人気ブログランキング |

社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

「大人の林間学校だより」第6号・巻頭

7月27日(金)
「大人の林間学校だより」第6号の校正も終り、役場の軽オフにて500枚プリントする。役場内の関係先や社会福祉協議会、岬町保険所、青少年海洋センターに持参する。全文を添付しようとしたが上手く添付できない。
f0053885_20474635.jpg

巻頭のNPO法人理事・新野氏の原稿を載せることとする。

「ボランティア~大人の林間学校」  新野良司
私が会社を退職した折には、ボランテア活動を考えましたが、
我流でやるより、焦ることなく大阪府高齢者大学校(以下高大)地域コミュニティ科で、地域活動の取り組み方等を学びました。
その結果は、大切な友達が沢山出来たことや大変貴重な経験をする事が出来ました。

何もわからない私でしたけれども、「NPO法人まちづくり岬」の渡辺代表が「大人の林間学校」の取組をやられている事を知り、当初は参加者としての関わりから、「NPO法人まちづくり岬」の会員となり、地域での良き対人関係も広がりました。

「大人の林間学校」「大人の林間・臨海学校」では、平成23年6月高大地域コミュニティ科のインターンシップで参加、その他グループでの参加もしてきました。
平成24年5月には、私と係わりのある高大子ども科学研究科の遠足を実施する事も出来ました。その他にも、沢山のグループでのリピータ参加を頂き、本年7月度現在で55回目を迎える事が出来ましたのも、今まで参加・ご協力頂いた賜物と感謝します。今後も多くの方々に楽しみを体感して頂けるように計画していきますので、是非のご参加をお待ちして居ります。
f0053885_20493618.jpg

「みさき里山クラブ」の活動も目を見張るものがあります。
ジャングル同様で使えるようになるだろうかと不安を抱きながら 地道な活動で孝子の森の広場・展望台・ハイキングコース・植樹等を平均年齢70歳位のメンバーで、元気に頑張っていただいています。年齢を超えて活き活きと協力しながら、活動されて今日を築かれました。孝子の森は「大人の林間学校」の校外授業の中心を担っている場所です。

充実したカリキュラムのもと、「林間学校」では、無邪気な童心にもどり、童謡を歌い、楽しい体操、
「坂の上の雲」等の講義を受け・・・
豊かな草木の息吹を肌で感じて、孝子の森・展望台までの散策を楽しみ、
広場での昼食もまた格別ではないでしょうか。
「臨海学校」では、海水を浴びながらも果敢にカヌー・クルージングに取り組み、青春の心意気を
満喫、そんな雰囲気を吸収し、謳歌出来る場所が「大人の林間・臨海学校」です。

今までご参加頂いた皆様のご協力・ご参加に感謝致しますと共に、
今後も宜しくお願い申し上げます。

他人の原稿に一句添えて失礼とは思うが・・・。
・人と人 結び弾んで いる余生
by nabesada98 | 2012-07-27 20:47