社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

会議&見舞い

10月31日(土)
土曜朝市では看板を掛けて~空模様を見て今日はテントなしとして机を並べる。
開店早々から、来客者は多い中で・・摂津市と岬町を往き来さている方から、以前参加した折には蔓編で籠を作った。それを庭に飾って居たら、作り方を聞かれたので・・葛での作り方の確認が有った。
他にも「孝子の森・手づくり教室」のチラシ持参で、母が町外だがと申込み打診の方もあり、是非の参加をお願いした。
f0053885_2151440.jpg

今日は地元維新の府議・土井氏の顔も見えて、個人演説会のチラシの配布があった。選挙が有るんだな~と思う。知事選と大阪市長選は盛り上がっている様だが・・。
f0053885_216846.jpg

昼からは、里海公園にて「せんなん里海さくらフェスタ」の課題と今後の対応について話し合う。来期の財源確保は、助成金対象事業として開催される事になっているが、それから先が未定で有るので、出来るだけ地元でのイベントとして実績作りをする必要性が有りそうだ。
コンサートライブから、地元の学校や団体や子供さんたちの唱や踊りの教室とも連携して、人の集まる催しにする事によって、出店業者から運営資金(場所使用料金)の捻出を検討する。
他には、コンサート内容の再検討、ライブステージ借用の件、協賛先の拡販、日程は9月第一日曜日で良いのか・・等々で、会議予定が1時間も延長されたので、終わり頃ではあったが中座して帰宅。
f0053885_2164235.jpg

午後4時過ぎから、見先氏のお見舞い&岬高校関係の確認事項で、「りんくう総合医療センター」に行く。駐車場が満員だったので・・近くのスーパーに駐車して行く。
エレベーターで8階へ行くと、逆光で見えにくかったが、大きく手を上げての出迎えで、見先氏は直ぐに分かった。部屋の前の休憩所が、海も関空も夕日も見える良い場所である。
時間的に丁度夕日の時間帯で、隣のビルが邪魔にはなるが、夕焼けと飛行機の発・着が見える場所で、見先氏との会話中に・・入れ替わり立ち代り来客者があった。
f0053885_218354.jpg

f0053885_2185734.jpg

病気の方は、十二指腸潰瘍の検査で小さな核が見つかった様で、腸を10㎝ばかり切った。結果的には、早期発見・早期治療が行われた事により、経過も全く問題ない様で、間もなく退院できそうな感じである。。

・顔と声 元気だ安心 帰路に付く
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-31 21:09 | Trackback | Comments(0)

里山クラブ・活動

10月30日(金)
高校支援活動~みさき里山クラブの活動に遅れて参加する。
そろそろ渋柿も色付きはじめ、落葉のシーズンを迎えようとしている。
f0053885_20241428.jpg

f0053885_20245379.jpg

孝子の森へ到着すると、今日の参加者は少なく7名であった。
聞くと・・長生会の運動会や地域の自治区・交流会と重複したらしい。
私の参加には、下記の打ち合わせ事項もあった。
f0053885_202782.jpg

・11月6日(金)の「大人の林間学校」の約30名の対応確認の件
 食事は、弁当+ピザ焼き、焚き火で鯵の干物焼き付き
 サポートメンバーは4名:、徐、立石、新野、渡辺
 活動日なので、他の参加者は高校の植樹場所の穴掘り作業等
・アクティブシニアがあふれる大阪事業の件
 1月中旬頃を目途にボランティア入門講座を岬町内で開催の件、
 関係者と連携の積りで有ったが、
 今日は参加者不足で具体的な話は進展せず。
・多奈川財産区・竹林から、
 孟宗竹を必要な長さに切って運び出しの件、
 11月4日~毎水曜日に作業する事として対応の予定である。
 今日の欠席者と連携の件
・みさき里山クラブ・運営委員会:
 11月3日午前10時~中華厨房「仁べ」にて
f0053885_20284628.jpg

