人気ブログランキング |

社会の出来事を川柳で表現


by nabesada98

<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

公園の取組から

f0053885_19344052.jpg
7月10日(土)
土曜朝市は2回続けて雨に見舞われたが、今日は良い天気だ
玉葱、胡瓜、茄子、ピーマン、ツルムラサキ、モロヘイヤ等
作られた自治区内の住民から預って、100円均一で販売する
来客は準備段階から待たれる方もあり、殆どの商品は売れる
賑わいの中には、売る側も買う側も笑顔もあり会話も弾む。

続いて望海坂自治区の「公園納涼まつり」の準備会議に参加
祭は7月31日だが、少々欲張ったプログラムが組まれており
当日の役割やそれまでの準備、公園内の配置や食材等々である
主なものは・・
食す:カレーライス、焼きソバ、流しソーメン
遊ぶ:子供プール、キャンプ(テント、ファイヤー)、花火
見る:フラダンス、紙芝居、怪談、子どもマジック
作る:竹テント、バームクーヘンづくり、紙灯ろう
等々である
資材調達は
たき火用のマキ、竹材、プール枠、ブルーシート

今年で3年目となる、希望アンケートを元に新たな取組や中止ものあるが、新たな公園活用の取り組みとして注目に値するかと思う。

・新しい 企画そこから 智慧もらう
by nabesada98 | 2010-07-10 19:31

今日の雑記・川柳

7月9日(金)
f0053885_22585759.jpg午前中に岸和田の労働基準監督署に法人の労災手続きに行く
場所は、南海本線の岸和田駅と貝塚駅の間に蛸地蔵駅がある
駅の近くにあるのだが、車で行くと一方通行で道も狭い所だ
凡その感で辿りついた、手続きは担当も居られて直に完了

蛸地蔵とは変な名前だな~と思っていたら、帰りの車の中で
ラジオから“蛸地蔵と言う駅があるのをご存知ですか?”
タイミング良くアナウンサーの声が流れた、“知ってるよ”と
車内で応答しながら運転、午後の予定は・・・?思いつつ
昼食に餃子・ラーメン・おにぎりセットを食した後で気付くは
夕方から歯医者予約日であった、口臭は大丈夫かな??

昼からは、岬川柳会6月号会報誌をパソコンで少し打つ
このところ男性会員も増えて92歳の会長も張切っておられる
私は、6月句会は欠席したが投句していたので入選句もある
チョット見ると時の情勢で政治がらみの句もチラホラある
宿題「野次馬」より
・国会に届かぬ野次を飛ばす夫     洋 子
・チルドレン野次馬だけの背比べ    蛙 城
・野次馬になって世間の風を読む    和 香

私の雑吟
・選挙後の 国会ねじれの 音がする
・選挙戦 臭い話題は 蓋をして
・子育てを 餌に一票 釣り上げる
by nabesada98 | 2010-07-09 22:59

今日の交流

7月8日(木)
f0053885_2042896.jpg朝7時から地域内の草引きボランティアをしていると
大きな声で私の名前を呼ぶ声がする、“おーい!”と
返事を返す、幼稚園児がお姉ちゃんを見送りに出たら
私の姿が見えたのであろう、挨拶の声は気持ちが良い
地域には、見守りや玩具作り等で顔馴染みの子供は多い
自分で言うのも変だが、好々爺と孫の関係みたいである

昼過ぎには下校見守りに立つ、挨拶の励行には厳しいが
気持ち良く返事が返る、小学校低学年が先に帰ってくる
名札を隠し“名前を覚えた?”聞いてくる子供達も居る
今は10人のボタンティア参加者があり、2人一組になり
1週間に1度立つが、覚えた筈の顔と名前が出て来ない
老化した頭だから少しずつ覚えるとしよう。

夕方、行政と社協とボランティア団体の会合に参加する
町の活性化を模索しようと、“まちづくりBAR”の様な
場所作り提案をした事も有って、事例を持参して話をする
行政と地縁型組織とテーマ型団体が理解しあえる場が居る
例えば「大人の林間学校」も「ほほえみ」さんの活動も
町の中で見える様な場所をつくりたいものだ。

・会議にて 投げて見ました 変化球
by nabesada98 | 2010-07-08 20:42

待ち時間

7月7日(水)
f0053885_20412648.jpg3ヶ月に1度の喘息健診に和歌山労災病院に行く
9時過ぎに病院に着くと駐車場は満杯状況である
病院の都合で予約日変更もあり、直に呼名される
特に異常は無く問診と検診で早めに終ったのだが
・・生命保険の関係で3年前に手術した鼻の件で
病名と手術名が分れば多少の保険がおりるかも?
手続してみましょう・・保険屋さんに言われて・・

