社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

ピンチ

10月19日 (木)
岬川柳会は毎月第三日曜日の昼からだが
今年は、他の行事と重なり欠席がちである
参加できない時は、投句といって宿題句を作り
事前に送るか、参加者に渡せば済む事だが
十月度もお願いする積りで準備していた、だが
望海坂の祭り広場で話に夢中、遂に途切れた

皆さんの句を見ていると、大変参考になる
手元にある8月号より、好きな句を書き出すと
其々に、色々な事を思うもんである

宿題「ピンチ」より
・核で金使い豪雨のたたる国      蛙城
北朝鮮の核実験には驚く、各国の反応も早い
国連も制裁決議だが、核保有国が制裁を決める
世界の安全は、何時までも消える事はない
北の国は、一般住民が飢えても核に金を使う
指導者を、何とか出来ないものか

・肝っ玉母はピンチに動じない      東吉
・ピンチでも遣り繰り上手母の知恵   富美子
・ピンチにも笑顔忘れぬ母の意地    年子
どうも世の中ピンチに立ったら、女が強そうだ
男は強がり言っても、ピンチには余り男が出ない
耐える力は、一枚女が上位なのでしょうか

・ピンチです言いつつ会社生きつづけ  貞夫
ピンチなのに、儲かっている様に偽装する会社もある
ホリエモンだ、ピンチと言いつつ堅実な会社もある
私はピンチ情報で、得意先を訪問し取引中止をした
お世話になった会社で辛かったが、3ヵ月後に倒産した
手形が少し残って会社に迷惑をかけ、罰金を払った
何処かの行政機関なら、多分お咎めない金額と思うが・・・

貞夫=ナベサダ
[PR]
by nabesada98 | 2006-10-19 16:28