本日の作業は、北尾根広場までの道づくり作業準備と、岬高校・山海人プロジェクトの植樹場所の草刈作業である。
私は草刈組で、岡田代表代行の計画場所で草刈作業を谷口氏と行った。
f0053885_20381380.jpg

f0053885_20385533.jpg

全部で6クラス×6本+αで、次回は40か所・仮の穴掘りをして置く積りで有る。
f0053885_20374093.jpg

11月23日「孝子の森・手作り広場」の蔓のある場所を確認がてらに、アケビを見つけて7個取って来たが、野鳥に突かれた跡があり、広場内の椅子の上に置いて帰った。イノシシが喜んで食べてくれるかな?次回行った時が楽しみである。

・山の幸 猪さんどうぞ 置いて帰路
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-30 20:30 | Trackback | Comments(0)
10月29日(木)
気持良い秋空に恵まれて、今日は淡輪18区・岬陵クラブのメンバー12人が、孝子の森へ来てくださいました。話には聞いていたが・・一人を除いて、孝子の森に来るのは初めての方々である。
車4台に同乗して孝子小学校へ到着。
みさき里山クラブメンバーと合流、サポートメンバー6名(岡田、谷口、久川兼、久川恵、丸山、渡辺)
早速、孝子の森へと案内しながら向かう。途中の中孝子地区・川沿いの古い石垣や実った柿は絵になる風景である。
f0053885_2011329.jpg

山に入ると少し温度も変るが・・空気も香りも山歩きの感覚に変わる。昔は田圃で有った山裾は林に変わっているが、竹藪・栗のイガ・ドングリを見ると、懐かしい里の風景が浮かぶ様だ。
伊豆口池からの道は、里山クラブの皆さんが開発した場所である。
クサスギカズラ、アケビの実り、大きくなったウドを見ながら、孝子の森・広場に到着する。
f0053885_20121115.jpg

f0053885_20125728.jpg

f0053885_20134353.jpg

久し振りだな~と言いながら、焚火を囲んでひと休み。昼食には未だ早いし展望台行きを提案すると、足の悪い一人を残して全員が行く事になった。自家製の杖を準備して上る。
f0053885_20145273.jpg

途中では岡田代表代行の案内で、里山の興味深い話を聞きながら登るうちに尾根に着く、此処からは平坦な道となり・・間も無く展望台に到着する。
f0053885_20153049.jpg

f0053885_2016981.jpg

山の上に手作りの展望台を作った話をすると、土台も木々もどの様にして運んだのか?聞かれる方も有ったが、土台の砂利や小石にセメント材はリュックで、角材は担ぎ上げた話をしながら、寒い1月~3月に掛けての作業であったと・・我々も当時を思い出した。
f0053885_20165661.jpg

展望台からは遠望は今一だが、淡路島や神戸方面が微かに見える~周り一面が緑一色の自然林が良い、岡田代表代行と久川長老が展望台での案内役だ。
f0053885_201968.jpg

あれが「孝子観音」「ノーリツ鋼機・風車」「関空土取りの跡地」話は尽きないが・・昼食が待って居るので、尾根沿いに歩いてリョウブ林を回って下山した。
f0053885_20201570.jpg

f0053885_20211835.jpg

留守役は味噌汁づくりも兼ねて久川夫人と丸山さん、焚火当番役は谷口氏であった。

昼食は気心の分かった方々であろう・・和気藹藹の会話が飛び交う。
久川夫人の「イタドリの佃煮」は、シャキシャキ感が有って本当に美味しく頂く。
味噌汁には孝子の森で獲れた里芋が入っている。久川長老の作られた今年最初の収穫芋だけに、やんわりと粘りも有って旨い。
f0053885_2022524.jpg

午後1時10分から、私の出番で徐代表から「秋の七草」の話をするように・・指名が有ったので、私なりに作った資料を配布して話を始めた。
f0053885_202250100.jpg

