人気ブログランキング |

社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2006年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

みさき公園に行こう

3月30日(木)
みさき公園園長が、ブログに参加下さる
NPO法人のホームページ、担当はS理事だ
手前びいきと言われるかもしれないが
なかなか、素晴らしいセンスの持ち主だ
岬近郊の風景と、流れるような言葉
みさき公園の動物達との、画像と会話
実によくマッチしている、多くの人に
見てもらいたい、一コマ、一コマだ

みさき公園は、開園50周年を迎えるそうだ
私には、思い出深い場所である
大阪に就職、直に会社の日帰り旅行があった
行った先が、みさき公園と淡輪公園だ
そして、3年前岬に新住居を構える
何か不思議な、岬との縁である

月に何度か吹田に、行く
いろいろな方との交流の中、時に
岬には何があるの、聴かれることがある
みさき公園があるところ、通じる
古墳も夕日も素晴らしい、通じない
前町長が不正をした、先方から言われた

先の講演会で、園長が話された
財政の厳しさと現状、実に詰まる思いで聴いたが
この町にとっても、人を呼べる大きな財産だ
聞けば、明日は神戸のポートアイランドの閉園
オーイ、皆でみさき公園に行こうよ
時節柄、春は満載だ

・動物の役者もキャッチしたカメラ
by nabesada98 | 2006-03-31 06:53

講演会の纏め

2月29日(水)
観光事業講演会を、締めくくる
講師の皆さんの真剣な取り組みに、感謝
研修の総括は、8項目に整理してみた
新たな発見、現地研修、若手講師、観光スポット
地域産業、講演以外の場所、IT対応、基本ベース
纏め上げた資料も、好評だった

参加者から、多くの意見も引き出す
ボランティア活動の人材確保から
各種団体との協働の必要性まで
貴重な意見が沢山出る、無にしてはならぬ
スタートは協同のグループ作りの、提案だ

それにしても、岬は観光材料が豊富だ
夕日百選、古墳めぐり、自然海岸、等々
数え上げれば、きりがないが
自然と歴史の町を、改めて痛感
提案した事例も、いろいろあるが
問題はどう実行するかが、問われてる

よそ者、ばか者、若者は講師の話に出たが
もう一人大切な人があった、元気な高齢者だ
担ぐ荷物は、重たいかもしれないが
お互い声賭けをして、もうひと踏ん張りするならば
磨けば光りそうな、この町だ

・頑張ればまだまだ弾む高齢者
by nabesada98 | 2006-03-30 00:17

人と人

3月28日(火)
晴れたり、降ったり、曇ったり
何ともややこしい1日だが
天気予報は、その通りだ

2年間自治区で行っていた、お茶会
今月で終了を先日、先生に伝える
事情あってのこと、やむなし
ところが、先生宅に習いに通いたい
生徒さんから要望が出る、少し遠い
その旨に先生、嬉しくもあり心配もありだ
考える時間を渡し、後日、受けていただく
人と人の、繋がりの温もりを思う

ある人から連絡が入り、訪問する
車椅子、健康器具など不用品の相談だ
社協と連絡を取り、預かって帰る
お一人になって、少し寂しそうだ
近所との付き合いも、大きくはない
何か有ればと、声掛けをする

明日、観光講演会の最後を受け持つ
里山、里海で活動されているT様に
合計12回の資料作成をお願いする
写真満載で、見栄えも良い
この講演会で、はじめて知ったお方だ
インキを買いに走るも、近くになく遠方まで
気が焦る、いい町だが不便さは辛い時もある
何とか間に合いそうだ、感謝

・暖かい絆平和だなと思う
by nabesada98 | 2006-03-28 19:29

IT講演会

3月26日(日)
12回目観光事業講演は、ITによる対応だ
講師はNPO法人の理事で、最年少のS様だ
パソコン教室でも、教え方には定評がある
しかしながら、不幸にも町のイベントと重なる
参加者は少ないものの、パーポイントを使い
画像構成も、分かりやすく進行する

IT対応は、高齢者には遠く感じるかもしれない
だが、前向きにやれば、敷居は高くない
避けて通れば、一歩も二歩も遅れる
ましてや、観光事業は情報が命だ
画像を通して、勝ち組の事例が上がる
内容も更新も、検索すれば豊富である

わが町ではどうだ、ホームペジを検索する
観光事業の更新が全くない、と言う事は
生きた情報は、ないに等しいのだ
我々は、どう対応するのか
ブログがやれる町のPR者、募集の提案だ

終わって、数名の方と場所を変え
コーヒーを飲みながら、この町を語る
みんな、この町を良くしたいのだ
このままでは、心配が先に来る
協働で出来る糸口あれば、進言しよう

・ITの遅れは町を遠くする
・頑張ってみてもIT子に勝てず
by nabesada98 | 2006-03-26 18:50

絵手紙クラブ

3月25日(土)
日本晴れのすがすがしい、春である
知人S様に、渡したいものがあり連絡をとる
観光スポット長松海岸で活動中だ、この場所は
今日も突堤では、何組もの釣りを楽しむ人
道路沿いの防波堤は、各団体のペインティング
バックには花壇に松林、そして
夕日百選にふさわしい最高の場所だ

S様は絵手紙クラブの会長Y様と、今日は
据え付けられたベンチの、ペンキ塗りだ
但し、絵手紙ふうのイラストである
先日、クラブの皆さんと塗った、残りの仕上げだ
ベンチ各々、カモメ、親子亀、鯨、花、などだが
子供から大人まで誰もが、楽しくなる絵だ

