社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

10/31日・雑記

10月31日(月)
少し遅れて朝7時過ぎに「草取物語」の活動に行く。既にメイン道路・街路樹周りの草取りは開始されていた。だんだん寒くなると朝早いのは少し辛い日もある。
一通り草取が終わったら冬休みしようか?との事だが、今度は街路樹の落葉始末が発生する。昨年は高校支援活動で、余り出られない事が多かったが、要望があれば・・今年は参加の積りで有る。
f0053885_18575458.jpg

昼からは畑にて、畝作りは済んでいるので「食用なばな」の種を蒔いた。
以前には、岬高校サポートで出来た食用菜花を土曜朝市で販売した記憶は有り、大変美味しく好評だったので遣って見る積りで有る。
岬高校の菜の花畑は、年々収穫の品質が低下したので販売中止としたが、連作が原因だったのではないか?学校に進言して・・昨年は休耕にしたが・・今年はどうであろうか?
f0053885_1859399.jpg

私が借りている畑は、現在建設中の「岬町・道の駅」から見下ろす場所に有るが、周りを見渡すと休耕田が大変に多い。休耕田は雑草の楽園か?繁殖力の強いセイタカアワダチソウや葛などが蔓延る。
持主が高齢化した事も有るのでしょうが、良い活用方法は無いものでしょうか!
f0053885_1903254.jpg

f0053885_1905195.jpg

f0053885_191512.jpg

f0053885_1914025.jpg

・雑草が 蔓延る田畑 高齢化
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-31 19:01 | Trackback | Comments(0)

深日港フェスタ&草刈

10月30日(日)
第6回深日漁港ふれあいフェスタに行く。
f0053885_18343615.jpg

今日は少し肌寒さは有るが・・良い天候に恵まれて、お客さんの出足は良い様だ。10時の開催前から行列の出来ている店もある。出店されている方々や顔見知りの方々との交流をしながら一回りする。
f0053885_18353254.jpg

f0053885_1836612.jpg

ついでながら、近くの海釣りセンターを覗くと沢山のお客さんだ。このセンターを作りには賛否が有ったようだが、良い結果に動いていると聞いている。
f0053885_1844976.jpg

ゆっくり見れば、色々と参考になるステージイベントや物作り教室なども有ったが、畑に立ち寄って草刈機を積み込んで帰ると・・もう昼前であった。
f0053885_18444987.jpg

f0053885_1848937.jpg

昼からは、見先氏と岬高校サツマイモ畑の草刈作業を行った。
11/7日(月)に学校の先生や生徒の有志が一緒になって、芋掘り作業をされる予定なので、協力をお願いしたとの連絡を受けたので、その前に先ずは草刈作業の必要性が有り、畑周りや空き場所の草刈作業を行った。
f0053885_18391726.jpg

f0053885_18394295.jpg

実際の芋の出来具合は掘ってからの楽しみで、どの程度の出来かは全く分からない!不安なのは・・種イモを植えて間もなくに・・草の成長が早く・・蔓が草の上を這って伸びていたので、少しは対応したが・・殆どが手づかずだった事である。

~私の借地の隣や空地にコセンダンクサ(通称ヒッツキムシ)が繁って居り、もう少ししたら服に付着すると始末に困るので、草刈機で全てを刈り取った。
f0053885_18502542.jpg

ここ数年であらゆる所に繁殖している。ヌスビトハギと共に困った草が増えたもので有る。

・賑わいの フェスタ次に 繋げたい
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-30 18:40 | Trackback | Comments(0)
10月29日(土)
土曜朝市にて・・立上げサポートに行く。今まで遣って来た望海坂出口の場所と比較したら、場所変更で馴染みのお客さんは減ったが、近くのお客さんが次々と増えて賑わっている。今は野菜が高い事も含めて、地域の来客が増えた様である。
f0053885_18462149.jpg

f0053885_1846413.jpg

~望海坂自治区「いきいきサロン」へと行く。
コーヒー(松風庵・朝焼みかさ付)100円は出血サービスだが、地域の交流目的が趣旨なので、考慮されているのであろう。
コーヒータイムでの話題は、児童公園のボランティア草刈やスーパー・トライアルの工事が始まり、開店が楽しみで有る事などが中心であった。

本日の催しは、第1部と第2部で下記の通りであった。
1部:「乙女文楽」公演 吉田光乃様(阪南市在住)
人形を使って顔や手の細やかな動きは、見る人を引き付ける素晴らしい演技に魅了されました。
「乙女文楽」は大正時代に大阪で生まれ、戦後しばらくしてから復活、乙女文楽座として活動されているそうです。
f0053885_1850140.jpg

