | Comments(0)

歌詞集作成

5月30日(木)
6月5日の「大人の林間学校」の参加者数が45名、有難い話だが音楽教室で使用している歌詞本が30冊しかない。不足分は2人1冊で辛抱してもらおうかとも考えたが、役員会でも手伝うから人数分作るべしの意見だった。パソコンで打ちだしたものの、歌詞の長いものと短いもののバランスが取り難く、本日は見先氏に手伝っていただいて、コピー仕上げで歌詞集作成するが、意外と時間も掛かった。
f0053885_19312958.jpg

淡輪小学校の地域活動「キューピークラブ」のメンバーが増えて、火曜日組と木曜日組に分けて対応されるようだ。今日は地域の下校見守りの後に、「たまり場」で歌詞集修整分を手直しする。待機中のキューピークラブのメンバーには、小さな折紙で出来る簡単な風車を教える。対応の上手な子と遅い子は有ったが、出来上がると嬉しそうな顔が有った。

・挨拶と 笑顔がうれし 地域の子
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-30 19:31 | Trackback | Comments(0)

教円幼稚園訪問

5月29日(水)
みさき里山クラブの徐代表、岡田顧問と同行で教円幼稚園を訪問する。
f0053885_194693.jpg

今年3月にアクティブシニア実践講座として、「ファミリー林間学校」の広報活動で訪問した折、5月頃に幼稚園の自然体験の話が出ていたので、一度は確認訪問をしなければ・・の思いがあった。先日5月29日に園児の自然体験予定を考えていたが・・雨模様なので延期の話・・本日の訪問となり、6月3日の取組で下見参加の予定となる。
f0053885_19475274.jpg

子ども達の自然体験不足が取上げられる中で、大都会では自然体験の場が少ないのも事実である。みさき里山クラブの活動が、地域の中で広がりつつあるのは良い事で、岬高校の山海人の取組や多奈川小学校の里山体験など、人と自然とのふれあいは、日々の暮らしの原点であることを知って貰いたいものである。

・新緑が 深緑となる 山歩き
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-29 19:47 | Trackback | Comments(0)
5月28日(火)
“バラが咲いた ♭ バラが咲いた 
真赤なバラが・・・♯・”
昔の唄を思い出しながら・・昨日は泉南市農業公園「花咲きファーム」へ行くと、英国風ローズガーデンとして、園内一面にバラが咲き誇っていました。もうピークは過ぎた感はありましたが、平日にもかかわらず次々と家族やグループで来られて、入園料も駐車場も無料で賑わっていました。
f0053885_20501951.jpg
f0053885_20504057.jpg

f0053885_20512976.jpg

バラは品種改良によって沢山の種類がある様で、其々に小さな札で名前が書かれていましたが、どの花も花弁が重なった美しさと微かな香り、全体の雰囲気と嬉しそうに観賞される沢山の笑顔に接して帰りました。

・バラバラバラ 花へ心も 弾んでる

今日はPM1:30~岬町社協の評議委員会の会議~NPO法人まちづくり岬・5月度役員会へとダブル会議となった。

NPO法人まちづくり岬5月度役員会から
○「大人の林間学校」の参加者現状
 6月3日:ほほえみ林間学校・13名~15名
 6月5日:6月度林間学校・参加者45名
      人数も定員をオーバーしているが、行程についての打合せ
  
○岬高校支援活動
・新入生:1名支援要望あり:計2名の支援活動

○今後の法人の件:解散の事
臨時総会の開催(会員数の4分の3の出席・解散決議・清算人の選出)→
解散の登記(法務局)→
解散届の提出(役場)→
解散公告(約3万円)→
残余処分の件

○社協・評議員の件
 ・5月12日:総会・出席
 ・5月28日:評議委員会・出席
 ・会費納入の件(1口 5,000円)

○教円幼稚園:孝子の森訪問の件
・29日打合せ訪問
 幼稚園児が校外活動として孝子の森へ初訪問・楽しみである。
f0053885_6584211.jpg

○アクティブシニア協会との関係
 大阪府高齢介護室・委託関連団体としてのボランティア団体
 今期事業の中から、アクティブシニアフェアー(元気な高齢者の祭)が消える。
 昨年度が多々企画したものの、成果実績が乏しかった為であるが・・。
 NPO法人まちづくり岬は「大人の林間学校」広報活動の場として
 ・2007年11月1日:OMMビルの第1回アクティブシニア・シニア見本市から参加して来た
  昨年の第7回まで毎年参加して、広報の意義はあっただけに残念な思いである。
  
