人気ブログランキング |

社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2008年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

巨人・阪神より

10月8日(水)
この所の新聞の一面の活字は大きな見出しでビッグニュースが続いた、ノーベル賞物理学賞に3人が化学賞に1人と日本人が受賞された、一方世界株安が加速して不景気風が吹きそうだと懸念されている、こちらの方は心配である、選挙・選挙と騒いでいた国会も何らかの対応が迫られそうだ、秋から冬へと懐までも寒い風が吹かぬ事を願うが・・・

プロ野球も大きなニュースと最後の盛り上がりが有った、王監督の退任が決まり最後の試合には、みちのく仙台に多くのファンが駆けつけたそうだ、華やかなスターとしての花道はあっても地道な努力の人であった、アンチ巨人の私も個人的にはファンの一人で、王・長島が打って巨人が負ける、こんな試合を最も望んだものだ

色々の社会ニュースの影で、セリーグ優勝争いをしている巨人―阪神が、勝敗数が全く同じでこのカードは今日が最終戦、ファンの方にはたまらぬ一戦であったが巨人が勝利した、どうなるものかと久しぶりにテレビに齧り付いた、阪神にもチャンスは有ったが一打が出ない、後は共に3試合を残すが巨人が俄然有利となる

一時は13ゲーム?も差が有って阪神優勝決定的と楽勝ムードがあった、岡田監督も余裕の笑顔が有ったが今夜は違った、何度も首を振り帽子を取って頭を掻く姿があった、気持ちのやり場がない苛立ちだったのでしょう、監督業も勝てば官軍だが・・辛い気持ちは分るような気がする、後は奇跡を願うのみ・・・
 
・悔しいが 望みをすてて なるものか
by nabesada98 | 2008-10-09 05:31

コンビニで

10月7日(火)

月に数回、岬から吹田へ帰ると駐車場が近所になく、都度コンビニにお願してお世話になった事があった、その時は多少買い物をしたりしてお願いしていたが、色々な面で有難味を感じた、今は時間制の駐車場が出来て利用しているが、、最近コンビニの24時間営業がチョット曲がり角に来ている話を聞く

コンビニの営業にCO2削減の深夜規制を言われる方もある様だ、場当たり的な発想でば意味のない話だが、消費者にとっては一寸した買い物や地域で何かがあったときの防犯的な役割は大きいように思う、反面、夜間に若者の戯れる場所になったり、夜間強盗のターゲットになったりする事も有る

知人の親戚が経営されていて、深夜営業は経費的にも無駄ように聞いた事がある、確かに一晩中灯る電光を見ていると、夜間人通りの無い地域によっては無駄のようにも思うが、何か有った時には便利だし安心感はある、コンビニもそうだが自動販売機と言い一昼夜買い物が出来る世の中、無ければ無いで何とかなるものだが、昔と随分変ったものだ

ならば、コンビニに限らずテレビや歓楽街も深夜規制は如何されるのであろうか、かってのオイルショック時には、テレビ局も深夜営業の店も自粛をされたように記憶しているが、情報化時代に入り日本が夜でも世界中には昼もある、何か事件が起これば情報の連携が要るのであろうが、真夜中には無駄な番組も多いのではと思うのだが・・・

・真夜中の 灯り平和の 証かも
by nabesada98 | 2008-10-07 23:32

葉月会の交流

10月6日(火)
昨日から今日にかけて吹田にて過ごす、昨日の雨も今朝は何とか止んだ、今回吹田に来た目的は、葉月会のパークゴルフ交流会参加と11月度の秋の紅葉狩りの事、新入会員の方にお逢いできる事、更に今年の4月に「大人の林間学校」に団体参加のお礼も兼、再度のご参加へのつながりと成る事を願って・・・