人形の首は遣い手の耳紐で・・左右の手は遣い手の手で・・体は腕金で支え・・足は遣い手の太腿に結ばれ、使い手と一体になって、繊細な動きを表現するのだそうです。
f0053885_18513036.jpg

今日の演目は「三番叟」(揉みの段)と「壺阪観音霊験記」(沢市内の段と沢市山の段)を演じられ、終わって~は観客と人形の握手サービスも有りました。
f0053885_18523478.jpg

身近で文楽に接する事が出来、人形に依る演技が人を引き付ける芸能文化と言う事、認識した気がしました。

2部:「サキソフォン演奏会」加藤和成様(河内長野市在住)
f0053885_1853111.jpg

昭和のなつかしき曲をトークを入れ乍ら、10曲+アンコール1曲を演奏される。
演奏を聴きながら目を瞑れば・・懐かしき昭和の風景が浮かんできました。言葉だけでは頭に残らないが、曲に乗れば昔の歌が思い出される・・音楽の素晴らしいところでしょうか?
f0053885_18534364.jpg

f0053885_1854461.jpg

「雨に咲く花」「宵待ち草」「すきま風」「北の宿」「奥飛騨慕情」「旅の夜風」「青春日記」「湯の町エレジー」「通い船」「君はこころの妻だから」「十三夜」
其々を歌った歌手は誰だったでしょうか??

・懐メロに 昭和が浮かんで 来る脳裏
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-29 18:54 | Trackback | Comments(0)
10月28日(金)
午前7時30分に多奈川小学校・3年生担任の先生から電話が入り、天気予報が9時頃から雨となっていたので、孝子の森への遠足は延期となった。徐代表に連絡をして・・里山の活動日でもあったが活動も中止となる。野外での取組は、天気に左右される事が多く・・致し方ない事である。
振替予備日は11月下旬予定で・・連携して対応するつもりで有る。
f0053885_20183164.jpg

海星幼稚園に立ち寄って、11月4日(金)に園児・年中組19人が孝子の森・遠足予定の打合せを園長先生と行う。
午前10時 :幼稚園所有のバスにて、中孝子の旧農協前に到着~孝子の森へと向かう。
10時30分 :孝子の森・広場に到着、広場にて、ロープで斜面上りが前回人気だったので、強い要望があった。
f0053885_20151851.jpg

      ブランコ、シーソー等で約1時間自然体験をする。
11時30分:下山・・12時に幼稚園に帰る予定になっている。

花粉症の現象か?目が痒いし鼻がムズムズして、疲労感も有るので休養日としたが、落ち着かず出たり入ったり・・下校見守り担当者に11月度の学校の行事予定の配布。
f0053885_209058.jpg

岬高校の畑に立ち寄ると、2年生の山海人プロジェクトで、菜の花畑は綺麗に整備していた。11月7日に、サツマイモ畑の芋掘りを有志生徒たちと行う予定となっている。
f0053885_2094179.jpg

f0053885_2010558.jpg

岬川柳10月号の作成にかかる。
宿題「縁日」より
虎の子を 縁日だからと使う 子等   の び
縁日も 子に付き添われ ゆく身なり  君 子
御先祖と 語り安らぐ 感謝の日    富美子
わくわくと 掘り出し物を 京弘法   茂 平
お小遣い 手に握りしめ 縁日へ    清 一
縁日を 粋な法被が 群れて行く    洋 子 
縁日の 金魚育って 池の主      和 美
風鈴の 音縁日に 涼を呼び      晴 美
縁日は 孫のお供で 遠回り      令 子
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-28 20:10 | Trackback | Comments(0)
10月27日(木)
今日は淡輪小学校2年生3クラス(85名)が遠足で孝子の森へと見える日である。
サポートメンバー5人(徐、谷口、福永、柚岡、渡辺)は、早目に孝子小学校に集合して~孝子駅手前の信号で待って居ると、8時59分の電車が到着~生徒と先生方6名が改札から出てこられた。
f0053885_21231378.jpg