耳鼻科の受付で話をすれば、本人の資料でもあり
受診票確認で、直に教えてくれるものと思っていた
ところが、病院の規則で医師から直接説明が要る?
以前の資料を見れば分るものを・・再度受診手続~
・・・待つこと1時間・・・大分時間が懸かりますか?
・・連絡を取り・・後1時間位・・気分転換に外出~
・・1時間半後・・メモで良いから先生に聞いてみて~
後30分待ってください・・・更に1時間・・・あきらめの心境
やっと順番が来て~医師はカルテを見てメモ書きして終了
病院を出たのは2時30分なり、メモ書1枚に待つ事4時間半
最初に4時間位を聞けば考えたものを・・・あ~あ草臥れた・・

・医者嫌い ですが止む無い 年となり
by nabesada98 | 2010-07-07 20:41

めっけもん

7月6日(火)
f0053885_2035169.jpg久しぶりに女房と和歌山は根来寺~めっけもん市場に行く
JA紀ノ川めっけもん市場に最初の来たのは8年前の事だ
娘夫婦がマンションへ引越したのを機に泉佐野市に来た折
ドライブがてらにめっけもん~和歌山市内~岬町へと回る
岬町はみさき公園~泉佐野市へ向うと右に山あり左に海が
“良い所だな”このつぶやきが望海坂新興住宅地へ立寄る
これがキッカケで岬町の住民となったのである。

めっけもんは昼前で有ったが、相変わらず駐車場は満車だ
レジは買物客が途切れる事も無く、この時期の目玉商品は
桃、とうもろこし、水茄子でトマト、キュウリも山積みだ
団体客を乗せたバスの出入りも有る、立地条件的に見ても
決して恵まれている訳ではないが、活力に満ちた取組だと
つくづく感心する。

最近、和歌山の“めっけもん”や泉佐野の“こーたりーな”
の様な市場が阪南市に出来る話が持ち上がっているそうだ
立地場所は決して良い訳ではないが、駐車場が確保出来て
売る商品が間違い無く新鮮で安く、そして対応が良ければ
商売は成り立つ時代だ、他所より一歩先んじるスピードが
要る様である、わが町は二歩三歩と遅れていないだろうか?

・情報は 何処からと無く 聞き上手
by nabesada98 | 2010-07-06 20:35

振り返る世間から

7月5日(月)
1週間前に「大人の林間学校」に参加下さった山田さんご夫婦「至福の一日」の文面を紹介した折、阪南市の木田さんから“多くの方々に伝えたいですね”として「古き良き日本の心」を伝え直したいと、高度成長期から今日の世の中を振り返りながら、参考になる文面を頂きましたので下記アドレスをクリックしてみてください。
(ブログ http://sakurahota.exblog.jp/11426348

振り返ってみれば、日本の社会には幾度と無く分かれ道があったような気がします。その時々で気付かないまま選んでしまった道があった。私は中小企業に勤めて仕事に追われた時代でしたが、あの時に・・この時に・・思い出すことがあります、結果が出て分った時は後の祭りと言う事でしょう。どうもマスコミに振り回されたような気もしますが・・・。

f0053885_20114482.jpg"親父元気で留守が良い”懸命に働く親父の威厳が・・
“勝ち組・負け組”厭な言葉がまかり通った事・・
“危険・汚い・きつい”が3Kと平気で呼ばれた頃・・
“先生と生徒が友だち感覚”先生の存在感が・・
思い起こす一例だけど、見過ごしてきた何処かに社会を歪めて要因があったような気がする。マニフエストの「子ども手当」は、聞こえは良いし現ナマは選挙対策でもあろうが、金で対応する効果は如何なものか、世の中は人対人であり人対自然の大切さを忘れたら、国の将来にとっても自然現象にも怒られそうに思うのですが・・。

・子ども手当 ホントに良いのか うろたえる
by nabesada98 | 2010-07-05 20:09

孝子の森・岡田代表

7月3日(土)
「大人の林間学校だより」第2号を発行するに当たり、「みさき里山クラブ」代表で「NPO法人まちづくり岬」理事の岡田憲政さんに原稿をお願いいしました。孝子の森の開発当初から今日までの流れを分り易く纏めて頂いた事、暖かなチームワークの様子も読み取れる一文を有難う御座いました。

孝子の森について 
みさき里山クラブ 岡田憲政

f0053885_20131639.jpg「孝子の森」の訪問者は年々増加していて、昨年度は1,342名となって、過去最高です。これも皆さんの協力のお陰です。深くお礼申し上げます。

「孝子の森」では当初、殆ど人の入れない密林状態の森を手入れして、大人や子ども達に自然の楽しさを体験してもらうことを第一の目標として活動を開始しました。
始めたのはH14年10月からです。伊豆賀池口池までは林道で地元の人によって草刈がされていましたから現在と殆ど変わりません。しかし、池から奥は人がやっと通れるくらいでした。今のイベント広場もジャングル同様で、使えるようになるだろうか?との不安を抱きながらの作業でした。