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-28 20:51 | Trackback | Comments(0)

山羊の餌

5月27日(月)
土・日と家族キャンプで留守にされる家から、動物の餌遣り依頼がNPO法人の取組として打診があった。私と同地域で知っている方なので、“困った時はお互い様”と快く引き受ける。その動物とは山羊2頭である。餌の遣り方など聞くと晩食と朝食の2回、但し2頭には上下関係があって、餌を入れた箱(2個)は離して小屋の中に入れる事であった。
実際に餌を入れる~ボスが取るのを確認~離して入れる~もう一方が食べるのを確認して完了とした。
f0053885_16403016.jpg

岬町には休耕田が多く、その休耕田の草刈の代替に山羊の活用案が出て、実際にT議員も試験的に放牧されている様であるが確認はしていない。自治区内では第3公園土手に放牧された山羊、食した後は奇麗で実用化の可能性は有りそうに思うが、各地での事例を参考に休耕田での活用は面白いのではないだろうか。

・困ったら お互い様よ 近所仲
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-27 16:40 | Trackback | Comments(1)
5月25日(土)
土曜朝市では、自治区・生産者の野菜(大根、サラダ菜、玉葱、ソラマメ、ニラ)を預り販売する。AM9:00~10:00の1時間なので、各人の売上は知れているが、地域の良いコミュニケーションの場でもある。来月からはサマータイムAM8:30~9:30の予定である。
引き続き~望海坂自治区集会所での町長・タウンミーティングに行く予定で有ったが、少し遅くなった事と昼からの予定と風邪気味なので止める。
f0053885_200734.jpg

午後1時には熊取町・煉瓦館にて開催の5月度SA泉州南・定例会に出席する。岬町・つつじ祭では、「おもちゃづくり」でサポート頂いたグループで、御礼とこれからの交流も有る。大阪府・SA連協の報告に続いて、岬町の取組として
・「大人の林間学校」6月度は連協の役員の参加予定がある事
・おもちゃづくりとしては「阪南・岬子どもフェスティバル」「つつじ祭」「阪南市・子供の日祭」での活動を報告。
・本年度の大阪府・アクティブシニアフェアーは中止予定で、第1回目から参加した取組だけに残念な思いである事、
・南泉州歴史街道リレーウォークでは、町が所有の西稜古墳を中心に良い観光資源がある事、等々を話する。
○スローガン
 自らの生きがいづくりを 楽しく、愉快に、健康で
f0053885_2014285.jpg

会議が早く終ったので、煉瓦館にて開催中のピアノコンサートを聴いて帰路に着く。

・定年後 ゆとりの中で 貢献を
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-25 20:02 | Trackback | Comments(0)
5月24日(金)
高校支援活動に新しくサポートして下さるメンバーと同行、校長・教頭・担当の先生方を紹介する。6月度から新メンバーを入れて、ローテーションが組めれば幸だと思っている。平均年齢は高いが、皆さん健康で生徒や先生とのコミュニケーションは良いのでは?自負している。
f0053885_20374045.jpg

80歳で世界最高峰エレベスト登頂を果たした三浦雄一郎さんは凄いな!!世界最高齢の登頂に拍手!拍手!である。“目標を持ってチャレンジすれば、老いは無い”格言のような言葉に聞こえたが、平地の三分の一の空気・・20Kの装備・・8000mの氷の山・壁・斜面・・我々の想像以上の世界であろう。
昨日の会議でも体調不良で欠席者が沢山有ったが、平素からの体力強化・・見習うべし・・見習うべし・・。

・大記録 本人・家族 皆凄い
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-24 20:37 | Trackback | Comments(0)
5月23日(木)
中央区法円坂の大阪市教育会館で開催された大阪府アクティブシニア協会・総会に出席する。
f0053885_2054836.jpg

地域の下校見守り担当、風邪気味、遠距離でもあり、欠席届・委任状でお許し願おうと思っていたが、NPO法人まちづくり岬としては解散予定もあり最後の付き合い?昨年度はアクティブシニアが溢れる大阪事業として、入門講座、出張講座、実践講座と、泉州地域を代表して多々お世話になった。お礼の意もあり出席を決めた。