信号が青に変わると走るようにして渡る姿は、みんなニコニコ顔で手を振る生徒も有った。
f0053885_21234631.jpg

~孝子小学校へと同行して~皆で挨拶交流~徐代表の簡単な挨拶~みさき里山クラブ・サポートメンバーの紹介~クラス別に「岬の歴史館」の見学~トイレ休憩。
f0053885_2124931.jpg

f0053885_21243873.jpg

f0053885_2125681.jpg

早く終わった2組から、孝子小学校を柚岡氏の先導でスタート、続いて1組を渡辺が、3組を福永氏が先導で孝子の森へと向かう。
f0053885_21255189.jpg

f0053885_21263512.jpg

f0053885_21271422.jpg

今日の行程は、孝子小学校~(途中イノシシの罠や掘り起こした跡がある)客山コース~展望台へ、
f0053885_21275793.jpg

f0053885_21281454.jpg

f0053885_21283656.jpg

展望台ではひと休みとする。休むにはちょうど良い風が吹いて爽やかであった。
遠望はやや靄っているが、淡路島や瀬戸内海は見える。自分たちが上がった方向を示しながら、此処まで歩いて来た道を教える。
f0053885_21291073.jpg

f0053885_2129353.jpg

f0053885_21301071.jpg

f0053885_21303425.jpg

次のクラスが来たところで、展望台スタート~ロープで下りる冒険コースへ(ロープの握り方を一人一人に教えて、手荷物を預かる)~広場へ
f0053885_2131091.jpg

f0053885_21331626.jpg

3クラスが揃ったところで集合~注意事項と時間を見て30分間の自由時間
f0053885_21335028.jpg

・ロープ登り・・次々と斜面を登って下りるが、中には滑ってお尻を汚す子も有り、先生もチャレンジの姿有り。
f0053885_21363285.jpg

f0053885_22195953.jpg

・ブランコ・・別名ハイジ―ブランコも行列が出来る順番待ち、揺れ動きで周りを注意!
f0053885_21395548.jpg

・ツリーハウス・・この場所も上がって反対方向から下りるが・・眺めは良い。
f0053885_21424983.jpg

f0053885_21434052.jpg

・木登り・・先生の見守り応援を受けて、頑張って登る女子のおてんばさんもあり。
f0053885_2144162.jpg

・シーソー・・男の子が大人数で独占していたが、楽しそうに遊んでいた。
f0053885_2149654.jpg

・丸太切り・・男子も女子も順序良く並んで鋸カットに挑戦、切った木片を大事に仕舞っていた。
f0053885_21493682.jpg

f0053885_21494949.jpg

笛と共に再度集合、注意事項があって・・待望の昼食タイム
f0053885_21505248.jpg

各人が持参したシートを広げて、其々のグループに分かれて、親に作って貰った色々な楽しいお弁当を広げ、見せ合いしながら食べていた。“残さないようにね!”言いながら覗くと、楽しい顔や動物やフォークやナイフを人参で作ったものまであった。親と子の無言の絆であろうか。
f0053885_21512894.jpg

f0053885_21573287.jpg

f0053885_21583280.jpg

f0053885_21592979.jpg

昼食後の自由時間には、持参したストロートンボや紙ヒコーキ飛ばしも入れて、新たな遊びにも挑戦して貰う。自然の中で・・元気いっぱい声を出して、動き回って遊ぶ!みんなの良い笑顔がはじけていたが・・下山時間となる。
f0053885_2201916.jpg

f0053885_2204145.jpg

皆でゴミ拾い~場所を変えて集合写真を撮って~孝子小学校~孝子駅へと同行する。
f0053885_2213875.jpg

f0053885_222267.jpg

f0053885_2222441.jpg

山へ登る時も下りる時も、元気な歌声が山いっぱいに響き渡る。
f0053885_223927.jpg

“ぼくたち少年少女冒険隊・・♯・・”一緒になって歌いたくなるリズムで、一緒にいるだけで元気が貰えそうな気持ちで有った。
f0053885_2235347.jpg

・里山も 子等の歌声 嬉しそう
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-27 22:04 | Trackback | Comments(0)
10月26日(水)
気候異変と言うのか?今年は猛暑から秋を飛ばして冬に入った感じである。その影響か?我が家の庭にも次々と異変現象らしきものが有る。先日話したサツキが次々と花を付けてくる。本来ならば5月頃だった筈の桑の実が、小粒ではあるが沢山実を付けて熟したのも有る。
f0053885_1913596.jpg

f0053885_19173085.jpg

気候異変の原因が、大気圏に溜まった温室効果ガスだと言われて久しい。ガス排出国の2大メーカーのアメリカと中国が、やっと規制に乗り出したそうだが・・我々には解かった様でも解からないことだらけである。