最初に
孝子の森の作業開始が平成4年の11月で、
私が岬町に来て望海坂の仮契約をした時
孝子の森・正式発足が平成15年4月で、
私の居住する望海坂自治区スタートで、初代の自治区長を引き受ける事になった経緯も含めて、不思議な繋がりが有った話をする。
f0053885_20251362.jpg

「秋の七草」講座
春の七草は食用で、秋の七草は鑑賞用で有る事
覚え方は:お・す・き・な・ふ・く・は・と頭文字を覚えて置く事
お:オミナエシ(女郎花)
黄色い円錐状の花が咲く
す:ススキ (簿・芒)
尾花とも言い、茎の先に花穂を付ける、葉の縁は刃状で要注意
き:キキョウ(桔 梗)
蕾は花弁が風船状で繋がっている、裂けて星形の花が咲く
な:ナデシコ(撫 子)
古くから園芸品種で四季咲き、女子サッカーにも名が採用
ふ:フジバカマ(藤 袴)
小さいピンク色の花、ヒヨドリソウとアサギマダラ蝶の事
く:クズ ( 葛 )
蔓は地面を這う、根は芋状で食材のくず粉や漢方薬になる
は:ハギ ( 萩 )
秋に枝の先端が多数花芽を出しピンクの花が咲く、盗人萩の事
其々の花言葉の話
つもり十か条を一緒に読み上げて、当たっている人手を上げて下さい!
笑い乍ら全員の手が上がった所で、私の講義は終了とさせて頂いた。
全員でコーヒータイムとして、本日の孝子の森散策の行事は全て終わりとなった。
f0053885_2026562.jpg

f0053885_20312698.jpg

参加者からは、初めて来たけれども・・同じ町内にこんな素晴らしい場所がるのは知らなかった!有難い言葉を頂きました。
f0053885_2027303.jpg

・酸素生産 大きな工場 町の山
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-29 20:09 | Trackback | Comments(0)

小学校の便り

10月28日(水)
高校支援活動の空いた時間帯を使って、多奈川財産区・竹林へと走る。
f0053885_19464473.jpg

場所は関西国際空港第2飛行場:埋立地の土取場の一角の山手が、作業されている場所である。竹林手前から跡地を見ると、殆どが太陽光発電パネルで埋まっている。上から見ると・・誰か?言って居られたが、パネル番が池みたいに見える。
f0053885_19471731.jpg

作業場では、チェンソーの音が竹林の谷間に響いて、何処で作業されているのかが直ぐに分かった。今日は廣田氏に依頼した孟宗竹の必要数と入山の日程表を持参する。
11月4日をスタートに、来春1月度迄は竹切り作業の予定である。
f0053885_19475686.jpg

今日の夕方に郵便受けを見ると、淡輪小学校2年生の1組・2組の学級通信と共に、先生のお手紙と生徒全員のお手紙が入って居ました。
孝子の森・遠足の楽しかった思い出が、いっぱい・いっぱい書いてありましたので感激いたしました。
イノシシの話、展望台でウラジロ飛ばし、ピョンピョンかえる、冒険コースでロープで下りた事、ブランコ、ロープで斜面上り、ツリーハウス、丸太切り、ヒコーキ飛ばし、柿を取ってもらった事、ドングリを沢山拾った事等々、沢山の思い出が有ったようだ。
f0053885_20544641.jpg

f0053885_2057012.jpg

f0053885_19484542.jpg

自然と子供たちのふれあい体験は、大きくなっても頭の何処かに残っているものです。
私の体験でも・・小学校の時の遠足で、お山の天辺でおにぎりを食べた思い出がある。
あれから何年たったであろうか・・印象深い思い出は何時までも残るものです。
活動日には持参して、みんなに読んでもらう積りにしている。

・山登り 幼き思い出 今も尚
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-28 19:48 | Trackback | Comments(0)