総会
f0053885_20545525.jpg

第1号議案:平成24年度の事業報告、収支報告
第2号議案:役員選任の件(体調不良で辞任7名、留任14名、新任5名:役員計19名)(役員人事:代表・副代表等も了承されたが氏名は省略)
第3号議案:平成25年度の事業方針、予算書
全員拍手で了承された。

今期25年度・事業計画の中で、アクティブシニアフェアー事業が消えていた。質疑応答で質問したところ、毎回役員の努力が大変な中で、昨年の実績を見ると、予想以上に成果が無かった事から中止されたそうだ。第1回目から展示参加した取組が消える事は寂しいが、「大人の林間学校」も今期で公募は終了する事を思えば致し方無し。シニアの各種団体の取組展示は、参考になっただけに残念な思いもある。
f0053885_20552414.jpg

f0053885_20554160.jpg

終了後の交流会は、福島県・浪江町から取寄せた焼きそばが、女性理事(竹之内)手で上手に焼きあげられ振舞われた。今迄も今後も・・「大人の林間学校」の広報活動の場として、良い対人関係が出来た事に感謝して帰路に着く。

・個性派も シニアの集いは 丸くなり
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-23 20:55 | Trackback | Comments(0)

岬高校にて

5月22日(水)
岬高校支援活動に行く、担当する2年生の中間考査が早く終了したので、菜の花畑の草刈を先生と打合せ、見先氏とも連絡して畑の草刈作業を行った。
f0053885_19304112.jpg

先生からも菜の花の種が弾けている状況なので、テスト中とは言え・・生徒に声掛けしたら希望者があったと聞く。
f0053885_19305989.jpg

一足先に畑周辺の草刈作業を終えた時間帯に、3年生の生徒5名と先生4名が参加して菜の花の種を収穫する。テスト最中の作業に“テスト大丈夫か”生徒に声を掛けると、にっこり笑う顔に余裕が有ったので大丈夫のようだ。炎天下での作業なので長時間は無理だが、帰宅して鏡を見ると・・たくましく焼けた私の顔が有った。

・中間考査 余裕を覗く 笑顔から
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-22 19:31 | Trackback | Comments(0)
5月21日(火)
南泉州歴史街道リレーウォークin岬町の反省会兼交流会が、役所近くの緑会館で開催され参加する。
総括としては、
・雨天にも関わらず沢山の参加者に来て頂いた事(地域別参加者資料の配布)
・集合場所を体育館に変更して、受付・セレモニーも纏まって良かった。
・西稜古墳内の案内は、参加者には新たな観光場所として印象深かった様だ。
・距離が長い事も有って、中間点の海浜会館でエンディングセレモニーも正解であった。
・雨の中でも殆んどの参加者が、最終地点の役場まで歩かれ、サポートする我々も嬉しかった。
・悪条件下、最終景品配布、等々でもクレームを聞かなかった事。
f0053885_5385283.jpg

交流会は
岬町観光協会立上げの件、孝子小学校歴史博物館の件、観光地としてはトイレ対応の大切な事、次回は深日・多奈川方面で対応検討の件、全体に前向きの会話が多く盛り上がった。

午前中には岬町役場・地域振興課に体調不良を旨に観光ガイドの退会届を提出する。その中に記入した今後の身の振り方は、子ども達との学校支援活動と自然環境保全・里山活動に纏める方向性を伝えた。

「観光のまちづくり」は度々行政から投げられるが、希望的観測だけで具体的な計画性が無いから、何年経っても前に進まない現実がある。ブログを紐解くと2006・8・25日には、役場の声が掛っているので、私が聞いて8年経過した事になるが、担当者は度々交代・・予算は付かない・・計画性の無い会議の繰り返し・・いつまでも足踏み状態である。
比較して悪いが「大人の林間学校」は、町から離れた場所に休校中の小学校があるだけなのに、6年半で60回の取組実績が出来た。所詮は計画性と実行性の違いではなかろうか?そんな思いで行政の取組を振り返ってみた。

・方向を 変えて温もり 持ち続け
[PR]
by nabesada98 | 2013-05-21 21:54 | Trackback | Comments(0)