岬川柳会・10月号の会報誌の作成に取り掛かるが、近詠句だけを打ち終えた。
f0053885_19155892.jpg

f0053885_19161795.jpg

近詠句より
数あれば 道理引っ込む 談義かな   西井 のび
朝夕の 季節進んで 息をつく     吉本 晴美
感動で 胸熱くした パラリンピック  星野富美子
鈴虫の 鳴き声連れて 秋の風     細川 清一
バッタ曳く 蟻のだんじり お宮入り  稲原  治
カレンダー 持っているのか 彼岸花  服部雄三郎
人らしく 最後は感謝で 終りたい   大平 洋子
年老いて 忘れた事を なすりあい   後藤田君子
 住まわせて いただく地縁 二十年  辻下 和美
雨もりに 水琴窟と 苦笑い      高橋 茂平
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-26 19:16 | Trackback | Comments(0)
10月25日(火)
みさき里山クラブ活動日であるが、先週から寒気と微熱が有ったので今日は近くの病院に行く。何時もは1時間ぐらいで終わるのだが、今日は混んでいて昼過ぎまで掛かった。
久しぶりに行っても、顔見知りの方にお会いすることが多くなったのも、歳を取った証拠であろうか。
f0053885_19403169.jpg

f0053885_1941258.jpg

帰る途中では、望海坂自治区入口の商業用地に、来年度5月頃か?開店するスーパートライアルの工事が愈々始まった。住民の皆さんの買物には不便な場所だっただけに、建設工事着工が始まったので、スーパーの新装開店が待ち遠しく思う。
f0053885_19412266.jpg

4時過ぎに多奈川小学校3年生担当の安藤先生から電話があり、10/28日(金)の社会見学・孝子の森訪問の件で打診が有り、学校訪問して打合せを行う。
f0053885_19415856.jpg

f0053885_19423282.jpg

日時:10月28日(金)9時30分孝子小学校へバスで到着
生徒数19名と先生2名
9時30分~10時:岬の歴史館見学
10時~孝子の森へとスタートする。
(孝子小学校~客山ルート~展望台~冒険コース~孝子の森広場へ)
11時30分~12時:昼食
12時~12時50分:自由行動(ブランコ、シーソー、斜面上り、丸太切り等)
12時50分~13時:10分間のミニ講座(山の大切さについて)
13時~下山
13時30分:孝子小学校~バスで下校
尚、雨天時中止の連絡は、当日7時半頃に連絡を頂く予定で有る。
予備日:11月30日(火)

・秋最中 山が待ってる 子等の声
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-25 19:42 | Trackback | Comments(0)
10月24日(月)
岬高校「山海人プロジェクト」の校外学習実施日である。真っ青な空から陽が射す・・好天に恵まれた開催日となった。
1年生が山に・・2年生が畑や通学路・花壇に・・3年生が海に、地域の方々との交流を通して、人づくりをして行こうとの趣旨で、毎年取組が開催されており、みさき里山クラブは1年生6クラスを里山づくりとして、連携の上で植林と間伐でサポートする。
f0053885_20334540.jpg

高校で行われた打合せの会議で、例年各クラス単位×6回で誘導していた取組~今年は2クラス×3回で提案、学校の賛同も得た上での取組となった。

孝子小学校8時55分の集合だが、30分前に到着すると、全クラスの先生方と第1グループ(1,2組)の生徒も数人は見えていた。
f0053885_207217.jpg

f0053885_208171.jpg

集合時間帯には、1,2組で40人の生徒が集い。
簡単な注意事項として、下記の2点を申し上げる。
・里山では、枯葉・枯草が多く火気厳禁である
(喫煙姿を見つけたら取組中止)
・勝手な行動は取ら無い様に・・
(マムシ、ダニなど害敵有り)

1年生6クラスが下記の組み分けで客山ルート~展望台~作業場所~広場へ
f0053885_20103272.jpg

1グループ(1組・間伐、2組・植林)
2グループ(3組・植林、6組・間伐)
3グループ(4組・間伐、5組・植林)
私は3グループのサポートとして、先頭を歩くも山は1本道なので、途中での説明事項は除き、気付いた注意事項程度で展望台へ、(約10分の休憩)
f0053885_20111147.jpg

f0053885_20113314.jpg

f0053885_20115645.jpg

~三叉路にて間伐組(4組)は北尾根へ・・植林組(5組)へと誘導する。
植林は甲斐氏の植林の植え込みを実演で説明~全員で13本を手分けして植林する。
f0053885_2014993.jpg

f0053885_20154990.jpg

f0053885_20171122.jpg

f0053885_20184470.jpg

間伐も近くだったので、少し顔を出すと、少し太めの木を倒す方向にロープで引っ張って切り倒していた。
f0053885_20193567.jpg

f0053885_20201213.jpg

植林場所に戻り、柚岡氏先導で先輩の植林場所(平成24年度、26年度、27年度)を見て~リョウブ谷を通ってから広場へ。
f0053885_20212739.jpg

f0053885_20215651.jpg

f0053885_2023223.jpg

間伐組は久川氏先導でヤマモモの道を通って広場へ
f0053885_20232578.jpg

3グループが一緒になって、希望者には丸太切りにチャレンジして貰って、本日の取組は終了とした。
f0053885_20244481.jpg

f0053885_2025276.jpg

今年は先生の指導もあって、全員が集合してみさき里山クラブの皆さんに、お礼を言ってからの下山となった。
f0053885_20255394.jpg

f0053885_20262595.jpg

・松茸は 何年先か 植林日
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-24 20:26 | Trackback | Comments(0)

