人気ブログランキング |

社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

就職戦線から

2月4日(水)
f0053885_19593244.jpg昨日で地元の高校三年生は最後のテストも終わり、あとは卒業式を待つのみであるが、下校時の三年生の一人に“今日で終わりやナ~”と声を掛けると、ニコニコしながら“ハイ”と返事が返ってきた、“嬉しそうな良い顔やネ”と返す、“ハイ就職も決まりました”爽やかに応答がある、“おめでとう”“有難うございます”当たり前の会話だが、何故か他人事でなく嬉しく思う

内定取り消しやら厳しい就職戦線の中で、学校に出入りする機会があるので、掲示された募集広報を見た事もあるが、進路指導の先生方も大変であろうかと想像する、採用する企業の方も今後の見通しが分らない、製造業の現状は物が売れないで溜まる在庫、生産調整の結果は労働力のリストラや解雇、難しい問題が生じている

卒業時の運・不運も人生だと思う、私の卒業時は就職難で行き先が無く、住込みで大阪の小さな紙工会社に来た、暫くして高度成長期に入り就職先は選り取り状況であった、会社の要望で求人に故郷の学校訪問した事があった、大手企業の立派な求人パンフレットの中に、小さなチラシを持参して高校・中学を訪問した、お世話になった先生を頼りに回り、金の卵として預かった生徒の将来に、重い責任を感じながらお世話した事がある

・行き先へ 夢に輝く 顔が有る
by nabesada98 | 2009-02-04 20:00