里山・秋の風

10月27日(火)
みさき里山クラブ活動日に参加する。今日も色々と打合せ事項もあった。
f0053885_20251988.jpg

・バンブーハウスの屋根葺き替え用の孟宗竹、多奈川竹林組合に依頼分の切り出し作業の件、
11月度~竹林組合活動日(毎・水曜日)に合わせて、「みさき里山クラブ」の活動日(火)を毎水曜日として竹林作業に充てる。それに伴いチェンソーにするかノコギリにするかの検討結果、斜面・初参加者や危険度や傷害保険の事など、総合的に判断してノコギリで対応する事とした。
・岬町役場ホームページ内の観光協会とみさき里山クラブホームページをリンクの件
ホームページ用・写真を立石氏から預かり本日持参した。近日中に添付される予定である。

孝子の森広場へは、岡田代表代行の車で皆より一足早く到着、シンボルのケヤキを剪定した後の広場は、太陽が射して一気に明るくなった感が有る。
f0053885_202673.jpg

今日の参加者は7名であったので、北尾根広場までの新道づくりの予定であったが、先に広場内のケヤキ剪定後の後片付けから始まった。
広場内の南斜面沿いに、綺麗に揃えて積み上げる。~雨濡れ防止用のブルーシートを掛ける~紐で縛って荷崩れ防止対応をして終了。
f0053885_20271259.jpg

f0053885_2142949.jpg

柚岡氏は手作りした椅子の防腐剤を塗る作業である。廃材を使って上手に仕上がっていた。

孝子の森もすっかり秋である。風で木が揺れる度にドングリが落ちる。ツリーハウスの波板の上に落ちると大きな音がする。イノシシはドングリを食べないのか?農産物を食べて贅沢になったのか?沢山落ちているのに・・・。
柿が高い所で実っているが、完熟するまで小鳥たちも待って居るのだろう。
今年は本当に実りの秋でもある。
f0053885_2031018.jpg

私は広場内の清掃をして、昼からは役場にて「孝子の森・手づくり広場」の回覧用チラシ作り、岡田氏、丸山さん、私とで、岬町内の自治区毎に、配布枚数と依頼書を添付仕分けする。結構時間が掛かるので、役割分担で良い対応が出来たかと思う。

・実る枝 風に揺られて 深む秋
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-27 20:31 | Trackback | Comments(0)

10/26日雑記

10月26日(月)
今日は、徐代表から「秋の七草」についての宿題を頂いたので、私なりに話が出来るように、七草を調べて纏めを行った。
(オミナエシ、ススキ、キキョウ、ナデシコ、フジバカマ、クズ、ハギ、)
f0053885_19413982.jpg

春の七草は食用であるが、秋の七草は鑑賞用である。・・等々、本番でどうなるかは分らないが、資料を見ながらでも説明できるようにはしたいと思っている。
引き続いて、岬川柳会10月句会・会報誌の作成に掛かる。
f0053885_1936519.jpg

近詠句では秋に因んだ句が多かった、待望の秋も昨日は木枯らしが吹き、短期間になるか?暑いのも嫌だが寒いのも苦手、頑張った秋であって欲しいと願う。
f0053885_19432255.jpg

写真は西稜古墳と夕日

10月号近詠句より
秋彼岸 忘れぬように 曼珠沙華       辻下 和美
やっと来た 読書の夜長 虫の声       吉本 晴美
災害の 巨大化してる 星に住み       大平 洋子
会いたくて 赤く燃え立つ 彼岸花      星野富美子
早朝の 蟹の散歩に 道譲り         野間 修
草枕 空の青さが 広々と          吉川 桜琴
捕まった 虫には見えぬ 蜘蛛の糸      西井 のび 
あなたから あんたで暮らす 半世紀     稲原 治
降る雨に 新樹がゆらぐ 庭の隅       岸本 令子
柔らかな 光が包む シクラメン       高橋 茂平
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-26 19:36 | Trackback | Comments(0)
0月25日(日)
淡輪観光協会からの呼びかけで、愛宕山(通称つつじ山)の草刈活動に参加する。
草刈機持参組と鎌や剪定バサミで対応する人に分かれての作業となった。
f0053885_20183342.jpg