はじめは「まちおこし住民会議」の行事としてスタートしましたから、5人くらいで作業したように記憶します。本来は土地を下見してから場所を決めるのが常識ですが、シダの密生やツル性植物・トゲのあるノイバラ等で簡単に藪の中に入って行けない。そんな状況ですから借用地を決めるのも地図上でエイ、ヤーと決めてしまいました。ここの森がスムースに借用できたのは元教育長の里中長治氏に協力していただいたお陰です。

活動資金は役場の紹介で「みどりのトラスト協会」から46万円の助成金をもらい、鋸やナタなどの道具を購入する。ついで「大人の林間学校」の関連で倉庫・流し台・チェンソー、草払機などを購入した。
里山の保全作業は主に草刈で、急斜面での草払機の使用は大変な重労働です。平均年齢は70歳くらいですが、皆さん元気にがんばっています。最近では草刈の技術が向上してきました。以前の倍くらいの仕事をこなせるでしょう。この腕とチームワークを生かして、休耕田の草刈を請け負ったりして活動資金を確保しています。

つらい仕事だけでは面白くない。そこで小屋作りや年6~7回の飲み会を開きながら、英気を養っています。―「好きなことをやって 楽しく遊びながら いい森をつくろう」― をモットーにこれからも森で汗を流したいと思います。

週1度の活動日は孝子小学校から山へと向うメンバーの顔がそろう。
活動記録は「活き生きin岬町」http://tatemisak.exblog.jp/
お陰で「大人の林間学校」の開催も35回を数えることができました。

・週1度 山へと向う 靴が鳴る
・新緑が 五感に滲みて 癒やされて
「大人の林間学校」:http://misaki5403.exblog.jp/
by nabesada98 | 2010-07-03 20:12
7月2日(金)
雨が降るのやら降らないのやら、ハッキリしない天気だ
預かった外構の水遣りを、迷いながらも散水してまわる

f0053885_20291287.jpg今日は高校支援活動が学期末試験のために午前中で終る
昼からは多奈川小学校にて、夏休みの小学校フェスタで
行なう「おもちゃづくり」の打合せである、先日(6/30)
大阪府の橋下知事が訪問されて、芝生化された校庭にて
知事を囲んで地域と活発な座談会が行われた学校である
“地域と学校を結んだ理想の取組”と絶賛されたと聞く

フェスタでは、先生や5年生の生徒達とが一緒になって
他の生徒達に、玩具づくりを教えながら作る取組にする
近日中に教える側の生徒との研修会を行う予定であるが
今日は、その見本品を5点持参して4点を選んでもらう
ストロートンボ、消えないしゃぼん、紙製のストラップ、
割箸鉄砲(的付き)以上4点である。
子供達との良い交流になれば幸いなことである。

・手作りの おもちゃに子等は 笑顔なり

ようこそ「大人の林間学校」へ:http://misaki5403.exblog.jp/
「大人の林間学校」の山田さんご夫婦の「至福の1日」に続いて、阪南市・木田さんからの素晴らしい1文が載っていますので、お勧めします。
阪南市・木田さんのブログ:http://ameblo.jp/sakura-hotaru/entry-10570217873.html
by nabesada98 | 2010-07-02 20:29

山の取組から

7月1日(木)
忙しない数日にやっとピリオドを打った感じである。

f0053885_20435074.jpg山村再生プロジェクトなるプランに応募したら如何か!
昨年、新聞広告を徐氏から受取り、日本森林技術協会に電話
結果は締切後の話であり、今後の応募は未定だと聞いた
内容が分らないままに日数が経過、ただ新聞は念のために
残していたので、思い出したように連絡を取ると・・・・

昨年の電話番号を呼び出しすれども、通じないではないか!
担当の法人は仕分されたのか?何度か連絡する内に、通じた~
今年から民間の研究所に委託され、その連絡先へ繋ぐと・・
直ぐにメールにて下記要領が届けられていた。素早い対応!
・取組み募集の宣伝パンフレット
・応募要領
・申請書
・申請書への記載例

1年前の話は忘れかけていたが、概略を纏めて会議を行う
趣旨内容は、我々の里山対応も林間学校取組も異論は無い
但し、山村再生事業活動の応募に対して一部有償とは言え
ボランティア感覚での取組から、商品作り~販売へ向けて
開発メニューや必要機材は書き出すが、模索中が大半なので
数字合わせは楽ではない、一箇所数字を変えれば全てが変る
何度やり直したことか、実現可能性のあるものを書き出して
商工会阪本氏のアドバイスを頼りに、締切に追われながら・・
本日、宅急便に間に合わす

山村再生とは、只今取組んでいる「みさき里山クラブ」の孝子の森づくりも、休校中の小学校を結んだ「大人の林間学校」にも、山村を生かす文化も有ればストーリーもある、新たな助成取組には「世代間交流・林間学校」として、子供達との交流趣旨を取り入れて、広域的なものを頭に書き下ろした感じだが、自己資金不足もあり期待度は薄いかも・・・。

・故郷から はじまる山の ストーリー
by nabesada98 | 2010-07-01 20:43