新興住宅地の秋祭り

10月23日(日)
望海坂・自治区「秋祭り」は昨晩の雨で,
少々ヒンヤリとはしたが、天気は回復してまずまずの祭日和となった。
f0053885_19294861.jpg

フリーマーケットは色々な掘り出し物が有ったようだし、自治区のお店は・・おにぎり、から揚げ、枝豆などに、地域関連では・・たこ焼き、揚げ餅、中華まん等々、盛りだくさんの出店に1日中賑わっていた。
f0053885_19302264.jpg

f0053885_19305188.jpg

子供たちの遊びコーナーでは、輪投げにヨーヨー釣り、射的、パターゴルフなどがあった。
f0053885_19314922.jpg

f0053885_19322321.jpg

私が担当の手作り工作コーナーは、恒例のストロートンボ、ブンブン団子の他に、パクパクあんぱんまん、パクパクどらえもんや牛乳パックで作る提灯、頭の体操等も用意した。
f0053885_1933328.jpg

f0053885_19333196.jpg

f0053885_19334872.jpg

何と言っても、祭りのハイライトは「こども山車」が、親子一緒に自治区内を一回りして祭会場に帰ってくる事でしょうか。岬町内で子供さんが少なくなった自治区から、必要なら譲りますよ!の声を聞いて、早速トラックを準備して頂いて来た事から、今も大事に活用させて頂いている。
f0053885_19373636.jpg

f0053885_19375670.jpg

自治区発足2年目の祭から、全家庭に参加を呼びかける意味も有って、地域通貨を参考にして商品引き換え券を発行、各家庭に祭りでのみ使用が条件だが、有効に活用されている様だ。

新興住宅地の秋祭りは、五穀豊穣や無病息災と言った神社対象の祭りではないが、地域の対人関係の交流の場として、年に3回行われているイベントの一つで、毎年・・自治区長を中心に班長さんも頑張りは、今日も来客の切れる事もなく、1日中賑わって良かったと思う。
f0053885_19451360.jpg

・祭事 通して人の 和が出来る
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-23 19:38 | Trackback | Comments(0)
10月22日(土)
第1回里山ボランティア講座の開催日であるが、他の取組との重複も有って申込者が少なかった。個人的にお聞きした方々からは、来月からは参加できるかも・・との返事も頂いている。会員の皆様も10月度は中旬から下旬に掛けて、良い候も有って地域の活動も色々と行われている様だ。一般参加者と会員を含めて10名の出席は、聊か寂しい教室で有った。
f0053885_21152772.jpg

講座内容は社協・西田氏のパーポイント設定指導もあって、写真やイラストで示されると、解かり易く里山の必要性を改めて痛感した。
第1部の岡田氏
f0053885_4551057.jpg

みさき里山クラブの経過と現状の報告を解かり易く纏められた上で、展望台から客山コースを作った事で、孝子小学校から一周できる繋がりが出来た事、森の幼稚園から地元小学校から高石ジュニアの取組等を通して、自然と人との触れ合いが広がった事を事例に上げ乍ら、孝子の森の将来像は、尾根はアカマツ林~中腹はコナラ・クヌギの落葉樹林として、明るい里山づくり構想を述べられた。
第2部の中川氏
f0053885_21165898.jpg

野生動物と里山と題して、森林資源を持つ里山は森と農山村を結ぶ役割があり、落葉樹が基本で・・日本固有の動物の生息地で有ったが、近年は外来動物が蔓延って抑制の動きはある。
山村には高齢化、過疎化、休耕田、放棄地があり、里山の荒廃にも繋がっている。
最後は色々な交流を通して、里山の発展に繋げて行く必要性を述べられていた。
終了後は、孝子小学校内の展示品を見学して午前中の講座は終了となった。
f0053885_21172848.jpg

明日が望海坂自治区・秋祭りであり、私の「てづくり工作教室」は恒例になっており、午前中で帰宅して・・明日の手作り品の下準備のチェックや歯医者などの私用も含めて、遅くまでバタバタした1日であった。

・里山の 大事認識 した講座
[PR]
by nabesada98 | 2016-10-22 21:17 | Trackback | Comments(0)