前回は参加者が少なかったので心配されたようだが、今日の参加者は阪南市からの参加者(うみ森・森さん)も含めて20名であった。
f0053885_20185310.jpg

前回は岬町の長寿祭との重複で私も不参加であったが、土・日の作業は行事との重複があるのは致し方ない。今日も深日港祭との重複ではあるが・・こちらは昼からも遣っている。
背の高さ以上に伸びたサツキに蔓が絡んでいるので、潜り込んで笹と一緒に刈り取って行ったが、来年あたりは全体に大掛かりな剪定作業が要る様だ。
f0053885_20191942.jpg

此の愛宕山は観光協会が管理している箇所と南海電車・所有の場所があるらしい。行政が上手に調整して、町を挙げて山全体の管理をすれば、もっとお客様を呼べる場所になる筈である。
何度も言っているが・・トイレの設置は第一条件であるのは言うまでもないが、役所は後の管理を心配しているらしい・・情けない話である。

昼過ぎに深日漁港祭りに行く。
f0053885_20205850.jpg

f0053885_20214070.jpg

f0053885_2022714.jpg

今日は朝から強風が吹き荒れたので、テントの骨組みは出来ていたものの、テントは張らずのイベントとなっていたので、沢山の人出ではあったが・・何処にどんな店があるのか?ウロウロしながら・・知った方々に挨拶や交流をして回った。
f0053885_2023364.jpg

f0053885_20232662.jpg

f0053885_20324968.jpg

f0053885_20315344.jpg

マグロの解体販売所、岬町商工会、まほろば、姫工房、リライブ等々、長居はせずに弁当を買って早目に引き上げた。
f0053885_20243424.jpg

・実績が お客を呼んで 盛り上げる
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-25 20:25 | Trackback | Comments(0)

10/24日雑記

10月24日(土)
土曜朝市に行く。何時も真っ先に来てサポートをされていた見先氏が入院中なので、早目に行って2か所の看板設置をして準備をする。
今日は魚屋さんや代表の清水さんが法事で不参加だったので、出店者が集まってテント張りも止めて。縮小した土曜朝市となったが・・馴染みのお客様は有難いもので顔を出して下さる。
f0053885_20554185.jpg

雨天は何時頃だったかなあ~?長い事雨が降らないので収穫に影響が有る様である。タマネギなど植えたい苗も植えられないのだそうだ・・困ったものである。
私も連日のように畑に行って、、水路から流れ落ちる涙ほどの水を、大事にバケツに貯めるのに数分間は掛かる。根気良く待って水やりをする状況である。
f0053885_2056156.jpg

10時~望海坂自治区第一集会所にて、ふれあい喫茶が開催されて参加する。
今日は、デイサービスセンター「健康プラス淡輪」による“家でも出来る体操”である。
f0053885_2056573.jpg

介護施設向けの健康体操なので、多少は物足りなさは有ったが・・和気藹藹なのは良い事だ。
此処でも参加者は顔馴染みの方々である。中々新たな顔が少ないのは、新しい自治区なので未だ未だ交流の機会が少ないからであろうか?
f0053885_20573068.jpg

参加者の中には田代町長の顔も有ったが、明日は深日漁港祭りである。隅から隅まで忙しい方である。

・雨よ降れ 空を見上げて 独り言
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-24 20:57 | Trackback | Comments(0)
10月23日(金)
高校支援活動~みさき里山クラブの活動に参加する。
f0053885_20543791.jpg