通り過ぎる人たちが、何組も足を止める
私は技量なく、しばし会話を楽しむ
終わる寸前で、堪らず目立たぬ処に一筆入れる
今度来たとき、私だけが知るペイントだ

S様は山や海辺で連日のボランティア
便所の掃除にゴミの収集、なかなか出来ない事だ
地道な努力は、まちづくりの基本だが
より多くの人の参加を、どう対策するかが課題だ

・まだ動く体は町で生かそうよ
by nabesada98 | 2006-03-25 22:15

電話口

3月24日(金)
シルバーアドバイザー養成講座、同窓のH様
久しぶりに電話を頂き、近況を話する
同窓の中でも、大切にしたい数人の一人だ
H様は、羽曳野にてパソコン教室を立ち上げ
厳しい環境で実績を残し、継続中の人だ

昨年、NPO法人でパソコン教室を模索中に
一度、訪問したことがある
講義の最中だったが、教室の雰囲気は感じた
幸い、この町ではS君が講師として
立ち上がり、ホームページの作成
教室の講師として、好評裡に進行している
このブログも、彼の指導の成果の一つだ

今日の電話は、羽曳野も古墳の町
史友会主催での講演会に、300人の参加者が有った事
知人の方から岬観光事業講演会の話が有った事
4月度の箕面の例会に参加の事
など、近況の交流だ
何時もはメールだが、元気な声を聞くと
にこやかな笑顔が、脳裏に浮かぶ
有難きかな、電話だった

・メールよりたまの電話にある温み
by nabesada98 | 2006-03-25 01:08

義父の三回忌

3月22日(水)
義父の三回忌法要に、島根に帰郷
広島との県境近く、山に囲まれた町だ
川は護岸工事で変わったとはいえ
昔の面影が随所に残り
泳いだり、釣ったりした昔を思う

法要は、義父母の親族関係者が参席
済んでからの食事会は、故人を偲んだり
親族の親睦の場でもある
話を交わしながら、だんだんと親から子に
子から孫へと話が移ると、主役は孫だ
孫が動くと皆が注目、皆が笑顔だ
子は宝とは、よく言ったものだ

故人の義父は、国鉄バスの運転手だった
昔の、狭い山道を後続車が来れば
追越できる広い場所まで
待てよ、待てよと言って走り
広い場所に来れば、道を譲って走ったそうだ

私の思い出は、絵日記を書いておられた事だ
今で言う、ブログのさきがけのようなものだ
帰郷の折は、絵日記を見ながら
旅行や来阪時のことなど、話題此処に有りだ
特に食べ物が多く、説明付の絵も又楽しや
酒が好き、話が好き、古道具が好き・・・
元気な時の笑顔を思いながら、故人を偲ぶ

・親族の 交じりも兼ねている 法事
by nabesada98 | 2006-03-23 00:09

自然と観光

3月20日(月)
町の自然と観光の講演を、S様にお願いする
岬の自然を語る第一人者だ
日程を何度も調整、だが私の日程と重なる
多忙な人である、講師最優先で日程を決める

お逢いしたのは、寒い風が吹く長松海岸だ
松の植林、下ごしらえの最中であった
鍬を手に、一人で準備をしておられた
防寒の頬かむりから、ご高齢の顔が見える
立ち去りがたい思いだが、次の予定があった

ケーブルテレビでお馴染みのS様だ
独特の口調で、お話される姿を思う
歴史と共に生きる草花・植物
地質を学びながらの、散策コース
数多い岬の峠は、昔を偲ぶロマンコースだ
話は尽きないだろう

岬は全町の80%が山林だ
かっては有った、海岸沿いの松林
蛍飛び交う川、草花豊富な山々
取り戻せるなら、取り戻したい
そんな気持ちが伝わることを、願う

・峠路の暦は花の四季で知り
by nabesada98 | 2006-03-22 19:48

船守神社の思い出

3月19日(日)
船守神社の神主O様に、講演をお願いする
神社は、この地域の守り神として
毎年10月15日には、祭礼行事がある
泉州路で最も遅い、秋祭りだ

祭りには、区長会代表参加が恒例だ
二年前のことだが、新米の自治区ながら
ご好意で、区長会の代表指名を受けた
区長会の役割は、先導役の青鬼だ
神社世話人代表が、赤鬼である

運行は、先導役の青鬼、赤鬼
続いて、老人会代表の男女
その後ろに、5地域から若者に引かれた
山車が掛け声と共に続くのだ

船守神社から港へ
港から御神霊は船で黒崎濱へ
此処での安全祈願の祭礼が
漁師として、安心して船出となるのだ
私は、この町に来て
初年度からの祭礼参加だ
私の思い出として
これからも心に、残る神社だ

・神の守護ありて安心船出する
by nabesada98 | 2006-03-22 18:58

緑の中の汗

3月15日(水)
小雪がちらつく寒い日が2日続いた
今日は、雲ひとつない快晴だ
この町にある小山の麓
山道を少し入ると、雑草の生えた広場があった
子ども達が、子供たちで考えて遊ぶ
プレイパークの広場作りに、参加

草を刈ったり、切り株を片付けたり  
小枝を集めて、燃やしたりして
そこそこのスペースが出来上がった
久しぶりに、緑の中で汗をかく
鶯の声、今日は上手に鳴いていた
こんな環境での昼飯が、旨い

昨年末辺りから、肩の痛みが直らない
少しかばいながらの、作業だ
少しづつ暮らしの中で、意識する健康
気は若くとも、年は年

健康管理について、話を聞いたり
新聞、雑誌で読むことはある
なかなか言われるようには、出来ないものだ
自己流で適当に過ごしているのが
返って、精神的にも良い様な気もする
地域での活動、これが一番良い健康法だ
何事も、やり過ぎには気をつけよう

・青空の昼が会議となる食事

明日より5日ばかり、故郷島根に行く
by nabesada98 | 2006-03-16 01:21