9月度にテレビ放映のビデオも持参したが、場所の懇親会場に設備が無いのはどうしようもない、5年前に老人大学の夏期講座がキッカケで立ち上げた会だが、今年の夏期講座でも募集を行った事もあって会員数も40数名以上になる見込だ、ただ平均年齢が高い事もあって世話係の連携は大変である

私が岬町に引越しした事も有って実質のお世話が大変であり、以前から葉月会代表の立場はご遠慮願っているが、後任をお願いするタイミングの難しさはある、皆さんとの連携の中心になって頂いているお方には感謝しつつ、現在の何時お逢いしても、皆さんの明るく賑やかなグループが何時までも継続できる事を願っている

方向性も良い広がりとなった、当初はガーデニングの講習会や年2回の花を中心とした公園見学からであった、その後お話して万博公園ボランティア活動での社会貢献のメンバーも出来た、そして今年から年2回のパークゴルフ交流会へと広がる、今後良いバトンタッチをして益々の発展を願いつつ・・・

交流会 みんなの笑に 癒される
by nabesada98 | 2008-10-07 11:00

運動会から

10月4日(火)
土曜市は預かったピーマンとサツマイモを販売する、販売しながら会話も色々有る、今日は3人の方からパソコンの話が出る、NPOのパソコン教室で技量が上がって喜ばれている方、NPOのホームページが変った事、私のブログを見ているよ~と励ましてくださる方、チョットした会話だが通じ合う事があるのは嬉しい事である

本日は町内の3小学校(淡輪・深日・多奈川)の運動会である、下校見守りやサポート活動を通して招待を頂いたので2校を訪問する、土曜市が済んでからの参加なので先に多奈川小学校に行く、私の自治区からは遠いのだが知人も多く数人に声を掛けて頂いた、生徒数が少ない事もあって実にファミリーな運動会である、大人の参加取組も多く、親子共に笑顔がいっぱいであった

昼から淡輪小学校に行く、私の自治区の地元だが歩いて25分掛る、途中からマイクの声や歓声が聞こえて運動会の雰囲気が学校近辺に漂っていた、小学生の人数も多く球入れ競争一つをとっても午前と午後組みに分かれていた様だ、懸命に競技の進行をする生徒たちの姿、カメラを持ってわが子を追う家族の姿が印象に残る

昔も今も運動会は良いもんだ、家族も地域もみんな一体となった姿がある、昔の私の故郷では村を東西南北に分けて競争をしていた、何時も勝つ地域と負ける地域は決まっている様だったがそれも納得、午前中が子供で昼からが大人で1等~3等までそれぞれ賞品が渡されていたがそれも納得、其処には何もかもが平等ではなく、勝負の世界観があった様に思う

・子と親の 絆も撮って いるカメラ
by nabesada98 | 2008-10-05 06:19

大惨事から

10月3日(金)
現役の頃、飲酒運転が厳しくなって取引先との夜のお付き合いは減った、時に飲食等をしてもマージャンなどでお互いに酔いを覚まして帰った、マージャンに夢中になって終電車まで終わらない事が度々あったが、奈良や岸和田方面の方は慣れたもので、安くて気楽なカプセルホテルを良く利用されていた、私は幸か不幸か縁がなかったが、おもろい商売だと関心をした

大阪難波駅近くのビデオ店火災事件は、“生きて行くのが嫌になった・・”無差別に他人を道連れに自殺をしようとした男が生き延びて、結局は死者15名の大惨事となった、最近ではもう夜の繁華街を歩く事も無く、「個室ビデオ店」「インターネットカフェ」等、名前は聞いても実態は余り知らなかった、安い宿泊施設も時代と共に色々と変り行く姿が有るようだ

それにしても同じ様な事件が起こりすぎる、被害を受けた?店側の防災施設は、消防法的には問題はないそうだが、通路が狭く袋小路になっていて沢山の個室がある、入口で火災が有ったら如何対応する?法に照らして問題は無くても、許認可時に危機管理を想定出来なかったのだろうか、ホテルに泊まっても非常口のチェックはするものだが・・