今日は私からの依頼事項や打ち合わせ事項が多々あった。
・岬高校山海人プロジェクト植樹用苗木・アカマツ40本の件、
 岡田氏代表代行より頂いた見積書・了解頂いたので手配依頼する。
・岬町役場・観光交流課のホームページに
 「みさき里山クラブ」のブログをリンクの件
 返事待ちで有ったが、
 みさき里山クラブのバックを飾る写真の依頼が有り、
 近日中に役場のホームページからも、
 検索できるようになる予定である。
・多奈川竹林・水曜日の活動日に、
 要望した孟宗竹の切り出し対応の件
 切り役と運び役の数人を手配予定の必要性が有る。
・大人の林間学校・高大「音楽をたのしむ科」
 約30人(人数再確認中)11月6日の件
f0053885_22163354.jpg

 徐代表と打合せ:足の悪い方の対応と授業内容の打合せ。
 当日の参加人数に合わせて
 適時対応予定であるがピザ&コーヒータイムを予定

本日の取組には遅れての参加となったが、午前中は徐代表の里山講座の日である。
参加者は15名(雨宮、岡田、徐、立石、谷口州、谷口真、中山、長原、新野、西山、久川恵、久川兼、的場、柚岡、渡辺)
内容は「秋の七草」について、エピソードを含めて話があった様であるが、私には来週27日(木)に、みさき公園団地の老人会の里山訪問が有り、その時の徐さんの講座代役を依頼される。個人的にレクチャーを受けたが、私なりの勉強をして対応せねばなるまいか!

昼からの作業は、孝子の森のシンボルである2本の大きなケヤキの木がある。そのケヤキの木の剪定作業であった。
平成3年の植樹と聞いたので、12年の経過で立派に育った木なので、切るのには欲しい気もするが、広場の日射の関係やたき火の火の粉の事も有っての決断されたようだ。
f0053885_20472955.jpg

f0053885_20481225.jpg

f0053885_20485878.jpg

木の上にハシゴで登っての切り役はベテラン西山氏、監視役は岡田代表代行で切り落として、落とした木の枝は逐次片付けて束ねて行った。実働人数も揃ったので、定刻の時間内には作業も終了とした。
f0053885_20501100.jpg

f0053885_20503537.jpg


切ったり束ねたり元気な高齢者集団の代表格は、
長老・久川氏は87歳?
f0053885_443434.jpg

女性の2人は、久川夫人と堺市から遠征の雨宮さん
共に80歳を超えておられる。
f0053885_4434279.jpg

元気の秘訣は、前向きに行動する事でしょうか?

・シンボルの剪定 決断の時期 タイミング
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-23 20:50 | Trackback | Comments(0)
10月22日(木)
今日は快晴の秋晴れに恵まれて、淡輪小学校2年生(56人?)と先生方6人が、孝子の森へと遠足に来てくれました。
f0053885_19545320.jpg

孝子駅で待って居るとAM8;59分の電車が到着、改札口から元気に小学生が出て来て・・信号で一時ストップ。青に変わると走るように渡る姿が有り、先ずは今日の起点で有る孝子小学校へと案内する。
f0053885_19553482.jpg

f0053885_1956713.jpg

全員集まった所でトイレ休憩としたのは、山の中ではトイレ場所が少ないからである。
f0053885_19563461.jpg

“よろしくお願いします”の挨拶に続いて、徐代表から簡単な挨拶とメンバー紹介が行われた。本日のサポート参加者は11名(岡田、甲斐、佐々木、徐、谷口州、谷口真、中川、羽間、久川、柚岡、渡辺)
f0053885_19583619.jpg

f0053885_19591965.jpg

岡田代表代行の先導で孝子小学校をスタートする。
f0053885_2002919.jpg

森へと入った所で、ミツバチの養蜂箱があったが遠くから見る程度~直ぐにイノシシの罠場があり、ここでは元天王寺動物園・園長の中川氏から、クラス(2クラス)単位にイノシシを中心に小動物の山での暮らしについて、持参の写真を見せながらお話があった。
f0053885_2011930.jpg

