人気ブログランキング |

社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

親と子から

7月31日(木)
明日から8月だ、堺市社会福祉センターでここ数年毎年の事だが、私が所属する泉州ひまわりネットの皆さんが、手作りおもちゃや折り紙を展示の予定である、私自身は地域活動の関係と距離的にも遠い為に、月数回は顔を出す積りだが、昨日は要望に答えて手作りしたサイコロキューブなどを持参する

f0053885_22492893.jpg本日は不思議な事に、役場の関係と自治区ふれあい関係の2ヶ所から、子供相手に何かをしてほしいとの要望があった、このところ町内でも紙おもちゃ作りが続いたので、室内で手軽なスポーツ「ディスコン」か、簡単なマジック教室か、折り紙と紙おもちゃ作りか、時間や参加人数で考えて見たいと思っている

最近は教育や子育ての荒廃が言われているが、子どもの教育や躾けは最終的には親ではないかと思っている、学校での教育は数人を一人の教師で見るわけだから、全てを把握しろと言うのは無理な事と思うのだ、1年間生徒と向き合ったとしても、小さい時から一緒に居て心身ともに分っている親に勝てる訳はない筈だ、なのに責任を他人に押し付けようとする親があるそうだが・・・

家の中で過保護に育てたい気持ちは分るが、“可愛い子には旅をさせ”小さい時から地域のイベントに連れて来られるとか、子供に体験活動をさせる事は良い事だと思うのだが、イベントへの参加が少ない時があるようだ、社会の現場でもまれて礼儀作法が良くなった、会社勤めで人間が変ったな~と良く聞くが、社会に出て生き抜くのは自分自身だから・・・

・親の背を 見つめて子供 夢探す
by nabesada98 | 2008-07-31 22:49