・大惨事 起きて世を知る 夜の街
by nabesada98 | 2008-10-04 05:48

飯盛山へ

10月2日(火)
f0053885_0572744.jpg台風一過の秋晴れに誘われて、女房殿と山の散策に行くことにした、急な事でコンビニに立寄ってお握りを購入すると、気分も変って飯盛山に登ろうと言うことになる、岬町からの上り口は3箇所(淡輪・みさき公園・孝子)あるが淡輪から登る、その昔は山岳修行者が和泉山脈の尾根を通り、この山を越えて岬町に文化を伝えたと聞く

麓の畑地域から山道に入る、町中からはひと山超えた辺りに飯盛山は存在するので、谷間沿いにしばらく平坦な道が続く、谷間が三叉路のように別れた辺りから登り道になるが石の多い道だ、夏に肉離れをした筋肉を庇いながらゆっくりと登る、すると道を整備されている方にお逢いする、聞くと淡輪駅から電車でも30分ぐらい掛る貝塚市から来ておられると言う、ありがたく感謝する

山の中腹に信浄院と言う神社がある、私達の後から追い越して来られた女性があった、“一人で山歩きを・・”声を掛けると“仲間が先に・・”と言われていたが、神社のほうへ登って行かれた、どんな神社か興味もあったが目的が違うので山頂へ向うと、此処からは道沿いの草は伸び所々で蜘蛛が巣を張っている、と言うことはこの時期には余り登る人は無いのであろうか

f0053885_0575186.jpg山頂に着くと此処も草が伸びて風景が見え難い、背伸びしてやっと多奈川の関電あたりは見える、淡路島も目の前に見える筈だが少し霞んでご生憎様だ、山頂での見晴らしは山に登る人の楽しみでもあると言うのに・・、岬町を代表する山は飯盛山と言うが・・・、中腹辺りのチョット入りこんだ所に池がる、此処も草に覆われていたが周りの風景の中に、深まり行く秋を感じた

・山歩き 一歩お先に 秋深む
by nabesada98 | 2008-10-03 00:56

パナソニックへ

10月1日(水)
松下電器産業の名前が消えるのは寂しいが、世界に羽ばたく産業としてはネーミングも大事だから、パナソニックで大いに羽ばたいて貰いたいものだ、私たちの年代にはナショナルのイメージが強い、インターナショナルの意味合いから世界に通じる企業を目指されたと聞くが、“明るいナショナル”を繰り返す爽やかなコマーシャルソング、何時までもそのイメージが我々世代には残る

私が小さな紙器工場の営業に回って間もなくだから20代の頃、今から40年ぐらい前の事ですが、思い切って松下電器の茨木工場に飛び込訪問した、応対して下さった中年の方が私の話をしっかり聞いて、何箇所かの事業所を紹介してもらい恐縮した事がある、その中から門真本社工場のセラミック担当者を訪問しお話をさせて頂いた

暫くして、その担当者から連絡を頂いて訪問したら、商品を入れるパッケージの見本を作って欲しいと言われ、お取引を夢見て色々工夫して持参した、見本も気に入ってもらった様だったが不採用と成った、元々無理な話で仕方ない事であったが、数日後封書が届いた「ご苦労かけて申し訳なかった」と言ってPHP誌が入っていた、その後も1年間送って頂いたが、今でもその方の名前は覚えているし面影もある、如何されているのであろうか

会社の社風が「人を大切にする」であったと思う、創業者幸之助さんは町工場からスタートして、日本経済発展には大きな貢献をされた立志伝の人であるが、「成功能力は行動力に比例する」と良く言われたそうだ、“塩の辛さは舐めてこそ分る”懸命に働く人を大切にされたのであろう、松下電器とは余り縁は無かったが、時々PHP誌を愛読させて頂いた

・名を変えて 世界へ繋いで 行く社風
by nabesada98 | 2008-10-01 22:54