f0053885_2014953.jpg

f0053885_202257.jpg

f0053885_2061044.jpg

少し行くと・・道の周りにはイノシシが土を掘り起こした跡も有る。ドングリや栗のイガやアケビの空も子供たちには良い教材である。
 
犬飼峠~急な道を上ると客山道の始まりで、昔使った名残りの水槽跡がある。其処からは落葉が土になった腐葉土のふわふわ道が続くので、比較的に歩きやすい道である。
f0053885_20102470.jpg

f0053885_20116100.jpg

途中ではイノシシのお風呂場(中川氏の話に有ったヌタバ)や柿を取ったり、黄緑色の大きな芋虫?も居った。遥かに展望台の見える場所まで来ると、生徒たちは後30分掛かるかな?会話をしたが、約10分位で到着する。途中ではヤマビコの聞こえる場所も有るが・・今日は風向きか?ご機嫌が悪かった様だ。
f0053885_20123722.jpg

f0053885_20131964.jpg

展望台に到着した時は、展望台から1組のみんなが手を振ったり、ウラジロ飛ばしなどをしていた。順次交代で展望台へ・・上り下りには交通整理が要るぐらいだったがトラブルも無し。遠望は少し霞んでいたので、海が見えなかったみたいで余り印象には残っていない。
f0053885_20135357.jpg

f0053885_20152346.jpg

ウラジロ飛ばしやらウラジロの茎で作ったピョンピョンガエルに注目が集まった。
f0053885_2016366.jpg

f0053885_20181083.jpg

尾根歩き~冒険コースへと誘導、何人かは体が固まって・・恐そうな子も居たが、全員が挑戦してくれたので上手く誘導できたかと思う。自信の無い子もチャレンジをする良い機会でもある。
f0053885_20192423.jpg

f0053885_2020970.jpg

f0053885_20221256.jpg

孝子の森広場に到着、早速に友達グループに分かれての楽しい昼食時間である。
少し覗かせて貰うと、お母さんの手の込んだお絵描き弁当も有る。これも子供たちには嬉しいお便りの様にも感じる。
f0053885_202324.jpg

f0053885_20235092.jpg

f0053885_20242988.jpg

f0053885_20245666.jpg

f0053885_20252316.jpg

f0053885_20293567.jpg

f0053885_2030685.jpg

昼食時間が終わると、目の届く範囲で自由時間である、
ハイジ―ブランコ、
f0053885_2039353.jpg

ロープで斜面上り
f0053885_20333056.jpg

f0053885_2034797.jpg

ツリーハウス
f0053885_20403071.jpg

f0053885_20405680.jpg

f0053885_20414296.jpg

丸太切り挑戦
f0053885_5325983.jpg

f0053885_2042936.jpg

f0053885_20431290.jpg

後は準備していたクヌギのドングリ拾い、紙ヒコーキ(4種類)、甘柿取り等も、子供たちの動く様子を見ながら小出しして楽しんでもらった。
f0053885_20441112.jpg

f0053885_20454278.jpg

f0053885_20461893.jpg

孝子駅からの帰りの電車は、時間指定されている関係で早目の下山として、孝子小学校にて時間調整をして貰う事にした。最後にクラス毎に分かれて全員で記念写真を撮って、里山メンバーも此処でお別れとした。
f0053885_2050541.jpg

f0053885_20503195.jpg

私は望海坂自治区の下校見守りに付くと、直ぐに2年生生徒が帰って来た。
“孝子の森は楽しかった?”聞くと、みんな笑顔で頷いてくれた。丸太切りの名札を大事そうに出して見せてくれた。良い思い出になって呉れたらしく、我々にとっても嬉しい事である。

・良い経験 良い思い出を 里山で
[PR]
by nabesada98 | 2015-10-22 20:03 | Trackback | Comments(0)